【M:浜崎あゆみの暴露本】小松成美は結婚して夫あり!子供や韓国とは?

芸能

こんにちは。坊主です。

今回は、ノンフィクション作家の小松成美さんを取り上げます。

イチロー選手や中田英寿選手などの著作で知られる彼女ですが、ここに来て浜崎あゆみさんに関する暴露本を出版することが明らかになり、世間の注目を集めています。

小松さんの新著「M 愛すべき人がいて」では、浜崎さんと”ある人物”の恋愛模様が克明に綴られています。

一体、浜崎さんと恋仲になった人物とは誰なのでしょうか?

今回は、浜崎あゆみさんの暴露本を出版した小松成美さんについて調べてみました。

「M 愛すべき人がいて」の内容(あらすじ)とは?

「NEWSポストセブン」に掲載された「M 愛すべき人がいて」の内容がこちらです。

次第に思いを抑えきれなくなったあゆは、松浦勝人さんに気持ちを伝える。

そして、
離婚し独身に戻っていた松浦さんは、
あゆに運命的な告白をした。

《私がドアを開けると、
スーツを着た専務が立っていた。

そして、
(略)母に一礼すると、こう言った。

「あゆみさんと付き合っています。真剣です」》

(2019年7月31日配信)

上記の通り、浜崎さんの交際相手(当時)は、エイベックスの代表取締役会長を務める松浦勝人さんだったのです。

2人が交際を開始したのは1998年の時。

2人は15歳の年齢差がありましたが、お互いの思いを確認し合ったことで同棲を開始します。

しかし、「社員」と「所属アーティスト」の交際を知った上層部はこれに猛反対。

ところが、松浦さんは周囲を説得し、浜崎さんとの交際を継続したのです。

一時期は結婚さえ視野に入れていた2人でしたが、1999年末に破局。

しかし、
禁断の恋はほどなくして終わりを迎える。

互いに仕事に忙殺され、
一緒に過ごせる時間はほとんどなく、
すれ違いが生じ始めたのだ。

1999年のある夜、
松浦さんが寝泊まりしているマンションを訪れたあゆの目に飛び込んできたのは、
スタッフや美女たちと飲み会に興じる恋人の姿。

ショックを受けたあゆは誰にも告げずに
2日半にわたってホテルに身を隠した。

浜崎さんの代表曲に「M」という曲がありますが、この曲に登場する「愛すべき人がいて」という人物は松村さんを指していたのです。

というのも、彼女は松浦さんを携帯のメモリーに「M」と登録していたからです。

「M」という曲名も「愛すべき人がいて」という歌詞も、全ては当時の交際相手である松浦さんに捧げたものだったというわけです。

小松成美に夫あり!結婚相手はハンガリー人

小松さんの私生活を調べたところ、既に結婚していたことが分かりました。

本人によると、夫は「ハンガリー人」のようです。

小松:
そういえば,
私の夫はハンガリー人なんですが,
XのCDをかけていると

「クラシックを聴いているような気分になる」

と言いますよ.

※「男たちのイノセンス」より引用
(2002年6月号掲載)

ただ、旦那さんの素性(名前・年齢・顔写真)は公表されておらず不明です。

子供(息子・娘)はいる?

既に結婚していることから、小松さんに子供(息子・娘)がいても不思議ではありません。

しかし、夫と同様に子供の素性は一切公表されていませんでした。

そのため、子供の素性はおろか、その有無さえも分かっていません。

韓国人?

ネット上では「小松成美」と検索すると、「韓国」という話題が散見されます。

もちろん、彼女が韓国籍という事実はありません。

恐らく、韓国の話題が散見されるのは、小松さんが「韓国文化に興味を持っている」と公言しているからでしょう。

ライフワークに辿り着くまでに思い悩んだ頃のこと、
ノンフィクションに取り組む理由、
現在、新たに着手していらっしゃる韓国文化への思いなど、
小松さんの熱意がほとばしる‘カフェトーク’を
どうぞお楽しみに!

※「三井生命イブニングカフェ」より引用
(2011年2月4日掲載)

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!