【華原朋美】暴行で逮捕の雑誌記者(光文社)は誰?名前(実名)は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、歌手の華原朋美さんを取り上げます。

2021年4月16日、華原さんが暴行の被害に遭い、加害者の男が逮捕されました。

暴行の容疑で逮捕されたのは雑誌記者を名乗る男(32歳)で、容疑を否認しています。

一体、逮捕された雑誌記者とは誰なのでしょうか?

また、この記者が所属する会社はどこなのでしょうか?

華原朋美に暴行した雑誌記者が逮捕される

逮捕された雑誌記者について「ABEMA TIMES」は次のように報じています。

自称会社員の男(32)は16日、
東京・品川区で歌手の華原朋美(46)に対し、
腕をつかむなどの暴行を加えた疑いがもたれている。

捜査関係者によると、
華原がタクシーに乗車中、
男の乗ったタクシーが30分以上ついてくることに気づいた。

華原は品川区内の路上でタクシーを止めたが、
男のタクシーも止まったことから、
男を問い詰めたところ腕をつかまれたり、
肩を押されたりしたという。

華原が110番通報し、
駆け付けた警察官が男を現行犯逮捕した。

男は雑誌記者とみられ、
取り調べに対し、

「身に覚えがない」

と容疑を否認している。

(2021年4月16日配信)

上記の通り、雑誌記者の男は華原さんを尾行していたようです。

恐らく、スクープを狙って彼女を見張っていたのでしょう。

しかし、追尾に気づいた華原さんが雑誌記者を問い詰めたところ、暴行に遭ったうようです。

ただ、逮捕された雑誌記者が容疑を否認していることから、暴行の有無が大きな争点になります。

華原さんの主張だけで雑誌記者が逮捕されていれば、これは大きな問題でしょう。

一体、逮捕された雑誌記者は誰なのでしょうか?

世間の反応

雑誌の会社名と記者の名前も公表するべきじゃないでしょうか。

逮捕までされています。

報道の自由なので記事自体は好き勝手すればいいですが、
暴力を振るうような会社はメディア失格ではないでしょうか。

会社名と氏名を公表すべきです。

芸能人も一般人と同じくプライバシーがあります。

この会社の関係者、記者は同じことをされても何一つ文句もないのでしょうかね?

なぜ実名報道しないのか。

実名報道について
メディアの基準はどうなっているのか一度明らかにしてもらいたい。

光文社:雑誌記者は誰で名前(実名)は?

逮捕された雑誌記者について警察は「自称・会社員」と発表しています。

”自称”ということは、身分を証明するものを一切所持していなかったことになります。

そのため、雑誌記者の名前(実名)は一切公表されていないのです。

ただ、勤務先については「光文社」であることが判明しています。

光文社によると、
(雑誌記者は)同社のスタッフで、
華原さんへの取材中にトラブルになったという。

※「https://www.tokyo-np.co.jp/article/98560」より引用

自社のスタッフであることを認めた光文社ですが、正社員なのか契約社員なのかは明らかにしていません。

もし正社員であれば、身分を証明する社員証を所持しているはずです。

また、不可解なことに光文社は自社のスタッフが逮捕されたにも拘わらず、これに関して何らコメントを発表していないのです。

参照先

https://www.kobunsha.com/

こうした対応から、逮捕された雑誌記者は正社員などではなく、アルバイトで一時期的に雇った記者という可能性も考えられます。

または、フリーランスの記者として光文社と”契約”している立場なのかもしれません。

スポンサーリンク