【死因:病気?】小曽根実は死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?ジャズバーは何処?

こんにちは坊主です!!

今回は、『小曽根実(おぞねみのる)』さんを取り上げます。

彼といえば、兵庫県神戸市出身のジャズピアニストとしてその名前を広く知られいます。

彼は、幼少期の頃より、ピアノを始めそのキャリアをスタートさせ、関西大学在学時にジャズ演奏ユニットを立ち上げます。

その活動と共に、テレビ番組での演奏を担当し、読売テレビで放送されていた「11PM」では9年間という長期に渡り出演し、人気を博していました。

そんな彼がここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは、彼の訃報です。

彼は、2018年2月16日に死去していた事が報じられ、世間の注目を集めています。

そこで今回は、彼について調査してみました。

スポンサーリンク



小曽根実は死去!死因は病気?

冒頭でも掲載しましたが、彼は2018年2月16日に死去していた事が報じられ、世間の注目を集めています。

この事について、2018年2月16日に配信された『神戸新聞NEXT』は次のように報じています。

“神戸のジャズ界を支えてきた
ピアニスト・オルガン奏者の小曽根実さんが亡くなっていたことが16日、
分かった。

83歳。

神戸市須磨区出身。

小学生のころから独学でピアノを始め、
関西大学在学中からピアニストとして活動。

読売テレビ「11PM」への出演をはじめ、
テレビの司会、

ラジオのパーソナリティーなどを多数務めた。”

同誌が掲載している通り、彼は2018年2月16日に死去している事が報じられています。

しかし同誌では、彼の死因についての言及はされていません。

彼の死因は公表されているのでしょうか?

そこで彼の死因について調査しましたが、2018年2月16日に現時点で、死因は公表されていません。

彼の年齢(83歳)を考えれば、何らかの病気を患っている可能性はあります。

しかし詳細な情報は公表されていないため、このような事を断定することは出来ません。

詳細な死因が好悪評され次第、随時記事を更新していきます。

スポンサーリンク



小曽根実の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

上記で記した通り、彼は2018年2月16日に死去していた事が報じられ、世間の注目を集めていますが、ネット上では私生活についても関心が集まっています。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで彼の私生活を調査したところ、彼には元タカラジェンヌの妻と2人の息子が居る事が判明しました。

この事について、ウェブサイト『KOBE DAYS.com』には以下のように掲載されています。

“神戸ジャズ界の“偉大なる父”、
小曽根実さんの登場です!

長男は世界的ジャズピアニスト・小曽根真さん、
次男はサックスプレイヤーの小曽根啓さん、
奥様は元・タカラジェンヌと、
音楽一家の父でもある小曽根さん。”

同サイトに掲載されている通り、彼には家族が居る事が判明しました。

また子供である長男「根真」さんは、世界的有名なジャズピアニストであり、1976年に若干15歳でプロデビューを果たしています。

次男「根啓」さんもサックス演奏者として活動しており、音楽一家である事が掲載されています。

しかし妻の素性は公表されていません。

そこで妻の名前を調査したところ、宝塚歌劇団42期生の「明津珠女(あきつたまめ)」さんである事が判明しました。

この事について、宝塚歌劇団42期生のWikipediaには以下のように掲載されています。

“明津珠女(あきつたまめ)

1月15日
兵庫県神戸市

岡山県立南海高等学校

ジャズピアニスト・ハモンドオルガン奏者・小曽根実夫人

息子はジャズピアニスト・小曽根真
サックス奏者・小曽根啓”

同サイトに掲載されている通り、彼の妻は元宝塚歌劇団に所属していた「明津珠女」さんである事が掲載されています。

また妻の本名や顔を調査しましたが、ネット上では詳細な情報は公表されていないため、不明となっています。

スポンサーリンク



小曽根実のジャズバーは何処?

今回の訃報を受けて、世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼は実業家としても活動していると噂されています。

一部ネット上では、兵庫県神戸市内でジャズバーを経営していると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、以下の事が判明しました。

彼は、兵庫県神戸市中央区で「m.m.Join(エム・エム・ジョイン)」というジャズクラブを経営していました。

しかし、1995年に起きた阪神淡路大震災で入居していたビルが損壊してしまい、閉店を余儀なくされてしまいます。

震災後は、「神戸ジャズは健在なり」をテーマに全国各地でコンサートを開催し、神戸ジャズを日本全国に広めました。

この事について、2016年6月19日に配信された『神戸経済ニュース』は次のように報じています。

“ハンター坂の2階には小曽根実さんが経営するジャズクラブ
「m.m.Join(エム・エム・ジョイン)」があった。

1995年の阪神大震災で入居していたビルが損壊。

震災後は「神戸ジャズは健在なり」をテーマに
全国各地でコンサートを開催。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)