【一億円拾得事件の孫】夫婦のじかんの大貫幹枝が子供を妊娠!結婚した旦那,山西章博の馴れ初めは?

こんにちは坊主です!!

今回は、『大貫幹枝(おおぬきみきえ)』さんを取り上げます。

彼女といえば、吉本興業所属の夫婦お笑いコンビ「夫婦のじかん」のメンバーとしてその名前を広く知られています。

また彼女は、同コンビを結成する以前は、相方「おやき」さんとお笑いコンビ「タカダ・コーポレーション」を結成し、ツッコミを担当していました。

同コンビは過激な芸風で人気を博し、世間の注目を集めていましたが、相方「おやき」さんが同事務所を退社した事で事実上の解散となっています。

私生活では、2015年に同事務所所属のお笑い芸人「山西章博(やまにしあきひろ)」さんと結婚を発表し、お笑い芸人同士の結婚で当時は話題を呼びました。

また「山西」さんも同様に、以前はトンファーというお笑いコンビを結成し活躍していましたが、2016年にコンビを解散しています。

その後、2人は結婚し、夫婦お笑いコンビ「夫婦のじかん」を結成。

そんな経歴を持つ彼女ですが、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは、彼女の妊娠です。

彼女は、2017年10月23日に自身のブログで第1子を妊娠した事を発表し世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな彼女について調査してみました。

スポンサーリンク



夫婦のじかんの大貫幹枝が子供を妊娠!

冒頭でも掲載しましたが、彼女は2017年10月23日に自身のブログで第1子妊娠を発表し世間の注目を集めています。

この事について、2017年10月23日に配信された『ORICON NEWS』は次のように報じています。

”お笑いコンビ「夫婦のじかん」の大貫さん(本名:大貫幹枝・36)が23日、
自身のブログを更新し、
第1子を妊娠したことを発表した。

同コンビは、
2015年に結婚した元タカダ・コーポレーションの大貫さんと、
元トンファーの山西章博(34)による夫婦コンビ。

大貫さんは

「私事ですが、
この度新しい命を授かりました。

出産までは不安もありますが、
もうすぐ6ヶ月ということもありお腹も目立ち始め、
このまま何も触れずにネタをやり続けるのにも無理が出てきたため、
ご報告させていただきました」

と報告。

安定期に入るまで発表していなかったため

「関係者各位の皆様にお伝えすることができなかったため、
いくつかお断りせざるを得ないお仕事もありまして、
申し訳ございませんでした」

と謝罪。

今後は

「出産までは仕事を続けて行く予定です」

とし、
出産直後は

「少しの間、
夫の山西1人での活動になりますが、
関係者の皆様、
是非お仕事をよろしくお願いいたします」

と呼びかけている。”

同紙が掲載している通り、彼女の第1子妊娠を報じています。

また今回の妊娠報道を受けて、彼女と夫である山西さんとの馴れ初めについて感心が集まっています。

2人はどういった馴れ初めで結婚に至ったのでしょうか?

そこで、今回は2人の馴れ初めについて調査してみました。

スポンサーリンク



大貫幹枝と結婚した旦那,山西章博の馴れ初めは?

上記でも掲載しましたが、今回の妊娠報道を受けて、ネット上では2人が結婚に至った馴れ初めについて感心が集まっています。

2人は馴れ初めを公表しているのでしょうか?

そこで、馴れ初めについて調査しましたが、ネット上では詳細な情報は得られませんでした。

しかし、彼女らは吉本総合芸能学院(NSC)在学中から交際しており、その交際期間は10年間に及ぶものであり、交際は公にていなかったものの、2012年に山西さん出演してたトークライブで同期にバラされ、交際が発覚しています。

またこのことにより、2人の交際が世間の注目を集め、当時のYAHOO!ニュースのトップ記事となりました。

この事について、山西さんのWikipediaには以下のように掲載されています。

”同期芸人であるタカダ・コーポレーションの大貫と交際している。

このことを8年隠していて結婚等のタイミングで報告しようとしていたが、
同期の芸人にライブでドッキリをされ、
一方的にバラされた。

ライセンスの井本貴史には
大貫との交際を公になる前から報告していて黙ってもらっていたため、
勝手に同期にバラされてしまったことが井本にネット番組の生放送中に知られることとなり、
驚いた井本が本番中に山西へ生電話。

このことにより、
大貫との交際がyahoo!ニュースのトップ記事となる。”

同サイトの通り、上記のようなエピソードが判明しました。

スポンサーリンク



大貫幹枝は一億円拾得事件の孫

今回の妊娠報道で世間の注目を集めている彼女ですが、素性調査に伴い、1980年に起きた一億円拾得事件の孫である事が判明しました。

この事件とは、1980年4月25日に東京都中央区銀座で一般の方が1億円を拾った事件であり、2017年現在でも落とし主が不明となっています。

その1億円を拾った人物が彼女の祖父「大貫久男(おおぬきひさお)」さんであり、彼女は孫に当たります。

この事について、一億円拾得事件のWikipediaには以下のように掲載されています。

”1980年4月25日、
トラック運転手である大貫久男(おおぬきひさお)が
東京都中央区銀座3丁目の道路脇で現金1億円入りの風呂敷包みを発見。

拾得物として警察に届け出た。

落とし主が現れなかったため旧遺失物法に基づき6ヶ月
(当時、2007年12月以降は原則3ヶ月)の届け出期間を経て同年11月9日、
全額の所有権を取得。

11月11日、
1億円を受け取った。

うち所得税法第34条による一時所得として
所得税約3,400万円を納付した。

当時○迫やいやがらせを受けており、
受理の際は日課の早朝ジョギングを装って自宅を出発し、
防弾チョッキで身を固めていた。

(中略)

大貫の孫である大貫幹枝は
よしもとクリエイティブ・エージェンシーのお笑いコンビ、
タカダ・コーポレーションのツッコミ役として活動している。”


※一部改変

同サイトの通り、彼女は一億円拾得事件の孫だという事が判明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)