【進藤あまね】枕営業と誹謗中傷の若手声優A(響)は誰?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年9月1日、声優事務所の「響」が誹謗中傷者に対して法的措置を講じていることを明らかにしました。

響によると、若手声優のAさんが謂れなき誹謗中傷を受けているとのこと。

一体、このAさんは誰なのでしょうか?

また、Aさんは何と言われたのでしょうか?

響が若手声優Aへの誹謗中傷(枕営業など)に法的措置

若手声優Aに関する法的措置について「弁護士ドットコム」は次のように報じています。

グループの法務部長を務める井上智則氏が経緯を説明する。

「響」所属の若手(女性)声優Aさんが中傷の被害者だ。

人気作品の重要な役に起用されたことをもって

「権限者と不適切な関係があった」

など枕営業を想起させる投稿や、
Aさんの顔を用いたアイコラ画像のアップなどがあったという。

同社は、様々な採り得る手段を検討したうえで、
最終的に数名の中傷加害者に対して、
名誉毀損罪で東京地検に刑事告訴状を提出した
(7月6日付け。後に所轄警察署による刑事告訴受理に伴い取下げ)。

ならびに、
弁護士を通じて投稿者を特定するための情報開示請求を始めた。

対象としたのは、
Aさんのツイッター投稿に対するリプライの形での中傷、
Aさんの名前のハッシュタグを使った中傷など。

今後も状況に応じて、
対象人数が増えていく見込みだ。

(2020年9月1日配信)

上記の通り、若手声優のAさんは「枕営業」などの謂れなき誹謗中傷を受けていたのです。

そのため、事務所は誹謗中傷者に対して刑事告訴ならびに民事訴訟を起こす構えを取っています。

一体、枕営業などというデマを流されたAさんとは誰なのでしょうか?

世間の反応

いくら誹謗中傷されても泣き寝入りするしかなかった状況が、
最近になって変わりつつありますね。

このまま誹謗中傷の被害者を守る動きが広がってほしいものです。

某アイドル系リズムゲームも本当にひどかったな……

誰にでも何かや誰かを批判はする権利あるにしても、
直接関わりのない人を誹謗中傷するほど、
あなたはすごくて偉いんですか、といいたくなってしまいます。

残念だけど
本当に一部の人間に関しては捕まるまで何故自分に非があるか理解できないだろうし、
捕まっても理解しないかも知れない。

事実と違う事を書かれたら
どんどん刑事告訴して行って欲しい。

批判と中傷は別物。

若手声優Aは誰?名前は「進藤あまね」?

Twitter上で誹謗中傷を受けている若手声優Aさんとは誰なのでしょうか?

そこで、このAさんについて調べたところ、以下のツイートが確認されたのです。

上記の通り、枕営業などの誹謗中傷を受けていたのは「進藤あまね」さんのようです。

進藤さんは2018年にデビューした若手声優ですが、2020年には「BanG Dream!」(バンドリ!)のメンバーに抜擢されています。

また、「バンドリ!」ではボーカルを担当するなど、そのキャリアに比して目立つポジションに起用されているのです。

当然、進藤さんのファンはこの待遇を歓迎していますが、その一方、アンチなどは彼女の好待遇に不満を覚え、誹謗中傷を行ったというわけです。

冒頭でも触れた通り、進藤さんが枕営業を行っていたという情報は事実無根のデマです。

誹謗中傷をしているツイートをリツイート(引用)して拡散した場合も名誉毀損に問われる場合があるため、不用意な行為は控えましょう。

スポンサーリンク