【妹に逮捕歴】歌手,八反安未果が妊娠!結婚した旦那の馴れ初めや現在は?

こんにちは坊主です!!

今回は、『八反安未果(はったんあみか)』さんを取り上げます。

彼女といえば、1998年に「Miss You~忘れないで~」で歌手デビューして以降、その歌声と美貌で一躍注目を集め、翌年1999年には「SHOOTING STAR」が大ヒットとなり、第41回日本レコード大賞新人賞を受賞するなど、1990年代を代表する歌手としてその名前を広く知られています。

私生活では、2017年6月に一般男性と結婚を発表し世間の注目を集めていましたが、ここに来て再び注目を集める出来事が報じられました。

それは、彼女の妊娠です。

彼女は、2017年10月20日に自身のブログで第1子の妊娠を報告し世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな彼女について調査してみました。

スポンサーリンク



歌手,八反安未果が妊娠!

冒頭でも掲載しましたが、2017年6月16日に一般男性と結婚を発表し私生活を充実させていた彼女ですが、ここに来て新たな吉報が報じられた事で世間の注目を集めています。

2017年10月20日に彼女は自身のブログを更新し、妊娠7ヶ月である事を報告しました。

この事について、2017年10月20日に配信された『デイリー』は次のように報じています。

”歌手の八反安未果が20日、
ブログを更新し、
第一子の妊娠を発表した。

現在は7カ月だという。

ブログでは

「愛する人と結婚し、
母になれる喜びに感謝でいっぱいです」

と報告。

妊娠5周目に切迫流産の危機に見舞われたことも明かし

「ここまで来ることが出来て本当に良かったです」

「一緒に頑張ってくれている赤ちゃんを抱きしめられる日を楽しみに、
残りの妊婦生活を大切に。

日々に感謝して頑張ります」

とつづった。

八反は今年6月の自身の母の誕生日に
一般男性と入籍している。”

同紙が掲載している通り、彼女は第1子の妊娠した事を報じています。

また今回の吉報を受けて、ネット上では結婚した男性について感心が集まっています。

彼女は夫の素性や馴れ初めを公表しているのでしょうか?

そこで今回は、彼女の夫について調査してみました。

スポンサーリンク



歌手,八反安未果と結婚した旦那の馴れ初めや現在は?

上記でも掲載しましたが、今回の彼女の妊娠報告を受けて、結婚した夫について感心が集まっています。

上記で引用した「デイリー」では、一般男性という記述のみです。

彼女は、結婚した夫について素性を明らかにしているのでしょうか?

そこで、彼女の夫について調査しましたが、彼女が運営するブログでは夫の名前,顔などの素性や馴れ初めについては一切公表していませんでした。

しかし、夫の素性調査に伴い、2017年10月現在の彼女の素性が明らかになりました。

彼女は現在、音楽活動以外にも、実業家として活躍しており、食品輸入・販売を手掛ける会社「オセアンフーズ」の代表取締役に就任している事が判明しました。

この事について、2017年10月20日に配信された『サンスポ』は次のように報じています。

”2010年には食品輸入・販売を手掛ける会社
「オセアンフーズ」の代表取締役社長に就任。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼女は2010年から2017年現在、食品輸入・販売会社の代表取締役を務めている事が報じられています。

夫の素性や馴れ初めは、非公表となっており不明ですが、彼女の2017年現在の素性は明らかになりました。

スポンサーリンク



歌手,八反安未果の妹に逮捕歴

今回の吉報で、世間の注目を集めている彼女ですが、ネット上では妹さんについて感心が集まっています。

そこで、彼女の妹さんについて調査したところ、逮捕歴がある事が判明しました。

彼女の妹さんは、2008年12月17日に栃木県宇都宮市で発生した交通○故で逮捕されています。

この事について、2008年12月19日に配信された『tv asahi 芸能&ニュース』は次のように報じています。

”栃木・宇都宮市内で発生した交通○故で
18日に逮捕された女が、
歌手・八反安未果(28)の妹であることが明らかになった。

(中略)

運転していた無職の田中英典容疑者(24)と
同乗していたトリマーの八反恵容疑者(26)が
自動車運転過失致○と道交法違反(○気帯び運転・同乗)の疑いで逮捕された。”

同紙が掲載している通り、○気帯び運転・同乗の疑いで逮捕されてた事が報じられています。

また恵さんは、この○故で起訴され、懲役1年6ヶ月、執行猶予5年の判決を受けています。

この事について、2009年3月4日に配信された『下野新聞』は次のように報じてます。

”元ペットショップ店員八反恵被告(26)の判決公判が三日、
宇都宮地裁で開かれた。

井上泰人裁判官は

「自己の欲求と都合を終始優先させた経緯は
自己中心的で酌量の余地はない」

として懲役一年六月、
執行猶予五年(求刑懲役一年六月)を言い渡した。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)