【衝撃】ピース綾部の涙の理由は!?また渡米理由・活動内容とは!?

こんばんわ『坊主(ボウズ)』です!!

今回は、お笑いコンビ『ピース』『綾部祐二(あやべ ゆうじ)』さんについて投稿します。

彼は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で
相方『又吉直樹(またよし なおき)』さんとコンビを組んでいるお笑い芸人です。

2010年に行われた「キングオブコント」では準優勝という結果を残しました。
コントを得意とする彼らですが、漫才を行う事もあります。

また、相方の又吉さんは、2015年に『火花』芥川龍之介賞を受賞したことで有名です。

お笑い芸人として芥川賞を受賞したのは”初”の事であり、世間を大変騒がせました。

お笑いコンビ・芥川賞受賞作家として華々しい結果を残してきた彼たちですが
2016年に綾部さんが緊急記者会見を行い、”来年4月にアメリカへ渡米し、ニューヨークで活動する”と発表しました。

この事について、Twitterユーザーから次のような声が上がっています。

”ピース綾部が
来年からニューヨークで活動するって
何するんだろ!?

ピース綾部
4月からニューヨークで活動ってなんだよ…(困惑)

来年から綾部さんがニューヨークに行くの?
と言うと、
ピースは来年から活動休止?

確かにピースの綾部、
しゃべくり7で
ニューヨークに住むとか言ってたよな…”

Twitterユーザーの反応を見る限りでは、ピース綾部さんの渡米・活動内容に疑問を抱く声が多くあります。

そこで今回、彼の渡米と活動内容について調べてみました。

スポンサーリンク



渡米理由と活動内容

今回のアメリカ・ニューヨークへの渡米・活動についてですが
相方”又吉”さんの「芥川賞受賞」で決断したといわれています。

”渡米理由””活動内容”について
2016年10月8日に配信された「ORICON NEWS」でこう掲載されています。

”米国行きは、
2年前から真剣に考え始めていたそうだが
「昨年の7月16日、
(又吉が)第153回芥川賞を受賞されてから、
コンビでも大きく変わりましたので、
そこで先生が偉業を成し遂げたので、
自分もそのままでいいのかという思いが強くなった。
格差というよりは、
刺激になりましたね」
と相方の“快挙”を引き合いに笑顔で説明。

(中略)

コメディアンの枠にとらわれずに
活動を続けていくといい
「見出しには『アメリカでビッグになって帰ってくる』
と書いておいてください」とにっこり。
「ロスのトレビシアターのレッドカーペットを歩くのが目標。
でも、6ヶ月で帰ってくることもあるかもしれないので、
その時は潜伏したいと思います」 ”

と掲載されています。

渡米理由としては、やはり「芥川賞受賞」した事により
相方に”負けたくない”という気持ちが強くなったのではないでしょうか?

また、活動内容としては、”コメディアン枠にとらわれずに活動”と同誌が報道していますが
具体的な活動内容は明言しておらずニューヨークでの活動内容は不明です。

スポンサーリンク



涙の理由

アメリカ・ニューヨークでの活動を発表したことにより
お笑い芸人の大先輩『ダウンタウン』からエールを送られ、涙を流しました。

彼は、ダウンタウンに影響され、芸人を目指そうと思った憧れの存在です。

涙を流したエピソードは2016年11月4日に配信された「SANSPO.COM」にこう掲載されています。

”浜田に電話で渡米を報告した時、
「まっさきに『金、大丈夫か?』って言っていただいたりとか」と、
金銭面の心配をしてもらったことを明かした。

また、松本に報告したときには
「(松本が)『解散だけはしたらあかん』『吉本も辞めるな』と。
で、楽屋を出る時に『頑張ってな』って声をかけてくれて、
その後に『いや、頑張ろな』って言って下さって…」
と感極まって涙を流した。”

と掲載されています。

新しい活動場所で期待と不安の中、憧れの大先輩からのエールで
緊張感から解き放たれたのではないでしょうか?

スポンサーリンク



まとめ

今回は、ピースの『綾部祐二』さんについて投稿しました。
渡米理由は判明したものの、活動内容については詳しくはわかりませんでした。

彼は2017年4月2日テレビ東京系「追跡LIVE!Sportsウォッチャー」の生出演を最後に
コンビ「ピース」としての活動を休止しました。

日本・アメリカに留まらず、世界での活躍をしてもらいたいです。
また、日本に帰ってきた時には、お笑いコンビ「ピース」としての
コントや漫才を見たいものです。

では今回はこの辺で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)