【膵臓癌の余命】ユサンチョルが癌に!結婚した嫁の画像は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、元サッカー選手のユ・サンチョル(柳想鉄)さんを取り上げます。

「横浜F・マリノス」や「柏ソレイユ」で活躍した選手として知られる彼ですが、ここに来て「膵臓(すいぞう)癌」であることを公表し世間の注目を集めています。

ユ・サンチョルが膵臓癌(ステージ4)を公表

サンチョルさんの癌について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

Jリーグの横浜、柏などでプレーし、
現在はKリーグ1部・仁川で監督を務める元韓国代表MFの柳想鉄(ユ・サンチョル)氏(48)が19日、
ステージ4のすい臓がんを患っていることを公表した。

柳監督は19日に仁川のクラブ公式サイトで自らの病を公表。

10月中旬に黄疸症状が現れるなどの異変が起こり、
精密検査を受けたところ、
ステージ4のすい臓がんと診断されたことを明かした。

「受け入れがたい診断だった」

と病名を告げられた際の心境を振り返った柳監督。

だが

「サッカー人としてのプライドをかけて
仁川のKリーグ1部残留のために最善をつくします。

ファンの皆さんが最後まで信じて応援してくださるように、
私も最後まで諦めない。

病魔に勝ちます」

と決意を記した。

(2019年11月20日配信)

上記の通り、発覚した癌は「ステージ4」でした。

ステージ4は、いわゆる「末期状態」と言われる状態であり、最も癌が進行しています。

世間の反応

どうにか病気に打ち勝って欲しい。

守備でどこでも守れて、ヘディングも強いのに、
fwに入ると足元の技術やシュートも上手い、稀有な選手でしたね。

まだまだ若いし、
体力あるのだから希望はある。

膵臓かぁ…。

宣告された時はショックだっただろうけど、
頑張ってほしい。

悔いのないよう頑張ってください。

そもそも膵臓がんは早期発見でも治癒が難しいのに、
ステージ4となると・・・

自分の母親も発見から半年ちょっとで逝ってしまいました。

この公表はこれまで支えてくれたファンへのお別れのメッセージなのかなぁ、残念すぎる。

膵臓癌(ステージ4)の余命は?

膵臓に発生した癌は他の癌と比べて進行が極めて速く、早期発見が難しいとされています。

そのため、膵臓癌は発覚した時点で既に「手遅れ」であるケースが少なくありません。

「北青山Dクリニック」の阿保義久院長によると、膵臓癌の5年生存率(余命)は8%未満とのこと。

膵臓がんは救命が極めて難しいがん。

膵臓がんは極めて進行が速く、早期発見が難しいがん。

ほとんどが発見時にステージ4(多臓器に浸潤・転移を認め手術ができない末期状態)にいたっており、
5年生存率は数%、
不治の病と形容されても違和感がありません。

※「DIAMOND online」より引用
(2018年10月7日掲載)

上記の通り、ステージ4の膵臓癌では外科手術ができない状態なのです。

これも生存率を下げている要因のひとつとです。

結婚した嫁の画像は?

サンチョルさんの奥さんについて調べたところ、以下の検索結果がヒットしました。

上記の通り、検索結果では「チョイ・ヒーサン」という人物が配偶者(妻)として表示されます。

ただ、現在のところ、妻とされているチョイさんの画像は確認されていません。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!