【死因:肺がん】俳優,橋本力が死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?出演作品やWiki経歴,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『橋本力(はしもとちから)』氏を取り上げます。

皆さんは、橋本力氏の事をご存知でしょうか?

橋本氏は、毎日オリオンズ(現:ロッテ)所属の元プロ野球選手(外野手)として活動しており、現役引退後は俳優に転身し、特撮時代劇シリーズ「大魔神」のスーツアクターなどで活躍していた事で知られています。

お世辞にも橋本氏の知名度は高いと言えませんが、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは、橋本氏の訃報です。

橋本氏は、長年患っていた肺がんのため、2017年10月11日に死去していた事が判明し世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな橋本氏について調査してみました。

スポンサーリンク



俳優,橋本力が死去! 死因:肺がん

冒頭でも掲載しましたが、橋本氏は2017年10月11日に長年患っていた肺がんのため、死去した事が報じられ世間の注目を集めています。

この事について、2017年10月20日に配信された『サンスポ』は次のように報じています。

”プロ野球・毎日オリオンズ(現ロッテ)の元外野手で、
特撮時代劇シリーズ「大魔神」のスーツアクターなどで知られる俳優、
橋本力(はしもと・りき、本名=ちから)さんが
11日午前9時11分、
肺がんのため、
東京・多摩市内の病院で死去していたことが19日、
分かった。

83歳だった。

所属事務所によると、
橋本さんは4年前に肺がんが発覚し、
体調が悪化した今年9月から入院。

一昨年までは舞台に出演していたが、
高齢でひざが悪く、
近年は主に「大魔神」やブルース・リー関連のイベントに出演していた。

入院先の病室ではプロ野球中継を見て、
ロッテの動向を気にしていたという。

通夜は18日、
葬儀・告別式は19日に営まれた。”

同紙が掲載している通り、橋本氏は肺がんのため、2017年10月11日に死去していた事を報じています

また今回の訃報を受けて、橋本氏の私生活について感心が集まっています。

橋本氏は私生活を公表していたのでしょうか?

そこで今回は、私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



俳優,橋本力の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

上記でも掲載しましたが、今回の訃報を受けて、橋本氏の私生活について感心が集まっています。

上記で引用した「サンスポ」では、家族についての記述はされていません。

そこで、橋本氏の私生活を調査しましたが、詳細な情報は公表されていません。

しかし、橋本氏のWikipediaには娘さんが居る事が掲載されています。

”ジャッキー・チェンの映画が日本で封切られた際に、
娘がこれを知り、

「パパそんなに偉かったの」

と教えてくれたという。”

同サイトの通り、彼に娘さんが居る事が掲載されています。

従って、橋本氏は結婚歴があり、妻が居る事が判明しました。

しかし、妻や娘さんの素性は公表されておらず、詳細な情報は不明です。

スポンサーリンク



俳優,橋本力の出演作品やWiki経歴あり

今回の訃報を受けて、世間の注目を集めている橋本氏ですが、やはり多くの方が出演作品や経歴などに関心が集まっています。

冒頭でも掲載していますが、橋本氏は毎日オリオンズ(現・ロッテ)所属の元プロ野球選手(外野手)として活動していた事は知られています。

現役引退後は、俳優に転身し、特撮時代劇シリーズの「大魔神」のスーツアクター等を務めるなど、俳優としての経験を積みます。

その後、その高い演技力から、往年の名俳優「勝新太郎(かつしんたろう)」氏に認められ、大映京都撮影所のスターとなりました。

また橋本氏は、世界的アクションスター「ブルース・リー」氏と「ドラゴン怒りの鉄拳」で共演を果たしています。

この事について、橋本氏のWikipediaには以下のように掲載されています。

”橋本力(はしもとちから、
1933年〈昭和8年〉10月20日-2017年〈平成29年〉10月11日)は、
北海道出身の元プロ野球選手、
俳優。

ポジションは外野手。

OKエンターテイメント所属。

野球選手から映画俳優に転身した橋本だが、
当時、
山本富士子、
京マチ子、
若尾文子らの全盛期でもあり、
「そんな人たちと一緒に映画に出るなんて考えられなかった」

という。

上田吉二郎に相談したところ、
「あんたはその顔つきも性格も(俳優に)向いてるよ」

とアドバイスを受け、

「同じ大映だから社宅を引っ越さなくてもいい」
ということもあって、
俳優転身を決めたという。

(中略)

『ドラゴン怒りの鉄拳』で
ブルース・リーと共演することになったきっかけは、
勝新太郎が
『新座頭市 破れ!唐人剣』(1971年、安田公義監督)で
王羽(ジミー・ウォング)と共演したことからだった。

勝が王羽と親しくなり、
王羽がゴールデン・ハーベストを通して、

「今度アメリカから来た凄いやつが
香港で出た一本目が、
100万ドルの興行収入を得た。

その第2弾を作りたいので、
明治時代の悪い日本人の役の俳優を紹介してくれ」

と勝に依頼。

出演作品

一刀斎は背番号6(1959年)
選手役兼野球アドバイザー
※デビュー作

大魔神(1966年)
元木半蔵、
大魔神

ガメラ対宇宙怪獣バイラス(1968年)
医師風の男

妖怪大戦争(1968年)
ダイモン

ドラゴン怒りの鉄拳(1972年、
日本公開は1974年)

日本人柔道場主・鈴木寛”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)