【緊急入院/病気】野際陽子の娘の現在は?若い頃はアナウンサー!画像あり

こんばんは『坊主(ボウズ)』です!!

今回は、女優『野際陽子(のざわようこ)』さんについて取り上げます。

彼女は、1936年1月24日生まれで、現在の年齢は81歳。

日本を代表する大女優として様々なテレビドラマや映画、舞台等で活躍しています。

現在では、テレビ朝日系で放送されている「やすらぎの郷」
井深凉子役で出演しています。

しかし、そんな彼女が体調を崩し、緊急入院していた事がわかりました。

今回は、彼女について調べてみました。

スポンサーリンク



緊急入院/病気

彼女の緊急入院の一報を報じたのは『週刊女性PRIME』です。

この事について
2017年6月13日に配信された同紙は次のように報じています。

”耳を疑う一報が飛び込んできた。
野際陽子が緊急入院したという。

(中略)

はたして、どんな病状なのか。

ブティックを営む、野際の実弟に話を聞くことができた。

すると、彼女が入院中であることは認めたが、
現在の容体について聞くと、

「それ以上は何も答えられません。」
と、頑なに口を閉ざしてしまったのだった。”

同紙が報じている通り、彼女が入院中でる事を報じています。

しかし、彼女の病気/病名については公表していません。

彼女の病気について調べていくと
以前彼女は、肺がんを患っていた事がわかりました。

この事について同紙はこうも掲載しています。

”14年に肺がんが発覚。
撮影中に脂汗を流すほどつらかったようだが仕事は休まなかった。

「早期発見だったので治療は成功。

でも、翌年に再発して腫瘍の摘出手術を行いました。

健康な人に比べると、
肺の大きさはかなり小さくなってしまい、
しゃべるときにも苦しそうで、
退院時には酸素吸入器を使わなければならないほどでした」
(前出・スポーツ紙記者)

周りの人間は引退も覚悟していたが、
抗がん剤治療に移ると次第に回復していく。

「抗がん剤が身体に合ったようで、
はっきりと効果が現れました。

薬物療法は体力を消耗させますが、
前向きな気持ちになったことがよかったんですね。

吸入器も必要なくなり、仕事に復帰できました。

通院は続けなければなりませんでしたが、
仕事への意欲は衰えていませんでしたね」”

一部ネット上では、「がんが再発したのでは?」という噂が囁かれていますが
彼女自身や事務所の公表がない限り、真相は不明です。

スポンサーリンク



野際陽子の娘の現在は?

彼女は、1973年に俳優「千葉真一」さんと結婚し
女児を出産しています。

娘さんの名前は「真瀬樹里(ませなじゅり)」さんといい
女優として活躍しています。

真瀬さんの代表作は、テレビ朝日系で放送されていた
「女刑事みずき〜京都洛西署物語〜」です。

また、2004年に上映された「キル・ビルVOL.1」
父・千葉真一さんと共演し話題を呼びました。

現在では、テレビ朝日系で放送されている
「警視庁捜査一課9係」で永森彩音役として出演しています。

母親譲りの演技力で世間の注目を集めています。

スポンサーリンク



若い頃はアナウンサー!画像あり

彼女について調べていくと
以前彼女は、NHKアナウンサーだという事がわかりました。

彼女のWikipediaには、こう掲載されています。

”、1958年にNHKにアナウンサーとして入局し、
3か月の研修後に名古屋放送局に赴任。

天気・婦人番組を担当。
翌年の伊勢湾台風の災害報道にも関わっている。

同局には1年後輩のアナウンサーとして下重暁子がいた。

1960年にNHK東京放送局(現:NHK放送センター)に赴任。
テレビ『おはようみなさん』の司会を週1回担当。

以降の2年間は週3本のレギュラー番組を担当した。”

同サイトが掲載している通り、
彼女は元NHKアナウンサーという事がわかりました。

彼女のアナウンサー時代の画像は発見できませんでしたが
彼女の若い頃の画像を発見しました。

その画像がこちら。

現在と変わらず、素敵な写真ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)