【死因:癌】ラッパー,ECDが死去!結婚した嫁,植本一子と子供(娘)の名前!弟について!

こんにちは坊主です!!

今回は、『ECD(イーシーディー)』氏を取り上げます。

本名「石田義則(いしだよしのり)」。

彼といえば、日本を代表するヒップホップアーティストとしてその名前を広く知られています。

彼は、ヒップホップが認知される以前の1990年に「ECD」の名義でラッパーとしての活動を始め、そのキャリアをスタートさせます。

その後、1992年に自身の初のアルバムとなる「ECD」を発売し、一躍注目を集めます。

そして、1996年に東京都千代田区にある日比谷野外音楽堂にて、伝説的なヒップホップイベント「さんピンCAMP」を主催し、大きな話題を呼びました。

近年では、反原発活動などの政治運動にラッパーとして参加し、精力的に活動していまいた。

そんな彼が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは、彼の訃報です。

彼は、2018年1月24日に死去した事が報じられ世間の注目を集めています。

そこで今回は、彼について調査してみました。

スポンサーリンク



ラッパー,ECDが死去!死因:癌

冒頭でも掲載しましたが、彼は2018年1月24日に死去した事が報じられ、世間の注目を集めています。

また彼の死因を調査したところ、癌のため死去していた事が判明しました。

彼は、2016年9月頃に大腸と食道の進行性の癌を患っていた事を自身のツイッターで公表しており、津病生活を続けながら、音楽活動を行っていましたが、2018年1月24日に57歳という若さで死去しています。

この事について、2018年1月25日に配信された『ORICON NEWS』は次のように報じています。

“ラッパーのECD(本名:石田義則)さんが、
24日午後9時36分に亡くなった。

57歳だった。

遺族がECDさんのツイッターで代筆で報告した。

25日の午前8時20分に

「家族による代筆です。

昨夜21時36分、
ECDこと石田義則は入院先の病院で息を引き取りました。

家族と友人達に見守られながらの最期でした」

とツイート。

「これまで応援してくださった皆さんには
深く感謝申し上げます。

本当にありがとうございました」

と生前の応援に感謝した。

告別式は決まり次第後日発表される。

(中略)

2016年9月に上行結腸と食道の進行性がんの治療中であることを発表し、
闘病しながら音楽活動を継続していた。”

同誌が掲載している通り、彼は2016年9月から闘病生活を送っていましたが、2018年1月24日に癌のため、入院先の病院で死去した事を報じています。

スポンサーリンク



ラッパー,ECDと結婚した嫁,植本一子と子供(娘)の名前!

今回の訃報で世間の注目をあ集めている彼ですが、ネット上では私生活についても感心が集まっています。

彼は、私生活を公表しているのでしょうか?

そこで彼の私生活を調査したところ、2008年に写真家の「植本一子」さんと結婚している事が判明しました。

また植本さんは、写真家として広告や雑誌、CDジャケットなどを幅広く活動する以外にも「かなわない」や「最後の日」などの著書を執筆し、多方面で活躍しています。

そんな植本さんと彼は、2008年に結婚し、同年11月に長女を出産。

その後、2010年6月に次女を出産し、2児の母親となっています。

また子供達の名前を調査したところ、長女の名前は「くらし」さん、次女「えん」さんである事も判明しました。

この事について、父親である彼は、以前行われたインタビューで以下のように明らかにしています。

“——娘さんに、
くらしちゃん、
えんちゃん、
と名付けられた背景は?

「くらしは本当にもう、
暮らし大切、
暮らしが大切だよなって感じで。

えんちゃんのえんはひととひととの縁っていう意味もあれば、
単純にお金の円でもあります、
はい」”


※ウェブサイト『bmr』より引用。

同サイトに掲載している通り、娘さん達の名前が判明しました。

また娘さんたちの顔を調査したところ、1つの画像を発見しました。

その画像はこちら。

上記で記した通り、娘さん達の顔や名前は判明しましたが、通っている学校などは公表されておらず、不明となっています。

スポンサーリンク



ラッパー,ECDの弟について!

上記で記した通り、彼の私生活は判明しましたが、ネット上では彼の弟についても感心が集まっています。

一部ネット上では、弟さんは、すでに死去していると噂されています。

果たしてその噂は、事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、以下の事が判明しました。

彼の弟さんは、プロのカメラマン志望として活動していましたが、その才能は花開く事無く、死去しています。

また死因は、自○であり、壮絶であったと植本さんの著書「家族最後の日」に綴られています。

この事について、2017年3月3日に配信された『HONZ』は次のように報じています。

“植本は「見えすぎる人」なのかもしれない。

義弟が自○したとの報せを受け、
彼が義父と暮らしていた家に駆けつける。

義弟は自ら腹を○り、2階から○び○りるという壮絶であった。

義理の弟といっても植本の7歳上である。

彼女はカメラマンを目指していたという義弟から作品を見せられたことを思い出す。

プロとして生計を立て、
写真の専門学校で授業も持つ植本からみると、
その作品はどれも無難で、
個性のないものばかりだった。

写真よりもカメラそのものが好きだったのではないか、
と彼女は淡々と記す。

(中略)

義弟にはカメラマンになる才能やセンスはなかったのだ。

植本は決してそんなあからさまな書き方はしていないが、
読者は否応なくそのことに気づかされる。

そして40手前になっても定職につくことのなかった
義弟が心の奥底に抱えていたものへと思いを馳せるのだ。”

同サイトに掲載されている通り、彼の弟さんの死因は、自○であったとされています。

また彼の弟さんの名前や顔を調査しましたが、一般の方という事もあり、非公表となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)