【萩本欽一】嫁:澄子の死因は何癌?子供(息子)が病気?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、コメディアンの萩本欽一さんを取り上げます。

2020年10月7日、萩本さんの妻・澄子さんが死去していたことが明らかになり世間の注目を集めています。

一体、澄子さんの死因は何だったのでしょうか?

萩本欽一の妻:澄子が癌で死去

訃報が報じられた萩本さんの妻について、「文春オンライン」は次のように報じています。

“欽ちゃん”の愛称で親しまれているコメディアンの萩本欽一(79)が、
妻の澄子さん(82)が8月28日に亡くなっていたことを「週刊文春」の取材で明かした。

澄子さんは4年ほど前(2016年頃)からがんで闘病していた。

コロナ禍のため、
葬儀は親族のみで行ったという。

澄子さんにがんが見つかったのは4年前。

医師から

「もう長くはない」

と告げられたが、
澄子さんは

「分かりました。頑張って戦います」

と話していたという。

萩本が振り返る。

「抗がん剤や放射線の治療を受け始めた。

すると、治療が効いたのか、
がんの進行が止まったんだ。」

「ただ、
この4年の間に何度か転んで、骨折してしまってね。

今年(2020年)の8月の頭には、
4度目の骨折で入院することになった。

そのうちに、
ご飯もあまり食べられなくなって、
少しずつ体が弱っていった」

澄子さんの葬儀は自宅のある神奈川県二宮町近くの葬祭場で、
萩本、息子たち夫婦と孫、
看病していた澄子さんの妹が参列し、静かに執り行われた。

※「https://bunshun.jp/articles/-/40740」より引用

上記の通り、澄子さんの死因は癌でした。

彼女は2016年の時点で既に余命宣告を受けていたことから、ステージ4だったと考えられます。

しかし、抗がん剤治療の甲斐もあって2020年まで生きることが出来たのです。

ただ、癌の詳細のついては明らかにされておらず、癌の病名までは分かりません。

一体、澄子さんは何癌を患っていたのでしょうか?

世間の反応

奥さんについて調べてみたら、
2歳年上の姐さん女房だった。

しかも出来婚。

意外だな…

ステキな奥さんだったんですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

欽ちゃんって子供が3人もいたのか。

全く知らなかった…

嫁の死因は何癌?

澄子さんは2016年頃から癌を患っていました。

一体、何癌を患っていたのでしょうか?

そこで、澄子さんの癌について調べてみたものの、詳しい事情は一切明らかにされていなかったのです。

萩本さんは文春の取材を受けるまで妻が亡くなったことや、澄子さんが癌と闘病していたことさえ明らかにしていませんでした。

恐らく、澄子さんのプライバシーに配慮したことで、妻の存命中は癌の事実を伏せていたと思われます。

子供の名前↓長男が病気?

萩本さんと澄子さんの間には3人の子供(息子)が生まれています。

子供の名前がこちらです。

3人の子供

■長男:一童

■次男:越史

■三男:征九郎

※「https://www.pasonica.com/萩本欽一/」参照

2人は長男が生まれたから入籍しています。

つまり、”できちゃった婚”というわけです。

ちなみに、ネット上では「長男=病気」や「長男=障害」というワードが浮上します。

しかし、これらの噂を裏付ける確証は一切なく、デマの類だと思われます。

前述した通り、萩本さんは妻の澄子さんが癌で闘病していた事実を今回まで伏せていました。

そのため、たとえ子供に病気障害があったとしても、それを無闇に公表するとは思えません。

スポンサーリンク