【元旦那の離婚原因】青木さやかの結婚相手は柳本雅寛?子供(娘)の現在!画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『青木さやか』さんを取り上げます。

青木さやかさんといえば、2018年2月現在ワタナべエンターテイメントに所属するお笑い芸人・女優としてその名前を広く知られています。

彼女は愛知県にある名古屋学院大学外国語学部を卒業後に中京ローカルテレビのフリーアナウンサーとして活動し、そのキャリアをスタートさせます。

その後、面白いタレントになりたいとの理由でお笑い芸人に転身を果たし1996年にデビューを果たします。

デビュー後は、名古屋でお笑いユニットを結成するなどして活動していましたが、2003年1月に同事務所に移籍し本格的に東京での活動をスタートさせます。

移籍後からはフジテレビ系で放送されていた「笑う犬の太陽」や日本テレビ系の「エンタの神様」などに出演し毒舌ネタで一躍注目を集め、一世を風靡しました。

私生活では、2007年10月に故・前田健さんに紹介された3歳年下のダンサーと交際約半年で結婚する事を発表し、世間の話題を集めました。

そして2010年3月に第1子となる女児が誕生し、1児の母親となり私生活を充実させていましたが、2012年3月に夫婦生活にピリオドを打ちました。

なぜ彼女は約5年という短い期間で夫婦生活にピリオドを打ったのでしょうか?

そこで今回は、彼女の離婚理由について調査してみました。

スポンサーリンク



青木さやかと元旦那の離婚原因

冒頭でも述べた通り、彼女は2007年10月に故・前田健さんに紹介された年下のダンサーと交際期半年で結婚を発表し1児の女児を授かりますが、2012年3年に離婚を発表しています。

子供にも恵まれ私生活を充実させていた彼女らですが、結婚生活わずか約5年という短い期間で夫婦生活にピリオドを打つこととなったのでしょうか?

そこで彼女らの離婚原因について調査したころ、金銭的な問題や夫婦間のすれ違いが原因であることが判明したのです。

彼女が結婚を発表したのは、人気絶頂の2007年です。

当時彼女は、飛ぶ鳥を落とす勢いであり、数々の人気番組にレギュラー出演を果たしていました。

またバラエティ番組出演の他にも女優としてテレビドラマや映画、舞台などにも出演するなどマルチに活動していました。

しかし、その後は子供の妊娠や育児専念のため番組出演が減り、2018年2月現在では彼女のレギュラー番組は決して多いとはいえません。

そのため金銭的な問題が生じ、夫婦間のすれ違いが原因で離婚に至っていると明らかにしています。

この事について、2018年2月28日に配信された『日刊ゲンダイ』は次のように報じています。

“青木さやか(44)が2012年に離婚した元夫で、
3歳年下のダンサーとの結婚生活をこのほどテレビで赤裸々に語ったのである。

青木が結婚したのは07年10月。

10年3月には第1子となる長女に恵まれた。

バラエティー番組で活躍する売れっ子にして、
私生活でも絵に描いたような幸せを掴んだかに見えたが、
違った。

青木は

「別れる時、
お互いの理由は違う。

彼の理由は分かりません」としつつ、
こんなことを語った。

「お金の問題はとても大きかったんだと思います。

収入は私のほうが多かった。

私がほとんど出してた。

でも、
彼にそれを言えなかった。

彼のプライドもあるし、
そういうことを言っちゃいけないのかなと思いながら、
すごくケンカが増えていってしまった。

最終的には何でケンカしているのか分からなかった」

青木は現在、
都内の高級マンションで7歳になる娘と2人暮らし。

昨年12月には別の番組でこう言っていた。

「収入なんか(当時の)10分の1なのに、
やっぱり一度上げてしまったもの(生活レベル)を下げるってのはすっごい難しい。

(中略)

芸能関係者によると、
青木は全盛期、

「億か、
それに近い年収があった」

そうで、
部屋には300万円もする高級ピアノがあると報じられたことも。

しかしながら、
仕事が激減した今は貯金を取り崩して生活をしているのが実情だろう。”

同誌が報じている通り、彼女の離婚原因はテレビ出演などの仕事が激減したため、金銭的な問題が生じ、夫婦間のすれ違いで離婚に至っていることを明らかにしています。

2018年2月現在ではテレビ出演は減ったものの、舞台の仕事や育児のフォトエッセイなどを発売するなどお笑い芸人以外での活動を行っています。

スポンサーリンク



青木さやかの結婚相手は柳本雅寛?

前項で述べた通り、彼女の離婚原因については判明しました。

しかし彼女と結婚相手でもある男性の素性についてはあまり知られていません。

上記で引用した「日刊ゲンダイ」では、前夫は彼女より3歳年下のダンサーとしか素性は明かされていません。

彼女は、前夫についての素性を公表しているのでしょうか?

そこで前夫について調査したものの、前夫についての素性は公表されていません。

しかし一部ネット上では、日本にみならず世界各国で活躍するプロダンサー「柳本雅寛(やなぎもとまさひろ)」氏であると噂されています。

雅寛氏は、1996年にクラシックバレエの神戸洋舞コンクールシニアの部で2位を獲得すると1989年から欧州の数々の有名なバレエ団に入団し活動を行います。

2006年に帰国すると多彩な振付家との作品創作に携わり、2011年には自身のダンスユニット「∔81」を結成しています。

2018年2月現在では、東京都杉並区にある「G-Screw Dance Labo」のインストラクターを務めています。

この事について、ウェブサイト『G-Screw Dance Labo』には、以下のように掲載されています。

“柳本雅寛

1976年大阪生まれ。

96年神戸洋舞コンクールシニアの部2位(クラシックバレエ)。

98年ドイツに渡り、
ニーダーザクセン州立ブラウンシュバイグにソリストとして入団。

(中略)

バレエ技術に裏打ちされたテクニックと8年に及ぶヨーロッパでの豊富なダンス経験から得た、
コンタクトを中心としてフロアーテクニックも取り入れる独自のスタイルは、
唯一無二。

創作を目指す人にはかなりの収穫があるはずです。”

そんな雅寛氏と彼女は夫婦関係であると一部ネット上で噂されています。

そこでこの噂の真相を調査したものの、雅寛氏の公式プロフィール内には結婚歴や家族についての記述はないため、詳細な情報は得られませんでした。

なぜ詳細な情報が公表されていないにも関わらず、このような噂が囁かれているのでしょか?

この噂の出所を調査したところ、彼女が結婚を発表した男性と年齢や職業が一致しているとの理由でこのような噂が囁かれていることが判明したのです。

雅寛氏は、1976年の大阪生まれであり、彼女は1973年生まれです。

そのことからネット上では、彼女と結婚した3歳年下のダンサーは雅寛氏ということとなりました。

しかし彼女は前夫についての素性を公表していないため、このような噂を断定することは出来ません。

あくまでもネット上の噂なので参考程度に留めて置くほうがいいと思われます。

スポンサーリンク



青木さやかの子供(娘)の現在!

上記に記した通り、彼女の前夫の素性は公表しておらず不明となっていますが、子供の素性は公表しているのでしょうか?

上記で引用した「日刊ゲンダイ」では、2018年2月現在、7歳となる娘さんがいると掲載されていますが、名前や顔などの素性についての言及はされていません。

そこで娘さんの素性について調査したものの、名前の公表はされていませんでした。

しかし彼女自身のインスタグラムで娘さんの写真を投稿していました。

その写真はこちら。

上記の通り、娘さんの顔は判明しました。

またネット上では娘さんの通う学校についても関心が集まっています。

そこで娘さんの通う学校について調査しましたが、こちらも名前と同様に非公表となっていました。

しかし、ネット上では彼女は教育熱心であるため、東京都内にある名門校に通っていると噂されています。

というのも彼女の両親は小学校教論という家庭環境であり、幼少期は厳しく育てられたと公表しています。

そのため、ネット上では彼女の娘さんも自身と同様な育て方を行っていると噂になりました。

しかし、彼女は娘さんの通う学校について公表していないため、このような噂を断定することは出来ません。

詳細な情報が公表され次第、随時生地を追記しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)