【娘に逮捕歴あり】日野皓正がビンタ!結婚歴や家族(嫁,息子)は?Wiki経歴,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『日野皓正(ひのてるまさ)』さんを取り上げます。

彼といえば、日本を代表するジャズ・トランペット演奏者として知られています。

彼は日本のジャズシーンの最先端を走り、日本はもとより世界各国から高い評価を得ている人物です。

そんな世界的にも有名な彼ですが、2017年8月20日に行われたコンサートで、男子中学生に暴○を行った事が週刊文春によって報じられ、注目を集めています。

今回はそんな彼について調査してみました。

スポンサーリンク



日野皓正がビンタ!

冒頭でも掲載しましたが、世界的に有名なジャズ・トランペット演奏者でもある彼が、2017年8月20日に東京都世田谷区で行われたコンサート「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」で、公募から集まった世田谷中学の生徒に対し、暴○した事が報じられ世間の注目を集めています。

この事について、2017年8月30日に配信された『週刊文春』は次のように報じています。

”8月20日、
「世田谷パブリックシアター」で行われた公演
「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」。

このコンサートは世田谷区教育委員会の主催で、
区が取り組む「新・才能の芽を育てる体験学習」の一環だ。

「約600人が入る会場はほぼ満席。

中学生の演奏が始まると、
会場は大いに盛り上がりました。

アンコールの後半、
ソロタイムで、
舞台の隅にいた日野さんが、
ドラムを叩く男の子に歩み寄って体○を加えた。

私を含め参加者は、
あまりに突然のことで何が起こったのか、
理解できませんでした」(参加者)

毎年、
公募で区内の中学生が集められ、
4カ月間、
日野氏をはじめとした数名の講師のもとで、
練習を積む。

そして8月のコンサートで、
その成果を発表する。

日野氏は第1回目から、
この中学生バンド「ドリームジャズバンド」の指導にあたっている。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼は自らが指導を行っている「ドリームジャズバンド」の男子生徒に対し、暴○・体○を行ったと報じてます。

また彼は2017年8月30日現在、海外に渡航中ということで男子中学生に対し暴○を行ったかという真相は明らかになっていません。

しかし暴○したというのは週刊文春が報じていることから事実だとわかります。

スポンサーリンク



娘に逮捕歴あり 日野皓正の結婚歴や家族(嫁,息子)は?

今回の事件で、世間の注目を集めている彼ですが、彼には結婚歴や家族はいるのでしょうか?

彼の私生活について調査したところ以下の事が判明しました。

彼には3度の結婚歴がある事が判明しました。

一度目の結婚は、彼が20歳の時に知り合った女性と結婚をしていますが、離婚をしています。

その後、彼は再婚を果たしていますがこれも離婚。

現在では、アメリカ人の妻がおり、再々婚をしています。

この事について彼のWikipedia内には以下のように掲載されています。

”私生活では20歳の時に知り合った恋人と
最初の結婚をする。

その後再々婚した現在の妻はアメリカ人。”

同サイトの通り、彼には3度の結婚歴があり、現在の妻はアメリカ人である事がわかります。

彼の現在の妻の素性を調査しましたが、一般女性という事もあり名前などの公表されていませんが、妻の画像を発見しました。

その妻の画像はこちら。

また彼の子供について調査したところ、彼には「良美(ろみ)」さんと「賢二(けんじ)」さんという2人の子供がいる事が判明しました。

そこで子供について、調査したところ娘の「良美」さんには逮捕歴がある事が発覚しました。

彼女の逮捕された理由に調査したところ、2009年に覚○剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されていた事が判明しました。

この事について、2009年8月15日に配信された『サンスポ』は次のように報じています。

”ジャズトランペット奏者、
日野皓正の娘で無職、
良美(ろみ)容疑者が14日、
覚○剤取締法違反(使用)容疑で、
警視庁愛宕署に逮捕された。

同署の調べによると、
良美容疑者が13日夜、
東京・浜松町の路上で不審な行動を取っていたところを
警ら中の同署員が見かけ職務質問。

言動がおかしかったことから署まで任意同行させ、
尿検査をしたところ陽性反応が出た。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼女は薬の使用で逮捕されていた事が判明しました。

その良美さんの素性について調査しましたが、一般の方ということもあり素性や顔画像の公表はされていませんでした。

次に息子「賢二(けんじ)」さんについてですが、賢二さんは2017年現在、父親である「皓正」さんが結成した「日野皓正 h FACTOR」のベーシストとして活動しています。

その他に賢二は、音楽プロデューサーとしても活躍し、2009年に彼が手掛けた「西野カナ」さんの楽曲「LOVE one.」は”100万枚”を超えるミリオンセラーとなりました。

また日本はもとより世界各国の様々な著名なアーティストのライブサポートやアレンジャーとして活躍しています。

この事について、日野賢二さんのWikipediaには以下のように掲載されています。

”日野賢二(ひの けんじ)は

「日野”JINO”賢二」の名称で日本を拠点に活動中のミュージシャン。

ベーシスト以外にはソングライター、
アレンジャー、
音楽プロデューサーとしても活動している。

(中略)

数々のアーティストのライブサポートならびに
アレンジャーやプロデューサーとしてBoyz II Men、
西野カナなど数々のレコーディング・ワークスで活動している。”

同サイトに掲載れている通り、賢二さんは様々な分野で活動していることがわかります。

スポンサーリンク



日野皓正のWiki経歴あり!

今回の事件で注目を集めている彼ですが、私生活に次いで経歴などに関心が集まっています。

今回は、彼の経歴について調査しました。

彼は1950年代前半に、「日本ジャズ学校」に通いトランペットを習いました。

その学校でトランペットの演奏技術を磨き、1964年にドイツ・ベルリンで開催された「ベルリン・ジャズ・フェスティバル」に出演し、その演奏で世界のジャズ界から注目を浴びます。

その後、日本以外にも世界各国でコンサートを開き、現在の地位を築いています。

また2004年には、数々の功績が認められ「紫綬褒章(しじゅほうしょう)」を授与されるなど彼の経歴は輝かしいものとなっています。

この事について彼のWikipediaは以下のように掲載されています。

”日野皓正(ひの てるまさ)

日本を代表する世界的なジャズ・トランペット(コルネット)奏者。

東京都生まれ。

2010年現在、
アメリカ・ニューヨーク在住。

1950年代前半に、
ティーブ・釜萢が設立した「日本ジャズ学校」に通い
トランペットを習った。

1964年、
白木秀雄クインテットに参加し、
その後ベルリン・ジャズ・フェスティバルに出演し
世界のジャズ界から注目を浴びた。

(中略)

1989年、
日本人ミュージシャンとしては
初めてブルーノート・レコードと専属契約する。

1996年、
有馬記念においてスタート前のファンファーレを担当。

2000年、
大阪音楽大学短期大学部客員教授就任。

2004年、
紫綬褒章を受章。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)