【カルト教団どこ】岩野孝之の名前が違う理由は偽名?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年1月28日、東大卒のエリート研究者が逮捕されました。

逮捕されたのは岩野孝之です。

補足

本名:道下孝之

一体、岩野孝之とは何者なのでしょうか?

東大卒:岩野孝之とは何者?

逮捕された岩野について「日刊ゲンダイDIGITAL」は次のように報じています。

産総研(※勤務先)は経産省が所管する独立行政法人で、
国内最大級の公的研究機関。

岩野容疑者は2005年、
東大大学院を卒業後から勤務し、
音や光による脳活動を計測する研究を行っていた。

一方で岩野容疑者は「脱カルト」のアドバイザーのような「顔」を持っていた。 

自身も東大4年だった2001年に、
キャンパスで男女数人から勧誘され、カルト団体に入会。

その後、
脱会してからは、
カルト集団の実態調査を行ったり、
カルト対策学校ネットワーク運営委員に名を連ねていた。

現在は「日本脱カルト協会」の理事を務め、
カルト被害家族の相談会を主催したり、
大学生向けにカルト対策講演を行っていた。

ちなみに講演料は1回「3万円から」だった。

(2021年2月3日配信)

上記の通り、岩野は研究者という立場に加えて、「脱カルト」のアドバイザーとしても活動していたのです。

世間の反応

岩野孝之こと道下孝之(41)……

へっ?

産業技術総合研究所研究員の岩野孝之こと道下孝之容疑者(41)

「こと」って通り名(字名)?!

何で名前は2つあるん?

脱会したカルト教団はどこ?名前は?

脱カルトのアドバイザーとしても活動していた岩野ですが、これは自身がカルト教団に所属していた過去が関係しています。

彼は2001年(大学4年生)の時に複数の男女から勧誘されてサッカーサークルに入りました。

しかし、サッカーサークルは”隠れ蓑”に過ぎず、その実態はカルト教団だったのです。

大学4年だった17年前(2001年)。

キャンパス内の食堂で7人ほどの男女に声を掛けられ、
サッカーサークルに誘われた。

※「https://mainichi.jp/articles/20180727/ddm/003/040/033000c」より引用

この時の経験がきっかけとなり、岩野は脱カルトのアドバイザーとしても活動することになったのです。

ただ、現在に至るまで彼が勧誘・所属していたカルト教団については名前が明らかにされていません。

岩野によると、カルト教団は摘発を回避するために、団体名を頻繁に変えるとのこと。

そのため、彼が過去に所属していたカルト教団は既に別の名前に変更されている可能性が高いと思われます。

名前が違う理由は偽名?

岩野が逮捕された際、報道では「本名:道下孝之」と報じられました。

芸能人でもない岩野が、本名以外の名前を名乗ることに違和感を覚える視聴者が続出したことは言うまでもありません。

ネット上では「偽名」や「通り名」の可能性を指摘する声も散見されますが、「岩野」は”旧姓”だったのです。

岩野容疑者は旧姓で研究を続けていたため、
研究所では「岩野」姓を名乗っていた。

※「日刊ゲンダイDIGITAL」より引用

つまり、岩野は結婚後に「道下」になったということになります。

ただ、岩野の苗字が道下になったからといって、”婿養子”になったとは断言できません。

研究者は自身の名前(苗字)を変更してしまうと、自分が過去に執筆した論文を検索できないなどの実害が生じてしまいます。

そのため、結婚後も旧姓で通す場合があるようです。

スポンサーリンク