【逮捕?】2PM,Jun.Kの起訴理由!現在の彼女は?怪我で兵役免除?

こんにちは坊主です!!

今回は、『Jun.K(ジュンケイ)』さんを取り上げます。

彼といえば、世界各国で絶大な人気を誇る男性アイドルグループ「2PM」のメンバーとしてその名前を広く知られています。

彼は、韓国の大手芸能事務所「JYPエンターテイメント」に所属しており、2010年9月に日本デビューを果たします。

デビュー後は、その圧倒的な歌唱力とダンススキルで女性からの高い支持を集め、韓国や日本、アメリカなどでも人気を誇ります。

彼は、同グループにメインボーカルとして活動し、2012年10月に「ジュンス」から「Jun.K」に変更し、活動の幅を広げました。

そんな人気を誇る彼が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは、彼が起訴されたと報じられたのです。

なぜ彼は、起訴されてしまったのでしょうか?

そこで彼の起訴理由について調査してみました。

スポンサーリンク



逮捕?2PM,Jun.Kの起訴理由!

冒頭でも掲載していますが、彼は起訴されたと報じられ、世間の注目を集めています。

そこで彼の起訴された理由を調査したところ、2018年2月10日に韓国ソウル市江南区の道路で飲〇運手の容疑で警察に摘発され、同年2月13日に在宅起訴されている事が判明しました。

この事について、2018年2月13日に配信された『WoW!Korea』は次のように報じています。

“韓国ボーイズグループ「2PM」メンバーのJun.K(30)が
飲〇運転をして警察に摘発された。

ソウル江南(カンナム)警察署は、
道路交通法違反(飲〇運転)容疑で在宅起訴したと13日に明らかにした。

警察によると、
Jun.Kは10日午前7時頃、
ソウル市江南区の道路で飲〇運転をしていて警察の取り締まりで摘発されたという。

当時、
Jun.Kの血中アルコール濃度は0.074%で免許停止レベルだった。

Jun.Kは飲〇運転の取り締まりに素直に応じたという。

警察は日程を調整次第、
Jun.Kを呼んで具体的な経緯を調査する予定。”

同誌が掲載している通り、彼は2018年2月10日に飲〇運転の容疑で警察に摘発されています。

またこの報道を受けて、一部ネット上では逮捕されたと噂されていますが、今回の事件は逮捕されたとは報じられていないため、ネット上の噂は誤りであることが判明しています。

彼は2018年2月10日に摘発され、その後同年2月13日に在宅起訴されています。

スポンサーリンク



Jun.Kの現在の彼女は?

上記で記した通り、彼は2018年2月13日に飲〇運転で在宅起訴され、世間の注目を集めていますが、ネット上ではやはり、彼女の存在について関心が集まっています。

彼には、2018年現在、交際中の彼女は居るのでしょうか?

そこで彼の彼女について調査しましたが、2018年2月13日に現時点で、彼の熱愛が報じられた形跡はありません。

また彼の彼女の調査に伴い、彼は2016年8月当時、自身の恋愛について、以下のように明らかにしています。

“ソロ活動をスタートした2PMのJun. Kが恋愛に対する責任感について明かした。

Jun. Kは最近tbc交通放送FM「ペ・ギソンの頑張れ2時」にゲストとして出演し、
「実は日本で先にソロアルバムを発売した」とソロアルバムについて紹介した。

(中略)

ペ・ギソンは

「(同じ事務所の後輩である) バーナード・パクさんは2年間恋愛禁止で、
ペク・アヨンさんはむしろ事務所から恋愛を勧めているらしいけど、
Jun. Kさんはどうか?」

と恋愛について質問した。

Jun. Kは

「僕はもう恋愛しようがしないが、
事務所は一切口出ししない。

なぜかというと、
デビューしたのがもう昔のことだからだ。

放送局に行っても、
僕が一番年上で、
一番先輩だ。

最近音楽番組の撮影に行くと(若い後輩たちが多くて) 驚いている」

と明かした。

続いて彼は「今彼女はいるのか?」という質問を受け、

「最近恋愛はしていない。

(年をとるにつれ) 責任というのは何なのか、
考えるようになる。

誰かに心をあげ、
(付き合うのも僕が) 責任を取らなきゃいけないし、
もう入隊も控えているので(恋愛していない)」

と告白した。”


※2016年8月23日配信『Kstyle』より引用。

同誌が掲載している通り、彼は2016年当時、恋愛には責任があるとし、兵役などを理由に恋愛からは遠ざかっていると明らかにしています。

そして、2018年2月現在でも熱愛が報じられた形跡はないため、彼には彼女はおらず、独身である可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク



Jun.Kは怪我で兵役免除?

上記で記した通り、彼は兵役などを理由に恋愛から遠ざかっている事を明らかにしていますが、ネット上では、彼は怪我で兵役を免除されたと噂されています。

韓国では、徴兵制というものがあり、30歳の誕生日までに韓国軍に入隊しなくてはならないとされています。

この徴兵制には様々な規則がありますが、韓国の男性は、満18歳で徴兵検査対象者となり、芸能界で活動する人も対象になります。

その制度を彼は、怪我のため免除されたと噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、彼は2017年2月26日に開催されたコンサートで怪我をしている事が判明しました。

この事について、2017年2月27日に配信された『Kstyle』は次にように報じています。

“27日、
JYP側は公式報道資料を通じて

「26日に開催された2PMのコンサート『6Nights』でメンバーのJun. Kが
ステージの下に転〇する事故があった。

すぐに公演を中止し、
Jun. Kは病院に運ばれて精密検査を受けた」

と明かした。

また

「検査の結果、
右肘と右手の薬指が骨〇しており、
必要な治療を受けた。

現在、
経過を見守っている」

と伝えた。”


※一部改変。

同誌が掲載している通り、彼は2017年2月27日に行われたコンサートで怪我をした事を報じています。

2017年当時彼は、29歳であり、一部ネット上では、この怪我が理由で兵役を免除されたと噂されていますが、彼の兵役は免除されたという報道はありません。

また彼の入隊日について調査したところ、ウェブサイト『KONEST』には以下のように掲載されています。

“2PM
Jun.K 入隊日未定”


※2018年2月12月現在

同サイトに掲載されている通り、入隊日未定となっています。

その事から、彼の兵役は免除ではなく延期である可能性が高いと思われます。

従ってネット上で噂されている事は、誤りである事が判明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)