【死因:病気】大杉漣が死去!結婚した嫁,弘美の馴れ初め!子供(息子,娘)の現在は?

こんにちは坊主です!!

今回は、『大杉漣(おおすぎれん)』さんについて取り上げます。

本名「大杉孝」。

彼といえば、日本を代表する俳優としてその名前を広く知られており、2018年現在、「ザッコ」に所属し活躍しています。

彼は、1973年に芸団員の研修生として俳優としてのキャリアをスタートさせます。

1989年にVシネマなどに出演し、その強面な風貌と演技力で一躍注目を集め、1993年に公開された北野武監督の「ソナチネ」で一躍知名度を上げました。

この出演できっかけで彼の俳優としての演技力が評価され、以後、数々のテレビドラマや映画、舞台などに起用される事となります。

2018年現在では、俳優業意外にもバラエティ番組に精力的に出演し、その強面のギャップからくるキャラクターで幅広い年齢層から高い支持を得ていました。

プライベートでは、サッカー好きであり、出身地である徳島県を拠点とする「徳島ヴォルティス」の熱狂的ファンとして知られ、撮影の合間に抜け出し、観戦するなどのエピソードがあります。

また彼は、ペット好きである事も知られ、自宅ではスコティッシュフォールドの「トラ」とチワワの「風(ふう)」を飼っている事で有名です。

そんな人気を誇る彼が、ここに来て注目を集める出来事が報じれました。

それは、彼の訃報です。

彼は、2018年2月21日に死去したと報じられ、世間の注目を集まっています。

そこで今回は、彼について調査してみました。

スポンサーリンク



大杉漣が死去!死因:病気

冒頭でも掲載しましたが、彼は2018年2月21日に死去したと報じられ、世間の注目を集めています。

また彼の死因について調査したところ、「急性心不全」である事が判明しました。

この事について、2018年2月21日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

“「ソナチネ」や「HANA-BI」など、
北野武監督(71)の映画をはじめ、
数多くの作品で存在感を示した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、
本名大杉孝=おおすぎ・たかし)さんが21日、
急死した。

66歳。

徳島県小松島市出身。

所属事務所が

「弊社所属の大杉漣が、
2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」

と公式ホームページで発表。

葬儀は本人、
家族の意向により親族のみで執り行うとし、

「これまでお世話になりました共演者、
スタッフならびに関係者、
応援してくださったファンの皆様におかれましては、
生前のご厚誼を深謝いたしますとともに、
謹んでお知らせ申し上げます」

と記した。”

同誌は掲載している通り、彼は2018年2月21日に急性心不全のため、66歳という若さで死去してしまいました。

また今回の報道を受けて、彼が患っていた病気「急性心不全」についても関心が集まっています。

急性心不全とは、いったいどういった病気なのでしょうか?

そこでこの病気について調査したところ、以下の事が判明しました。

この心不全とは、心臓のポンプとしてのはたらきが急激に低下し、全身の血液の流れが滞る状態を指します。

原因としては、様々ありますが、最も多い原因は、心筋梗塞などの心疾患が多いとされています。

この事について、ウェブサイト『YAHOO!ヘルスケア』には、以下のように掲載されています。

“心臓のポンプとしてのはたらきが急速に低下して、
全身の血液の流れが滞る状態(うっ血)です。

原因は何か

最も多い原因は、
急性心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性(きょけつせい)心疾患です。

ほかの原因としては
拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)、
心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、
高血圧性心疾患、
先天性心疾患、
甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)などがあります。

急性心筋梗塞では突然に発症することが多いのですが、
その他の病気では慢性に続いている心不全が急速に悪化して
急性心不全になることがあり、
慢性心不全の急性増悪(ぞうあく)と呼ばれます。

このような場合は、
心不全を悪化させる誘因がはたらきます。”

同誌が掲載している通り、彼はこの病気を患い、66歳という若さで死去してしまいました。

スポンサーリンク



大杉漣と結婚した嫁,弘美の馴れ初め!

今回の訃報で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では私生活についても関心が集まっています。

彼は、私生活を公表しているのでしょうか?

そこで彼の私生活を調査したところ、1982年に妻「弘美」さんと結婚している事が判明しました。

彼らは、下積時代の劇団に所属していた時に知り合い、交際に発展しています。

その後、長期の間、同棲生活を送り、同棲8年目に妊娠が発覚し、結婚に至っています。

このエピソードは、2016年6月12日に日本テレビ系で放送された「行列のできる法律相談所」内で自身の口から明かされたエピソードです。

この事について、ウェブサイト『TVでた蔵』には、以下のように掲載されています。

“大杉漣は強面役から優しい父親役まで演じる個性俳優で、
41歳の時に北野武監督の目にとまって映画「ソナチネ」に出演。

そんな大杉が嫌われているかもと思っているのが家族で、
結婚前に大杉はバイトで稼いだ金をパチンコにつぎ込んでいたため家賃を滞納。

同棲生活8年目に弘美さんが妊娠し、
2人は晴れて結婚した。

弘美さんはスーツでも新調してと5万円を渡すも、
大杉はパチンコに費やした。

3年後に長女が誕生し、
弘美さんは子どもを預けて仕事を掛け持ち。

大杉は弘美さんが稼いだ貯金をパチンコに使うこともあり、
こんな自分を支えてきてくれた理由を妻には未だに聞けないという。”

同サイトに掲載している通り、上記のような馴れ初めで結婚に至っています。

またネット上では、彼らの子供についても関心が集まっています。

一部ネット上では、彼らには1男1女が誕生しており、息子さんは有名なカメラマンだと噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこで今回は、彼らの子供について調査してみました。

スポンサーリンク



大杉漣の子供(息子,娘)の現在は?

上記で記した通り、彼は妊娠が発覚した事で結婚していますが、娘さんは2018年現在、いったいどのような活動を行っているのでしょうか?

そこで彼の娘さんについて調査したところ、2016年3月19日に日本テレビ系で放送された「メレンゲの気持ち」で娘さんについて明らかにしています。

娘さんの名前は「そら」さんといい、2016年当時は、東京都幡ヶ谷のイタリアンの店「Fritto」に勤めており、パティシエを目指していると明らかにしています。

この事について、ウェブサイト『TVでた蔵』には以下のように掲載されています。

“大杉漣は、
娘の「そら」さんが幡ヶ谷のイタリアンの店「Fritto」に勤めていてパティシエを目指している、
家で試験的に食べたりする、
と話した。”

同サイトに掲載されている通り、娘の「そら」さんは現在、パティシエを目指し、修行中であると明らかにしています。

しかし娘のそらさんは、一般の方という事もあり、顔などの素性は公表されておらず、不明となっています。

また息子「大杉隼平(おおすぎしゅんぺい)」さんは、2018年現在、プロのカメラマンとして活動しています。

隼平さんは、2004年からロンドン芸術大学で写真とアートを学び、帰国後の2008年から彼が所属している「ザッコ」に所属し、雑誌やテレビ、広告などを手掛けています。

また2011年3月11日に発生した東日本大震災後に、「Leaves Work」という団体を立ち上げ、全国で写真展を開催。

私生活では、すでに結婚していることを公表していますが、結婚時期や妻の素性は公表されておらず、詳細な情報は不明となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)