【死因:胃がん】遠藤賢司が死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?江頭2:50の関係やWiki経歴,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『遠藤賢司(えんどうけんじ)』さんを取り上げます。

彼といえば、日本を代表するフォークミュージシャンとしてその名前を広く知られてます。

彼は、アメリカのミュージシャン「ボブ・ディラン」氏に触発され音楽を始め、1960年代後半にフォークミュージシャンとしての頭角を現します。

彼の代表曲といえば、「ほんとだよ/猫が眠ってる」や「カレーライス」、「不滅の男」等が有名であり、また漫画家「浦沢直樹」氏が原作で実写映画化された「20世紀少年」の主人公・ケンヂのモデルとなっており、様々なジャンルの方達から支持されていました。

そんな彼がここに来て注目を集める出来事が報じれました。

それは彼の訃報です。

彼は、2016年6月にがんを公表し、闘病生活を続けていましたが、2017年10月25日に胃がんのため死去した事が報じられ世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな彼について調査してみました。

スポンサーリンク



遠藤賢司が死去!死因は胃がん

冒頭でも掲載しましたが、彼は2016年6月頃より胃がんを患い闘病生活を続けていましたが、2017年10月25日に入院していた都内の病院で死去した事が報じられ世間の注目を集めています。

この事について、2017年10月25日に配信された『ORICON NEWS』は次のように報じています。

”胃がんで闘病中だったシンガー・ソングライターの遠藤賢司さんが、
25日早朝都内の病院で亡くなった。

70歳だった。

同日、
遠藤さんの公式サイトで訃報が伝えられた。

遠藤さんは10月19日に
大阪で開催予定だったライブを体調不良で中止し、
振替公演の実施を目指していたが復帰はかなわなかった。

(中略)

「本人に代わって、
長年、
みなさまには遠藤賢司の音楽に
ご支援いただいたことに改めて感謝いたします。

葬儀は本人の意向を尊重し家族だけで執り行い、
年明けには、
音楽葬を行う予定です」”

同紙が掲載している通り、2016年より胃がんを発症し闘病生活を続けていましたが、2017年10月25日に都内の病院で死去した事を報じています。

また今回の訃報を受けて、彼の私生活に関心が集まっています。

彼は結婚していて、家族は居るのでしょうか?

そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



遠藤賢司の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

上記でも掲載しましたが、今回の訃報で彼の私生活について感心が集まっています。

そこで彼の私生活について調査しましたが、Wikipediaや公式ブログなどには家族に関しての記述はされていません。

しかし、上記で引用した「ORICON NEWS」には、葬儀を執り行うのは家族だけと掲載している事から、彼はすでに結婚していて、子供が居る可能性が高いと思われます。

また彼の年齢(70歳)を考えれば、妻や子供が居ても不思議ではありません。

しかし、ネット上では彼が結婚したという情報や子供が誕生したという報道はないため、家族に関しての有無は不明です。

詳細な情報が入り次第、随時記事を追記していきます。

スポンサーリンク



遠藤賢司と江頭2:50の関係やWiki経歴あり!

今回の訃報で、世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では、お笑い芸人「江頭2:50」さんとの関係に関心が集まっています

また江頭さんといえば、芸能事務所「大川興業」に所属し、エガちゃんの愛称で人気を博しています。

彼の芸風は、過激なものであり、度々物議を醸しています。

そんな江頭さんと彼はどういった関係なのでしょうか?

そこで、2人の関係について調査したところ以下の事が判明しました。

彼は江頭さんの大ファンであり、度々自身のライブに江頭さんを招いていた事が判明しました。

また公私共に親交があり、2008年の江頭さんの誕生日には、自身が演奏したミュージックビデオを送るなど親交を深めていました。

この事について、彼のWikipediaには以下のように掲載されています。

”遠藤 賢司(えんどうけんじ、
1947年1月13日-2017年10月25日)は、
茨城県ひたちなか市出身・東京在住のシンガーソングライター・ミュージシャン。

自称「純音楽家」。

愛称は「エンケン」。

(中略)

茨城県勝田市(現ひたちなか市)に生まれ、
県内各地を転々として育つ。

茨城県立太田第一高等学校卒業後に上京。

東京で浪人生活を送る中で聴いたFENから流れてくる
ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」に触発され、
明治学院大学進学後に自身も歌とギターを始め、
1960年代後半のフォークシーンで頭角を現すようになる。

高田渡、
南正人らと東京でアマチュアシンガーとして交流。

(中略)

2007年11月、
自らのライブにゲストとして江頭2:50を招いた際、
演奏と会場の雰囲気で興奮状態になった江頭が
ステージ袖にあった遠藤のものと見られるギターを叩き壊し始めたが、
青ざめるスタッフを横目に遠藤本人は大笑いしながら演奏を続けた。

江頭のことは「純芸人」として好感を抱いており、
2008年の江頭の誕生日には自らドラムとギターを
演奏したシーンを収めたビデオを
江頭への熱いメッセージボードとともに誕生日プレゼントとして送っている。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)