【DaiGo】ホームレス+生活保護差別は優生思想?ヒトラーと同じ

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、メンタリストのDaiGoさんを取り上げます。

2021年8月12日、YouTubeの生配信にてDaiGoさんの発言が物議を醸し炎上しています。

というのも、彼はホームレスや生活保護受給者に対して差別発言を繰り返していたのです。

一体、彼は何と発言したのでしょうか?

メンタリストDaiGoがホームレスや生活保護者の命を軽視

炎上しているDaiGoさんの差別発言について、「日刊スポーツ」は次のように報じています。

DaiGoは、7日の自身の公式YouTubeチャンネルで、

「【超激辛】科学的にバッサリ斬られたい人のための質疑応答」

と題して視聴者からの質問に答える形式の生配信を実施。

「ぼくは生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めている訳ではないからね。

生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら
猫を救って欲しいとぼくは思うんで。

生活保護の生きていてもぼく得しないけどさ、
猫はさ、生きていたら僕、得なんで」

「自分にとって必要がない命はぼくにとっては軽いので。

ホームレスの命はどうでもいい。

みんな思わない? 

どちらかといえば、いない方が良くない? 

ホームレスって」

「邪魔だしさ、プラスにならないしさ、くさいしさ。ね。

治安悪くなるしいない方が良いじゃん。

猫はかわいいじゃんって思うけどね、ぼくはね」

などと発言を繰り返して物議を醸していた。

(2021年8月13日配信)

上記の通り、DaiGoさんは自分の”損得勘定”でホームレスや生活保護者の命を軽視する発言をしていたのです。

あまりにも非常識な発言に対して、DaiGoさんには批判の声が殺到する事態となっています。

また、彼が誠意ある謝罪をしていたことも炎上に拍車をかけています。

ヒトラーと同じ優生思想?差別発言の炎上動画あり

炎上する原因となったDaiGoさんの差別発言(動画)がこちらです。

自分にとって有益か無益かで命に優劣をつける考え方は「優生思想」に通じるものがあり、その代表例がヒトラーです。

ヒトラーはゲルマン人(ドイツ人)こそが至高の存在と捉え、純粋なゲルマン国家の建設を提唱していました。

この思想により他民族や障害者は迫害され、特に甚大な被害を受けたのがユダヤ人で、その多くが理不尽にも虐殺されています。

DaiGoさんの差別発言から、彼の脳裏には、このヒトラーと同じ優生思想が根付いていると思われても仕方ないでしょう。

世間の反応:「ヒトラー(ナチス)と同じ」という声が多数

スポンサーリンク