【死因:心不全】声優,槐柳二が死去!結婚歴や家族(嫁,子供)やWiki経歴,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『槐柳二(さいかちりゅうじ)』さんを取り上げます。

彼といえば、テアルト・エコー所属の俳優や声優としてその名前を広く知られています。

彼の代表作品といえば、漫画家「赤塚不二夫」さん原作の人気アニメ「天才バカボン」の「レレレのおじさん」やアニメ監督「宮崎駿」さんの「天空の城ラピュタ」の老技師の声優としても知られています。

そんな彼がここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の訃報です。

彼は、2017年9月29日に「うっ血性心不全」のため死去していた事が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死因でもある「うっ血性心不全」とはいったいどのような病気なのでしょうか?

そこで今回は、彼の病気を調査してみました。

スポンサーリンク



死因:心不全 声優,槐柳二が死去!

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年9月29日に「うっ血性心不全」のため死去した事が報じられ世間の注目を集めてます。

この事について、2017年10月2日に配信された『日刊スポーツ』は次のように報じています。

”人気アニメ「天才バカボン」の登場キャラクター、
レレレのおじさん役などで知られる声優の槐柳二(さいかち・りゅうじ)さんが
9月29日午後1時30分に、
うっ血性心不全のため、
東京都小平市の病院で死去した。

89歳だった。

所属事務所によると、
葬儀は親族だけで行い、
後日、
お別れの会を開く。

喪主は長男太郎(たろう)氏。”

同紙が掲載している通り、彼はうっ血性心不全のため2017年9月29日に死去した事を報じています。

またこの訃報を受けて、彼の死因「うっ血性心不全」について感心が集まっています。

この病気はいったいとのような病気なのでしょうか?

そこでこの病気について調査したところ以下の事が判明しました。

このうっ血性心不全とは、心臓のポンプ機能が損なわれ、肺や末梢の組織にむくみが生じ息苦しく感じる症状をうっ血性心不全といいます。

この事について、ウェブサイト『YAHOO!ヘルスケア』は以下のように掲載されてます。

”心不全とは、
さまざまな原因により心臓のポンプ機能が損なわれた状態を指します。

心臓は全身に必要とする血液を送り出すポンプですが、
このポンプのはたらきが低下して肺や末梢の組織にむくみが生じて、
息苦しく感じるのがうっ血性心不全です。

うっ血性心不全の主な症状は、
呼吸困難です。

肺の病気でも呼吸困難の訴えは多いのですが、
心不全では肺のむくみに基づくため、
就寝後しばらくしてから苦しくなるという
″夜間発作性呼吸困難”や、
上半身を起こすと少し楽になるという
″起座(きざ)呼吸”の症状が特徴です。”

同サイトの通り、うっ血性心不全とは上記のような症状が現れるとされています。

彼はこの病気を患い、2017年9月29日に死去してしまいました。

スポンサーリンク



声優,槐柳二の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

今回の訃報を受けて、ネット上では彼の私生活について感心が集まっています。

上記でも引用した「日刊スポーツ」では、喪主を務めるのは長男の「太郎(たろう)」さんと掲載している事から彼に子供が居る事は明白です。

しかし、同紙には妻に関しての記述はされていません。

そこで、彼の妻について調査しましたが、ネット上では詳細な情報は得られませんでした。

また喪主というのは、一般的に血縁関係が近い人物が行うものとされています。

従って、彼の妻はすでに死去しているか、入院をしている可能性が高いと思われます。

しかし、彼の妻の情報はネット上に公表されていないため、真相は不明です。

また同紙には、長男と掲載されている事から彼には複数人の子供が居る事がわかります。

そこで、彼の子供達について調査しましたが、名前が明らかになっているのは長男の「太郎」さんのみでした。

スポンサーリンク



声優,槐柳二のWiki経歴あり

今回の訃報で世間の注目を集めている彼ですが、やはり多くの方が彼の経歴について感心が集まっています。

冒頭でも掲載しましたが、彼は人気アニメ「天才バカボン」の「レレレのおじさん」役で知られています。

また彼は劇団「テアトル・エコー」に所属し舞台俳優として活動しており、かつては同劇団付属の養成所の所長を務めていた経歴を持ち、「野沢直子(のざわなおこ)」さんやお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の「上島竜兵(うえしまりゅうへい)」さん、「寺門ジモン」さんを育成していたとされています。

この事について彼のWikipediaには以下のように掲載されています。

”早稲田大学を卒業後、
演出劇場、
劇団演出座を経て劇団テアトル・エコーに所属。

かつてはテアトル・エコー附属養成所の所長も務めており、
コント赤信号のメンバーや中村有志、
野沢直子、
ダチョウ倶楽部の上島竜兵や寺門ジモンを育てた。

晩年は朗読を中心に活動していた。

声優としては吹き替え草創期より活躍し、
若手時代から持ち前のしわがれ声を活かした老人役を得意とする。

老人役だけでなく中年男性や人以外のキャラクターも演じている。

ずっと老人役を引き受けていたため、
「ご先祖様」と呼ばれていたという。

テレビ朝日系の『大胆MAP』では『天才バカボン』のレレレのおじさんがランクインし、
顔出し出演をしている。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)