【飯島愛】金スマの死の予言↓死因は関東連合?墓はどこ?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、故・飯島 愛さんを取り上げます。

享年:36歳

2019年12月27日放送の「金スマ」にて、彼女の映像が放送されます。

36歳という若さで死去された飯島さんですが、その死には不可解な点が存在しており、現在でも様々な意見が飛び交う事態となっています。

飯島愛の死因とは?

飯島さんが死去されたのは2008年12月17日のこと。

しかし、彼女は亡くなった直後に発見されたわけではなく、訃報が報じられたのは1週間後の12月24日でした。

飯島さんは自宅マンションの一室で誰にも看取られることなく、”孤独死”を遂げていたのです。

事件性はなかったことから、警察は飯島さんを病理解剖に回し、その結果、死因は「肺炎」と断定されました。

ただ、亡くなる直前の彼女が「何者かに怯えていた」という情報が出回ったことで、世間では”第三者”の関与が強く疑われるようになったのです。

関東連合が関与していた?

生前の飯島さんが何者かに怯えていたという情報から、第三者の存在が浮上しました。

こうした事態を受け、ネット上では「関東連合」の関与が疑われるようになったのです。

しかし、現在までに彼女が関東連合と接点を持っていた事実は一切確認されていません。

つまり、関東連合の関与は”デマ”ということになります。

また、関東連合以外では、足立区の綾瀬で起きた「コンクリート事件」への関与も噂されていました。

飯島さんは人気タレントとしてブレークすると
足立区から足が遠のき、地元の仲間とは絶縁状態に。

大きな原因として指摘されるのが、
1989年に起きた綾瀬コンクリート事件にかかわっていたといううわさ

ネット上では主犯格の元少年が彼氏だったとも書き込まれ、
飯島さんは傷ついていたという。

Aさんらは飯島さんと元少年らとの接点は否定しなかったものの、

「事件にはかかわっていない」

と言い切る。

「事件のことで、
彼女が誰かに脅迫されていたという話も聞いた。

連絡が途絶えていたけど、
相談してほしかった」

とAさんは悔しがる。

※「zakzak by 夕刊フジ」より引用
(2009年12月26日配信)

上記の通り、飯島さんはコンクリート事件の主犯と交際していたというデマまで流されていたのです。

こうした”黒い噂”が更なる疑惑を呼び、その結果、関東連合との繋がりや関与が疑われるようになったと思われます。

しかし、現在までに飯島さんと反社会的勢力の関わりが確認された事実は一切ありません。

金スマで話した死の予言が的中していた?

飯島さんが死去された後、”ある動画”が大きな注目を集めました。

それが以下の動画です。

この動画では、「金スマ」の中で語られた”ある予言”について触れられています。

飯島さんによると、彼女は台湾の占い師に「3年後にいなくなる」と予言されていたというのです。

「いなくなる」という意味については釈然としないものの、彼女はそれを「死」と解釈したというわけです。

この動画がアップされたことでネット上は騒然となり、「予言が的中した」と話題になったのです。

しかし、問題の占い師は「死ぬ」とは明言していません。

さらには、この金スマがいつ放送されたものなのかも特定されていないのです。

ただ、ネットユーザーが総力を挙げて問題の動画を検証したところ、2001年頃に放送された可能性が浮上したのです。

放送された日時を解明しようと、
ネット上の有志が過去の掲示板や個人のブログを検索した。

その結果、
この占い師に鑑定してもらったのは、

おそらく00年から01年にかけて、
放送は01年だろう

という説が有力になっている。

そうなると、
占い師から「いなくなる」と鑑定された年は04年前後となり、
占いが当たったと結論付けるのは難しくなる。

※「J-CASTニュース」より引用
(2008年12月25日配信)

つまり、「予言が的中した」というのは単なる”こじつけ”だったというわけです。

墓はどこ?

飯島さんのお墓について調べたところ、千葉県内の”あるお寺”という情報が確認されました。

しかし、「飯島 愛」のお墓は建立されておらず、先祖代々の「大久保家」の墓に納骨されているようです。

補足

飯島 愛さんの本名は大久保 松恵。

ただ、大久保家の墓は場所が公表されていないため、一般人が飯島さんのお墓を訪れることは困難なようです。

飯島愛さんの本名は、大久保松恵さんです。

お骨は千葉県内のお寺にある、
大久保家のお墓に納骨されたようです。

飯島愛としてのお墓は建立されていません。

ちなみに、
大久保家のお墓の場所は非公開です。

※「Yahoo!知恵袋」より引用
(2010年7月27日投稿)

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!