【素顔の顔写真↓】歌手:シーア(Sia)が顔を隠す理由は病気?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、歌手のシーア(Sia)さんを取り上げます。

素顔を明かさない歌手として有名な彼女ですが、ここに来て難病を公表し世間の注目を集めています。

一体、シーアさんの難病とは、どんな病気だったのでしょうか?

歌手:シーアの難病とは?

シーアさんの病気について「デイリー」は次のように報じています。

歌手シーア(43)が、神経障害を患っていることを明かしている。

自身の健康問題についてツイッターでつぶやいたもので、
他にも慢性痛エーラス・ダンロス症候群に苦しんでいるという。

「私は、慢性痛、神経障害、
そしてエーラス・ダンロス症候群を患っている。

身体的であれ精神的であれ、
痛みに悩んでいる人、
あなた達を愛している。」

「生き続けるの。

人生はバカみたいにつらいし、
痛みは士気をくじくもの。

あなたは一人じゃないわ」

エーラス・ダンロス症候群は、
遺伝性疾患の一つで、
関節の過度な可動性、
皮膚の過度な伸縮性、
そして組織脆弱性が見られる。

珍しい病気で、
世界で5000人に1人の割合で疾病するという。

(2019年10月8日配信)

上記の通り、シーアさんは5000人に1人の難病を患っていたのです。

しかし、彼女は過去にも「うつ病」「アルコール依存症」などの病気に罹患していました。

つまり、シーアさんの半生は病気との闘いと言えます。

世間の反応

シーアと言えば『Chandelier』。

皆様ご存知だとは思いますが、
名曲中の名曲ですよね。

彼女の独特な声で歌われるあのメロディは、
本当に素晴らしくて鳥肌ものです。

歌詞も生死をさまよっているかのような魂の叫び……。

凄い才能の持ち主だと思います。

闘病は並大抵なことではないでしょうが、
病に負けずにいて欲しいです。

siaに曲はみーんな好き。

フジロックで生でALIVEとTitaniumが聞けて涙が止まらなかった。

ゆっくりゆっくり病と付き合って、
ゆっくりゆっくり歌を歌っててほしいです。

また日本に来てね!!

今歌ってられるのも奇跡的なんだな

聴きたいけど無理しないでほしさもある…

素顔の顔写真あり

長年の間、素顔を出さないで活動しているシーアさんですが、実は素顔を出していた時期があります。

というのも、顔を隠しているのは最近のことであり、キャリア初期においては素顔で活動していたのです。

素顔のシーアさんがこちらです。

これは2011年に撮影されたものです。

2011年までは素顔で活動していたシーアさんですが、2012年から顔を隠すようになりました。

一体なぜ、彼女は顔を隠すようになってしまったのでしょうか?

素顔を隠す理由は病気?

シーアさんが素顔を出さなくなった理由は、彼女の「商業的成功」にあったのです。

シングル・アルバムの世界的ヒットを受けて、シーアさんは一気に世界的スターとなりました。

莫大な富と名誉を手に入れた彼女でしたが、それは手放しで喜べるものではなかったのです。

なぜなら、その富と名声は「平穏なプライベート」と引き換えにして手に入れたものだからです。

この商業的成功により、シーアさんは常に注目の的となり、彼女の私生活やプライバシーは完全に失われてしました。

これが原因で彼女は心身に不調をきたし、うつ病を発症。

しかし、「シーア」というブランドは彼女個人の意思では辞めることができないほど巨大なプロジェクトに変貌していたのです。

そのため、彼女は「引退」の代わりとして「顔を隠す」という方法に行き着いたというわけです。

自分の意に反してより一層スポットライトを浴びることになってしまったシーアは、
ついにシンガーとして引退しない代わりに
顔を見せないでいようと決断。

覆面シンガーになった理由のひとつを情報番組『ナイトライン』で明かした。

「インターネットで自分のルックスが批評されるのはイヤ。

ポップスターのためにたくさんのポップソングを作ってきたから
彼らの多くと友達だけど、
彼らの人生を見ていると
自分はああはなりたくないと思う

※「FRONT ROW」より引用
(2019年7月27日掲載)

上記の通り、シーアさんが素顔を隠す理由は、「自身のプライバシーを守るため」だったのです。

ちなみに、この理由が公表される以前は、「病気」の疑いが指摘されていました。

というのも、彼女は「バセドウ病」を公表していたのです。

バセドウ病の症状には「顔のむくみ」や「眼球突出」などが現れます。

そのため、「顔を隠す=顔が変わったから」という憶測が飛び交う事態となったというわけです。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!