【誰+動画】へずまりゅう:渋谷スクランブル交差点で布団

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、YouTuberの「へずまりゅう」を取り上げます。

”迷惑系YouTuber”として各方面に悪名を轟かせている彼ですが、ここに来て道交法違反で書類送検されたことが報じられ世間の注目を集めています。

過去には逮捕歴もある「へずまりゅう」ですが、今回は何をしたのでしょうか?

「へずまりゅう」が渋谷のスクランブル交差点で布団を敷く

道交法違反で書類送検された「へずまりゅう」について、「東スポWeb」は次のように報じています。

「へずまりゅう」として活動する原田将大容疑者(29)ら3人は2020年7月、
渋谷のスクランブル交差点前の歩道に原田容疑者が寝そべった状態の布団を敷き、
通行を妨害した疑いが持たれている。

原田容疑者らはユーチューブに投稿する動画を撮影していて、
スクランブル交差点上に布団は敷かなかったが、
警視庁は歩道に布団を敷いて人が寝そべる行為も違法行為にあたるとして、
道路交通法違反の容疑で書類送検した。

調べに対し、
原田容疑者は

「ベッドを置かなければ犯罪にならないと思っていた」

と供述していて、
ほかの男らは

「原田容疑者と一緒にやることで知名度が上がると思った」

などと話し、
容疑を認めているという。

(2020年10月26日配信)

上記の通り、「へずまりゅう」を含む3人は、渋谷のスクランブル交差点の”歩道”に布団を敷いていたのです。

交差点の中では布団を敷かなかったものの、歩道における人の往来を妨害した容疑で道交法違反が適用されたわけです。

ただ、ここで気になるのが「へずまりゅう」以外の2人です。

一体、”残りの2人”は誰なのでしょうか?

世間の反応

いいかげんYouTubeはこういう動画を投稿する人間に対して対処するべきだと思う。

再生数を稼ぐために、
人に迷惑を欠けるような人間が出てくる時点でコンテンツとしての問題があると思うのだが。

このような問題を起こした、アカウントを消すのではなく、
金輪際アカウントの作成ができないくらいの対処をした方がいい。

こういった迷惑動画を平然と放置しているyoutubeそのものにも問題がある。

投稿している動画の適正性をyoutube側が責任をもって判断するべき。

無責任な炎上動画でも、
閲覧数が稼げればyoutuberの収入になってしまうシステムこそが反社会的。

この様な動画に広告を出している企業の責任も追及するべき。

こういう馬鹿が増えない為にも厳罰をして欲しい!

YouTube側も金銭など与えなければ良い。

仕事では無い!

書類送検された”残りの2人”は誰?動画あり

「へずまりゅう」と共に書類送検された”残りの2人”とは誰なのでしょうか?

そこで、問題の動画を調べたところ、「へずまりゅう」のTwitterより以下の動画が確認されたのです。

0:12辺りでは、「交差点のど真ん中で寝る よしき」というテロップが表示されています。

恐らく、この「よしき」という人物も書類送検された1人だと思われます。

布団を抱えている「へずまりゅう」が書類送検されていることから、彼と同じく布団を抱えている人物も同様に書類送検されたのでしょう。

しかし、この現場には”寝そべり動画”を撮影している人間もいるため、最低でも現場には”4人”の人間が存在していたことになります。

ただ、実際に書類送検されたのは”3人”であることから、撮影者は罪に問われなかった可能性があります。

スポンサーリンク