【ほんこん】デマツイートの内容↓誹謗中傷は何て言った?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、芸人の「ほんこん」さんを取り上げます。

2021年7月27日、「ほんこん」さんが”ある人物”から訴えられていることが明らかになり世間の注目を集めています。

訴えられた原因は、「ほんこん」の”あるツイート”でした。

一体、彼はどんな内容をツイートしたのでしょうか?

「ほんこん」がデマツイートで米山隆一の”依頼者”から訴えられる

「ほんこん」さんが訴えられた件について、「FLASH」は次のように報じています。

「彼はツイッター上で『黒瀬深』と同様に、
私の依頼者がおこなった新型コロナウイルスに関する政権批判について、
事実と異なる “デマツイート” で、
私の依頼者に対する誹謗中傷をおこないました。

「こちらが指摘したのは、
ほんこん氏が、第三者が書いた記事を引用する形でつぶやいた2つのツイートについてです。

ですが、
ほんこん氏が削除したのは1つめのツイートだけでした。

もう1つのツイートは現在も削除されていません。

先方の言い分としては、
削除したツイートについても

『ツイート内で引用していた記事自体が配信元から削除されていたので、
(ほんこんの)ツイートも削除しました』

というものです。

誤りを認めたわけではないが、

『結果的にツイートは削除したのだからいいだろう』

ということです。

ほんこん氏は確信犯的に『謝罪しない』ことを選んでいると考え、
訴訟に踏み切りました。

良識あるテレビタレントなら、
誤った情報を拡散したことを認め、
謝罪するのが筋だと思っていましたから、
がっかりなんです」
(米山氏)

(2021年7月26日配信)

上記の通り、「ほんこん」さんが訴えられた理由は”あるデマツイート”でした。

このデマツイートにより訴えられた「ほんこん」さんですが、訴訟を提起したのは米山隆一氏ではなく、その”依頼者”です。

つまり、「ほんこん」さんが誹謗中傷した相手は米山氏ではなく、その依頼者ということになります。

一体、デマツイート(誹謗中傷)の内容は何だったのでしょうか?

世間の反応

米山氏への攻撃にすり替えてる方が多いけど、
訴訟は「ほんこん」vs「米山」ではありませんからね。

あくまで弁護士として代理人の仕事をしてるだけ。

ツイートなんて、自分の都合でやってるんだから、
削除とかブロックとか自由だけど、
リツイートだろうと、書いたことには責任は持つべきですよね。

フラッシュはそのデマツイートの内容を載せていないね。

それを記載して
まずそれがデマなのかどうなのか検証していないのは異常だろう。

米山さんに思うところはあるが
あくまでホンコンさんの発言の是非が問われる

ホンコンさんだけじゃなく最近本業が何かわからない芸人さんは増えた

デマツイートの内容とは?誹謗中傷は何て言った?

米山氏の依頼者から訴えられた「ほんこん」さんですが、相手方が主張するデマツイートとは何だったのでしょうか?

そこで、問題のツイートを調べたところ、以下の投稿が確認されたのです。

恐らく、冒頭の記事で米山氏が言及している「ほんこん」さんのツイートは上記の投稿だと思われます。

そこで、このツイートの”元ネタ”を辿ったところ、以下の情報が確認されました。

上記の通り、「ほんこん」さんが削除したツイートは、室井佑月氏が言及した「日の丸マスク」に関する話題でした。

実は、「ほんこん」さんと同様の行動を取っていた人物がいたのです。

今回の問題を端的に示すものが以下のツイートに添付された写真です。

つまり、「室井さんの誤指摘が原因で日の丸マスクの製造が中止になった」という部分がデマということになるわけです。

そして、現在でも削除されていない”もうひとつ”のツイートが以下の内容だと思われます。

https://twitter.com/hong2010kong/status/1266334199583092736

米山氏が指摘するように、「ほんこん」さんは今回の件について一度も謝罪していないため、裁判では徹底抗戦するつもりなのでしょう。

スポンサーリンク