【その後】銚子:ピットブル事故の飼い主は誰?実名特定は?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年7月6日、千葉県 銚子市で闘犬「ピットブル」による咬害(こうがい)事故が発生しました。

この事故により、飼い主の男性(53歳)は書類送検されています。

一体、どんな事故だったのでしょうか?

また、ピットブルの飼い主は誰なのでしょうか?

銚子市でピットブルの咬害事故が発生

銚子市で発生したピットブルの咬害事故について、「千葉日報」は次のように報じています。

飼い犬を逃がし、
かみつかれた近所の女性にけがを負わせたなどとして、
銚子署は6日、
県動物愛護条例違反や過失傷害の疑いで、
銚子市に住む無職の男性(53)を地検八日市場支部に書類送検した。

書類送検容疑は5月15日午前6時半ごろ、
鎖などでつながずに自宅で飼育していた闘犬用の犬種「アメリカン・ピット・ブル・テリア」の雄1匹(体長約1メートル)を逃がし、
同11時半ごろ、
腕や腹をかまれた近所の無職の女性(67)に全治約40日のけがを負わせた疑い。

男性は昨年(2019年)6月ごろから逃げた犬を所有し飼育していたが、
狂犬病の予防接種を受けさせなかった狂犬病予防法違反の疑いも持たれている。

同署によると、
男性は普段から自宅敷地内で、逃げた犬を放し飼いにしていた。

男性が外出しようとして、
自宅玄関のドアを開けたところ、犬が逃げ出した。

男性は容疑を認め

「申し訳ないことをした」

と話しているという。

(2020年7月6日配信)

上記の通り、飼い主の男性は普段からピットブルを放し飼いにしていたのです。

ピットブルは闘犬であるため、一般の犬と違って獰猛であり、人を攻撃する事故が相次いでいます。

そのため、適切な管理と飼育が義務付けられているのです。

そんな危険な犬を放し飼いにしていたことから、今回の事故は起こるべくして起きたと言えます。

飼い主は容疑を認めてますが、書類送検で済まされているため、起訴される可能性は低いでしょう。

しかし、刑事責任を免れたとしても、被害者の女性から賠償責任を求めて民事訴訟を起こされる可能性があります。

一体、この飼い主は誰なのでしょうか?

世間の反応

ピットブルはアメリカやカナダの一部の州で飼育を禁止されているほど難しい犬種なのに、
この飼い主は鎖もつけず、
ワクチンも摂取させず、
まともな管理をしていなかったのか。

難しい犬種を売る時には、
ブリーダーやペットショップ側でも飼育能力をしっかり確認するようにして欲しい。

ピットブルは世界的に噛む犬として有名だから、
飼い主もそれは承知していたと思う。

警察は良く捜査した方が良い。

繋がれていないピットブルなんて恐怖以外の何者でもないです、

トイプードルも気の毒です。

全国の飼い主様、気を付けましょう。

ピットブルのその後は殺処分?過去にも逃走?

人間を攻撃したピットブルですが、”その後”はどうなるのでしょうか?

そこで、ピットブルのその後について調べたところ、ブリーダーの元に返却されていたことが分かったのです。

かまれた女性に狂犬病の症状はなく、
大型犬はブリーダーのもとに返されたということです。

※「NHK NEWS WEB」より引用
(2020年7月6日配信)

人間を噛んだことで「殺処分」を懸念する声が上がっていましたが、ブリーダーに返却されたことで保健所に送られることは回避されたようです。

ちなみに、今回逃走したピットブルについて調べたところ、同一の個体と思われるピットブルが2020年5月に保護されていたことが判明したのです。

上記の通り、このピットブルは千葉県 銚子市で保護されており、書類送検された飼い主の居住地と一致します。

もし、この時に保護されたピットブルが今回の事故を起こしたピットブルと同じ個体であれば、問題の飼い主は過去にも飼い犬を逃走させていたことになります。

飼い主の男性(53歳)は誰?実名の特定は?

杜撰な管理でピットブルを逃走させ、あまつさえ、事故までも引き起こした飼い主ですが、現在の時点では実名報道されていません。

これが逮捕であれば飼い主の実名が明らかにされていることでしょう。

しかし、実際には書類送検であるため、マスコミの報道で実名が明らかにされることは期待できません。

ただ、5ch(2ch)やSNSなどでリークが起きれば、飼い主の素性(実名・顔写真・住所)が特定される可能性があります。

スポンサーリンク