【転院先はどこ】沢尻エリカが山口達也と同じ病院に!久里浜医療センター?

時事

こんにちは。坊主です。

2019年12月20日、薬物依存からの脱却を目指して治療中の沢尻エリカさんですが、ここに来て”転院”の可能性が世間の注目を集めています。

一体、転院先の病院はどこなのでしょうか?

沢尻エリカが転院へ

沢尻さんの転院について「女性自身」は次のように報じています。

そんななか、薬物依存からの脱却を目指して都内の病院へと入院した沢尻。

選んだのは超VIPな病院だった。

「特別個室も用意されており、
高級ホテルのスイートルームのような豪華さだそうです。

その分、費用も高め。

1泊20万円以上かかるといわれています。

薬物治療の入院は、
通常2カ月以上かかるともいわれています。

総額1千万円は超えることになるでしょう」
(芸能関係者)

事件による損害賠償額が20億円ともいわれている沢尻。

さらに高額な入院費用がかかるとあって、
最近は転院を計画しているという。

「場所は、関東近郊にある心療内科専門の病院。

プライバシー保護が徹底されていることから政治家や芸能人に人気で、
最近だと元TOKIOの山口達也さん(47)も静養していました。

「ここの施設も超豪華で、
トレーニングルームやスパが完備。

さらにはアロママッサージなども受けられるそうです。

にもかかわらず、費用は1泊1万円程度。

長期療養も視野に入れているため、
治療計画の見直しを考えていると聞きました」
(前出・芸能関係者)

(2019年12月20日配信)

上記の通り、転院先の病院は山口達也さんが治療していた病院でした。

一体、転院先の病院はどこなのでしょうか?

世間の反応

超豪華な薬物治療の施設なんてあるんだね。

そんな施設が成り立つってことは、
お金持ちのジャンキーがかなりいるってことだな。

なんでそんな豪華にするんだろ…

普通でいいよね。

目的は豪華かどうかじゃなくて治るか治らないかだよね。

必要以上に豪華にしてその分は客(患者?)からとるわけだけど…

なんか良心的なことではないね。

>薬物治療の入院は、通常2カ月以上かかる

この方は月単位ではなく、
キャリアが長い分何年もかかるのではないかなぁ。

転院前の病院は慶應義塾大学病院

転院前の病院に関しても情報が伏せられており、どのマスコミも病院名は明かしていません。

しかし、あるメディアでは入院先の病院として「慶応義塾大学病院」と”明記”されていたのです。

この記事は公開直後に削除されており、現在では閲覧することはできません。

しかし、即座に記事が削除されていることから、彼女の入院先は慶応義塾大学病院と見て間違いないでしょう。

入院先の病院については以下の記事をご覧ください。

山口達也と同じ転院先の病院はどこ?

山口さんと同じ病院に転院する沢尻さんですが、これはどこの病院なのでしょうか?

そこで、山口さんが治療を行っていた病院について調べたところ、「久里浜医療センター」の名前が挙がっていたのです。

※「サラートP永山★情報館軍事・経済学・防災)」より引用
(2018年5月12日公開)

上記の通り、医療関係者のブログでは山口さんの入院先として久里浜医療センターの名前が記載されていたのです。

もし、これが事実であれば、沢尻さんの転院先も久里浜医療センターとなります。

久里浜医療センターは国立の医療機関として初の”アルコール症専門病棟”が設置されています。

また、横須賀市に所在しているため、報道にもあった「関東近郊」という表現にも一致します。

そのため、ネット上では沢尻さんの転院先として久里浜医療センターの名前が挙がっているというわけです。

しかし、これは確定情報ではないため、参考程度に留めておくといいでしょう。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!