【豊田瀬里奈と不倫】板尾創路に逮捕歴あり!結婚した嫁の馴れ初め!子供は障害で突然死?

こんにちは坊主です!!

今回は、『板尾創路(いたおいつじ)』さんを取り上げます。

彼といえば、吉本興業所属のお笑いコンビ「130R」のボケとしてその名前を広く知られています。

彼はツッコミ担当の「蔵野孝洋(現・ほんこん」さんと同コンビを結成し、大阪を中心に絶大な人気を博しました。

その後、東京に進出し、1991年にフジテレビ系で放送されていた「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演し全国的にその名前を知られてるようになりました。

また彼は、俳優としても活動しており、シリアスな役からコミカルな役など幅広く演じ、俳優としての地位を築いています。

そんな経歴を持つ彼がここに来て、注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の不倫報道です。

彼は、2017年11月18日にグラビアアイドルとして活動する「豊田瀬里奈(とよたせりな)」さんとの不倫を報じられ世間の注目を集めています。

また豊田さんといえば、2016年に光文社「FLASH」のミスFLASH2016のグランプリを受賞して以降、数々のバラエティ番組に出演する等、グラビアアイドル業以外にも活動の幅を広げ活躍しています。

この事について、2017年11月18日に配信された『FLASH』は次のように報じています。

“11月上旬のある夜、
庶民的なイタリアンレストランに、
板尾創路(54)の姿はあった。

この日、
板尾は自身が監督を務める映画『火花』のプロモーションを終え、
渋谷にやってきたのだ。

板尾の向かいの席に座っているのは、
巨○を武器に活動するグラビアアイドル豊田瀬里奈(27)。

2人は閉店時間の午後11時まで楽しく食事を続け、
カラオケ店へ。

1時間後に店を後にすると、
向かった先はラ○ホテル。

ホテルから出てきたのは深夜3時半で、
じつに3時間以上の「ご休憩」だった。

後日、
本誌は板尾に声をかけたが、
何を聞いても終始無言を貫いた。

板尾が所属する吉本興業に問い合わせたが、
期日までに回答はなかった。

豊田は

「(ホテルでは)映画を観ていただけで、
男女の関係は一切ありません」

との回答を寄せた。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼の不倫を報じてます。

しかし彼は、彼女との関係について一切コメントを発表していません。

また彼女は、男女の関係は一切ないと明らかにしています。

彼からの詳細なコメントがない限り、彼の不倫を断定する事はできません。

詳細な情報が公表され次第、随時記事を追記してきます。

また今回の不倫報道を受けて、彼の私生活について関心が集まっています。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



板尾創路と結婚した嫁の馴れ初め!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の私生活について関心が集まっています。

そこで彼の私生活を調査したところ、1998年に東京で知り合った一般女性を結婚している事が判明しました。

しかし彼の私生活は謎に包まれており、妻と結婚に至った馴れ初めや顔、名前などは公表していません。

一部ネット上の情報によると、彼が東京に上京した1996年頃に友人の紹介で知り合い、約2年間の交際期間を経て、結婚に至ったそうです。

詳細な情報は公表されていませんが、彼のWikipediaには以下のように掲載されています。

“私生活では1998年に東京で知り合った
8歳下の一般女性と結婚。”

同サイトの通り、彼の妻の情報は上記で記したのみであり、詳細な情報は得られませんでした。

スポンサーリンク



板尾創路の子供は障害で突然死?

上記で記したように彼の私生活は謎に包まれており、詳細な情報は公表されていませんが、彼には子供は居るのでしょうか?

そこで彼の子供について調査したところ、彼には2人の娘さんが居る事が判明しました。

2007年に第1子長女「英美」さんが誕生しますが、2009年に乳幼児突然死症候群を患い死去していた事が判明しました。

この事について、ウェブサイト『NAVERまとめ』には以下のように掲載されています。

“2009年、
長女「英美」さんが突然、
意識不明となり、
救急搬送されたが、
原因が分からないまま○くなった(乳幼児突然死症候群)。”


※一部改変

同サイトに掲載されている通り、長女「英美」さんは乳幼児突然死症候群のため死去してたことが掲載されています。

またこの乳幼児突然死症候群とは、未だ原因は不明であり、何の予兆や既住歴もないまま乳幼児が睡眠中に突然死する病気だとされています。

この事について、ウェブサイト『厚生労働省』には以下のように掲載されています。

“睡眠中に赤ちゃんが死去する原因には、
乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)という病気のほか、
窒息などによる事○があります。

○SIDSは、
何の予兆や既往歴もないまま乳幼児が死去する原因のわからない病気で、
窒息などの事○とは異なります。

○平成28年度には109名の赤ちゃんがSIDSで亡くなっており、
乳児期の死○原因としては第3位となっています。

○SIDSの予防方法は確立していませんが、
以下の3つのポイントを守ることにより、
SIDSの発症率が低くなるというデータがあります。

(1) 1歳になるまでは、
寝かせる時はあおむけに寝かせましょう

SIDSは、
うつぶせ、
あおむけのどちらでも発症しますが、
寝かせる時にうつぶせに寝かせたときの方がSIDSの発生率が高いということが
研究者の調査からわかっています。

医学上の理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は、
赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせましょう。

この取組は、
睡眠中の窒息事○を防ぐ上でも有効です。

(2) できるだけ母○で育てましょう

母○育児が赤ちゃんにとっていろいろな点で
良いことはよく知られています。

母○で育てられている赤ちゃんの方がSIDSの発生率が低いということが
研究者の調査からわかっています。

できるだけ母○育児にトライしましょう。

(3) た○こをやめましょう

た○こはSIDS発生の大きな危険因子です。

妊娠中の喫○はおなかの赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、
呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。

妊婦自身の喫○はもちろんのこと、
妊婦や赤ちゃんのそばでの喫○はやめましょう。

これは、
身近な人の理解も大切ですので、
日頃から喫○者に協力を求めましょう。”


※一部改変

同サイトの通り、乳幼児突然死症候群とは原因が不明である事が掲載されています。

しかし上記で記したポイントを守ることで、乳幼児突然死症候群の発症率を抑えることが出来るとされています。

その後、2012年に彼には第2子となる次女が誕生しています。

この事について、2012年6月26日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

“お笑いタレントの板尾創路(48)に25日、
第2子となる女児が誕生した。

所属先のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが26日に発表した。

夫人が25日午後2時過ぎに、
都内の病院で3670グラムの女の子を出産。

母子ともに健康で、
名前はまだ決まっていないという。

板尾は

「当たり前のことは普段は気づかない。

ボクは生きていくことは辛いことだと思うけれど、
生きていくことは凄い素晴らしいことだと思う」

と語った。”

同紙が掲載いている通り、2012年に第2子が誕生している事を報じています。

また一部ネット上では、次女は障害を持っていると噂されていますが、上記で引用した「スポニチ」では母子ともに健康と掲載されていので、次女には障害はないと思われます。

また次女の素性を調査しましたが、名前や顔などの素性は公表しておらず、詳細な情報は不明です。

スポンサーリンク



板尾創路に逮捕歴あり!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の過去について感心が集まっています。

一部ネット上では、彼には逮捕歴があると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、以下の事が判明しました。

彼は1994年に18歳未満の女性と関係を持ったとして、青少年健全育成条例違反の容疑で逮捕されている事が判明しました。

彼は逮捕後、起訴され罰金30万円の刑を受け、一時芸能活動を休止しています。

しかし関係を持った女性は、18歳以上であると偽り彼と同意の上で関係を持ったことが明らかになっています。

この事について、彼のWikipediaには以下のように掲載されています。

“1994年に18歳未満の少女と○行をしたとして、
青少年健全育成条例違反容疑で逮捕され、
罰金30万円の刑を受ける。

このことにより、
一時期芸能活動を自粛することとなるが、
板尾と関係を持った少女自身が別件で補導された際に板尾との関係を切りだし、
板尾に対して18歳以上であると偽って交渉し、
18歳未満である事を知らずに同意の上関係を持った事や
松本人志の働きかけもあってプロダクションの専属契約解除までには至らず、
その結果年内いっぱいの芸能活動を謹慎する処分を受けるに留まった。”


※一部改変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)