【テスラ当て逃げ】逃走のタクシー会社どこ?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年7月26日、「グッド!モーニング」にてタクシーによる”当て逃げ事故”が取り上げられました。

報道によると、当て逃げの被害者は約1,000万円の電気自動車を所有しており、これが被害に遭ったのです。

一体、当て逃げのタクシー会社はどこなのでしょうか?

1,000万円のテスラがタクシーに当て逃げされる

タクシーによる当て逃げ被害について、「テレ朝news」は次のように報じています。

東京・渋谷区にある住宅前に現れたのは、
後部座席のドアが開いたままのタクシーです。

この直後、
タクシーのドアが、駐車場に止めてあった車にぶつかります。

ドアは車体側面を跳ねるようにして、3回接触しているのが分かります。

タクシーは、ドアをぶつけた後、
一瞬スピードを落としますが、すぐさまドアを閉め、
なんと、何事もなかったかのように、その場から走り去って行ったのです。

被害男性は

「逃げるという行為を、
プロであるタクシードライバーがするのは納得いかない。

許せないという気持ちでいっぱい」

と話します。

男性の車には、3カ所の傷が確認できます。

この車は、男性が4年前(2017年)に約1000万円で購入した電気自動車で、
修理には100万円近くかかる可能性があるということです。

(2021年7月26日配信)

上記の通り、今回の当て逃げ被害によって、100万円近い修理費が発生するようです。

被害者の男性は当て逃げ事故の動画をSNS上で公開しており、ネット上でタクシー会社の情報を募っていました。

その際、自身の所有する車が「テスラ」であることを明かしていたのです。

一体、当て逃げをしたタクシー会社とはどこなのでしょうか?

世間の反応

このご時世にまだ逃げるという選択肢が頭にあるのがすごい。

街中や車、個人でもスマホというカメラを常備しており、
あらゆる所から監視されていると考えるべきなのに、
当て逃げやあおり運転をしようとはなかなかの神経の持ち主。

映像に残っちゃえば言い訳すら危ういのにね。

両側に車が駐車している狭い道路で、
ドアを先に開けてから停車するという手順もおかしい。

このタクシーの運転手はプロ運転手として失格。

さらに逃げるという悪質さは、解雇要件になるのではないかな。

防犯カメラやドライブレコーダーが当たり前なので、逃げ切れるが間違い!

ネット社会なので、
それ以上の事を考えると..速やかに、謝罪と弁償すべきだと思う。

会社へのイメージまで悪くして、
個人的な問題じゃ済まなくなるからね!

当て逃げのタクシー会社はどこ?

当て逃げ事故を起こしたタクシー会社を調べたところ、被害者本人が以下の内容をツイートしていました。

テスラ当て逃げ
@eqNrSdRh3iyyQBH

調査の結果、
八洲自動車にほぼ確定しました! 

GPSで同じ時間帯に客を降ろした車両が1台あるそうです。

動画もみてもらいましたが、
ほぼ間違いないとのことです。

皆様、
ご協力本当にありがとうございました!! 

最終的に犯人が確定しましたら
またこちらでご報告申し上げます。

※「https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:BLcinOYwy1sJ:https://mobile.twitter.com/eqnrsdrh3iyyqbh+&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp」より引用

上記の通り、問題のタクシー会社は「八洲(やしま)自動車」でした。

ただ、この男性は同社について「会社担当者の対応はとても丁寧でした」ともツイートしています。

この内容から、八洲自動車は誠実な会社であることが分かります。

問題なのは、接触事故を起こしたにも拘わらず、現場から逃走した運転手ただ一人です。

この運転手は八洲自動車の看板に泥を塗ってしまったことを自覚すべきでしょう。

【追記・訂正あり】

読者様のご指摘により、記事内の情報に誤りがあったことが確認されましたので以下の通り訂正させて頂きました。

修正前:八重洲自動車

修正後:八洲自動車

八重洲自動車」は誤記であり存在しないタクシー会社です。

ご指摘下さった「現役タクシードライバー様」、誠にありがとうございます。

スポンサーリンク