【反日活動?】キム・テヒが妊娠!結婚相手は?馴れ初めは?

こんばんは『坊主(ボウズ)』です!!

今回は、韓国の女優『キム・テヒ』さんについて投稿します。

彼女は、韓国で最も美しいと称されている蔚山(ウスサン)出身の女優です。

彼女が日本で有名になったのは

「冬のソナタ」で有名になった女優「チェ・ジウ」出演作として『天国の階段』
2004年から2005年にかけて放送され一躍有名になる。

2006年、日本コカ・コーラ「新・爽健美茶」のCMに起用。

2011年、ファッション雑誌『25ans』の表紙モデルに起用される。

同年、フジテレビ系『僕とスターの99日』で主演を務める。

今回は、そんな彼女について調べてみました。

スポンサーリンク



キム・テヒが妊娠!結婚相手は?馴れ初めは?

彼女は、2017年1月17日に結婚を発表しています。

彼女の結婚相手は、歌手・俳優の「RAIN(ピ)」さんです。

彼女と彼の馴れ初めについて2017年1月17日に配信された
『Kstyle』にこう掲載されています。

” 結婚を発表した韓国の俳優で歌手のRAIN(ピ) と女優のキム・テヒは、
2011年にあるネット通販会社の広告モデルとして共演したのが初対面だった。

広告業界のある関係者は、
当時2人がやけに照れくさがり、
異性として互いに好感を抱いているのを感じたという。

先に好意を示し、
アタックしたのはRAINだった。

2012年にキム・テヒに連絡を取り、
同年の秋から2人の仲は恋愛関係に発展した。

交際の事実が公になったのは2013年1月1日だった。

当時2人の所属事務所は
「付き合って1ヶ月ほどになる」と交際を認め、
それ以降、芸能界公認のスターカップルになった。

焼肉店などで食事する飾らない姿が目撃され、
中国・上海でデートしたと伝えられたこともあった。

RAINは公式インタビューでも
「彼女(キム・テヒ) は辛い時に力になってくれ、
信じてくれる義理堅い人」と紹介した。

2人に近い関係者は
「実は何度か具体的な結婚の計画を立てていた」とし、
「(結婚式を) 海外でするか、
(カトリック教会の) 聖堂でするかを迷っていたが、
お互いのスケジュールが合わず結局延び延びになった」と語った。

RAINがこのほど発表した新曲
「最高のプレゼント」(原題) は
キム・テヒに向けたプロポーズソングだと伝えられ、
新曲の活動が終われば結婚するのは既定路線となった。

RAINの所属事務所関係者は
「RAINがきょう午前に突然会議を開き、
結婚を発表した」と話し、
「RAINは2月にスケジュールは入っていないが、
現在結婚(式) の場所と日取りを決めているところ」だと伝えた。”

と掲載されています。

また、この結婚発表の4ヶ月後に彼女の妊娠が報じられました。

この事について、2017年5月23日に配信された
『ソウル聯合ニュース』にこう掲載されています。

”今年1月に韓国の俳優で歌手のRAIN(ピ)さんと
結婚した女優のキム・テヒさんが現在妊娠15週であることを、
キムさんの所属事務所が23日発表した。

所属事務所は
「妊娠初期のためしばらくは気をつけて過ごさなければならないが、
応援してくれる皆さんに先に報告したかった」と発表の理由を説明した。

また、
「今後は胎教に専念し、
妻として母として一生懸命準備する予定」という。”

と掲載されています。

この報道に、韓国はもとより日本でも祝福の声が続々と上がっています。

以下ネットの反応。

”おめでとうー!!

美男美女の子供かー

お幸せに!!

絶対(子供)かわいいよ”

などとコメントが掲載されています。

スポンサーリンク



反日活動?

彼女は以前参加した「スイス親善文化大使」の任命式で
反日活動をしたという噂が囁かれています。

この事について、彼女のWikipediaには
こう掲載されています。

”キム・テヒは弟のイ・ワンとともに
スイスの政府観光局からスイスフレンズに選ばれ
2月17日に任命式が行われた。

“独島は我らの領土”と書かれたTシャツを着たり配ったりしながら
竹島の韓国領宣伝を行う予定であると韓国の複数メディアが報じた。

また韓国のインターネットメディア、
マイデイリーによると、
キャンペーンを実施する事に関してキム周辺は
竹島問題は敏感な問題であるだけに引き止めたが、
キムが側近を通じて
「ファンたちの愛を受ける芸能人として報いることができる道は、
演技だけではなく、
ファンが期待することに参加するのも重要なことだと思う」
と明らかにしたという。

マイデイリーは、スイス訪問後の同年5月11日に、
スイスから韓国に帰国したキム・テヒの空港取材として
「4月30日から十日間、
“独島は我らの領土”と書かれたTシャツを着て、
さまざまなキャンペーンへの参加とインタビューを行い
“竹島は我らの領土”だとアピールした。」と報道した。

また英字紙のコリア・ヘラルドも
キムが「独島主権」をテーマにした音楽CDと
「独島は我々の土地」と書いてあるTシャツをスイスで配ったと報じた。

その後日本のネット上でキム・テヒが
「スイスで独島だけでは無く対馬や台湾も韓国の領土だ。
日本メディアのインタビューも受けたくない」
と主張したとの話が広がり、

反日女優は日本に来るなと反発を受けたが、
経済紙のマネートゥデイは同年の7月11日に、
キムの所属事務所の関係者の言として
「スイス親善文化大使として活動した際に
独島愛キャンペーンを展開したのは事実だが、
対馬や台湾、インタビューの話などは主張しておらず、
誤解のようだ。

また、キャンペーン自体は領土取得をアピールしただけだった」
との主張を伝えている”

と掲載されています。

しかし、彼女のWikipedia内にはこうも掲載されています。

”2011年東日本大震災の際には、
日本赤十字社に700万円(1億ウォン)の義援金を寄付した。

日本の調査に関するインタビューで、
「時間を守るところ」「徹底した準備」が日本の長所だと答えている。

いっぽう、ネット上の「日本嫌い」が噂される一方、
本人は「日本は好きな国」
「今後も日本で活動したい」と発言がある。”

と掲載されています。

スポンサーリンク



まとめ

今回は、女優のキム・テヒさんについて投稿しました。

彼女の妊娠報道にネット上に祝福のコメントが溢れていてました。

また、彼女の反日活動についてですが
確かに、スイスで活動を行った事は事実です。

しかし、彼女は上記で引用した通りの事を行ったのも事実です。

彼女は、反日なのか親日なのかについては
詳細は不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)