【離婚理由】西村和彦と嫁の書道家,國重友美の馴れ初めや子供は?実家はうどん屋?

こんにちは坊主です!!

今回は、『西村和彦(にしむらかずひこ)』さんを取り上げます。

彼といえば、日本を代表する演技派俳優としてその名前を広く知られています。

彼は、京都市立日吉ヶ丘高校時代に俳優なる事を志し、日本大学藝術学部映画学科中退し、俳優養成所の一期生となり、そのキャリアをスタートさせます。

その後、1988年に特撮ドラマ「超獣戦隊ライブマン」のイエローライオン役で本格的に俳優としてデビューし、人気を博します。

デビュー後は、シリアスな役やコミカルな役など幅広い役柄を演じ、カメレオン俳優と賞賛され、現在の地位を築きました。

また彼は、バラエティ番組にも数多く出演し、その親しみやすいキャラクターで幅広い年齢層から高い支持を得ています。

私生活では、2006年5月に書道家の「國重友美(くにしげともみ)」さんと結婚し、2児の父親となり私生活や芸能生活を充実させています。

そんな彼が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の離婚報道です。

彼は2015年1月に離婚していた事が判明し、世間の注目を集めています。

なぜ彼らは離婚に至ってのでしょうか?

そこで今回は、彼の離婚理由について調査してみました。

スポンサーリンク



西村和彦と嫁の書道家,國重友美の離婚理由

冒頭でも掲載しましたが、彼らは2015年1月に離婚していた事が報じられ世間の注目を集めています。

なぜ彼らは離婚に至ったのでしょうか?

そこで離婚理由について調査したところ、夫婦間のすれ違いによるものだと判明しました。

この事について、2017年12月29日に配信された『サンスポ』は次のように報じています。

“俳優、
西村和彦(51)が書家、
國重友美さん(39)と離婚していたことが28日、
分かった。

関係者によると、
2人は話し合いを重ね、
一昨年冬に離婚。

慰謝料などはなく、
2人の子供の親権は西村が持ち、
俳優業を頑張りながら、
シングルファーザーとして奮闘している。

(中略)

複数の関係者によると、
西村と國重さんは何度も話し合った結果、
一昨年冬に離婚。

2012年に國重さんが米国に拠点を移して創作活動を行うなど
長期間の“遠距離結婚”が続いた中で、
2人にすれ違いが生じたとみられる。

9歳の長男と8歳の長女の親権は西村が持ち、
慰謝料などもなく、
円満離婚だという。

西村は1996年に女優、
立原麻衣(47)と結婚も、
2005年1月に離婚。

今回でバツ2となった。

西村の所属事務所はサンケイスポーツの取材に離婚の事実を認め、

「お子さんたちのことがあるので、
そっとしておいていただければ幸いです」

とコメント。

別の関係者によると、
離婚をこれまで公表しなかったのは、
2人の子供の気持ちを第一に考え、
新生活が落ち着くタイミングを待っていたようだ。

西村と國重さんは05年夏にテレビ番組の共演で知り合い、
國重さんの個展に西村が訪れるなどして急接近。

06年5月に結婚した。”

同紙が掲載している通り、國重さんがアメリカに活動拠点を移した事で、夫婦間のすれ違いが生じたためであると報じています。

また彼は、1996年に女優「立原麻衣」さんとの離婚歴があり、國重さんとは再婚である事も判明しました。

2006年5月に国重さんと再婚後、長男と長女が誕生し、2児の父親となっていましたが、約10年間の夫婦生活に終止符を打ち、2015年1月に離婚に至っています。

スポンサーリンク



西村和彦と嫁の書道家,國重友美の馴れ初めや子供は?

上記で記した通り、彼らの離婚理由は判明しましたが、ネット上では、彼らが結婚に至った馴れ初めについても感心が集まっています。

上記で引用した「サンスポ」では、詳細な馴れ初めは掲載されていません。

彼らはどのような馴れ初めで結婚に至ったのでしょうか?

そこで彼らの馴れ初めを調査したところ、以下の事が判明しました。

彼らは、テレビ番組の共演がきっかけで知り合い交際に発展していますが、交際期間は2ヶ月であり、わずか3回会っただけで、結婚に至っています。

この事について、2014年2月6日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

“俳優の西村和彦(47)が5日に放送された日本テレビ「ナカイの窓」に出演。

06年に結婚した書道家でタレントの國重友美(35)とは
交際2か月のスピード婚だったことを明かした。

“西村は

「付き合わずに結婚した。

3回会っただけ」

と自ら暴露した。

国重の27歳の誕生日にプレゼントを送り電話をした際、
交際を申し込むと国重は絶句。

西村はすぐに国重が住む山口へ飛行機で向かい、
改めて告白すると

「結婚前提ですよね?」

と釘を刺されたという。

西村がうなずくとその後はとんとん拍子。

2か月後には結婚したという。

「うちもダディと一緒で結婚してから恋愛が始まった」と話し、

交際期間が短かった分

「だからけんかがすごい」

と苦笑いを浮かべた。

同紙が掲載している通り、彼らの交際期間はわずか2ヶ月でスピード結婚である事が報じています。

その後、2008年に第1子である長男が誕生し、翌年2009年に第2子長女が誕生しています。

またネット上では、彼らの子供達に関心が集まっていますが、彼らは子供の年齢と性別のみしか公表しておらず、顔や名前は非公表となっています。

しかし今後の活動によって、子供達の顔や名前を公表する可能性があります。

詳細な情報が公表され次第、随時記事を追記していきます。

スポンサーリンク



西村和彦の実家はうどん屋?

今回の報道を受けて、世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の実家についても感心が集まっています。

一部ネット上では、彼の実家は京都府にある老舗のうどん屋であると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、彼の実家は京都市伏見区深草の伏見稲荷大社境内にある四ツ辻茶屋「仁志むら亭」である事が判明しました。

この仁志むら亭は、甘味処でありながら、うどんやそばなどの食事も取れるところであり、地元の方や観光客から人気を博しています。

また彼は実家について、以前行われたインタビューで以下のように明かしています。

“実家は、
京都の伏見稲荷大社の境内で茶屋を営んでいます。

稲荷山の山頂へ向かう途中の四ツ辻と呼ばれる場所にあり、
「千本鳥居」という鮮やかな朱色の鳥居をどんどん進んだ山のちょうど中腹あたり。

麓からゆっくり歩けば1時間くらいのところでしょうか。

1階は「仁志むら亭」という茶屋で2階が住まいでした。

私が子どものころは、
そこに祖父、
祖母、
父、
母、
兄、
姉、
2人の叔母と私の9人で暮らしていました。

(中略)

創業して150年ほど経つ店なので、
建物もとても古いんです。

昔の造りですから階段がかなり急で、
子どものころはよく足を踏み外していました。

当時、
風呂は五右衛門風呂で、
店から出た使用済みの割りばしを薪代わりに
風呂を沸かすのが私の役目でした。”


※2014年9月16日配信『インタビュー 私のいえ~すまいの履歴書~』より引用。

同サイトに掲載されている通り、彼の実家は、創業150年の老舗茶屋である事を明かしています。

ネット上で噂されているうどん屋というのは、少し誤りがありますが、ほぼ事実であると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)