【デマor誤報?】豊橋市で狂犬病:外国籍の男性は誰?住所は?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年5月22日、愛知県 豊橋市狂犬病を発症した男性の存在が確認されました。

一体、この男性は誰なのでしょうか?

また、どこで狂犬病に感染したのでしょうか?

豊橋市で外国籍の男性が狂犬病を発症

狂犬病の発症が確認された事例について「KYODO」は次のように報じています。

愛知県豊橋市は22日、
フィリピンから来日した外国籍の男性の狂犬病発症を確認したと発表した。

昨年(2019年)9月ごろにフィリピンで感染したとみられるという。

市長が午後5時から記者会見する。

(2020年5月22日配信)

上記の通り、この男性はフィリピンから来日していました。

現地の犬に噛まれて狂犬病に感染したことから、恐らく、この男性の国籍はフィリピンだと思われます。

狂犬病は1度発症すると、ほぼ100%の確率で死亡します。

しかし、現在では医学が進歩したため、発症にワクチンを接種すれば命を落とすことにはなりません。

この男性は自身が狂犬病に感染していることなど予想しておらず、ワクチンの接種を受けていなかったのでしょう。

世間の反応

愛知県豊橋市 狂犬病マジかぁ…

まぁヒトヒト感染はないらしいが、
感染したら死ねるからなぁ( ;∀;)

豊橋で狂犬病発症者って
去年9月に犬に噛まれて今頃発症って
そんな潜伏期間長い事あるんだ・・・

犬じゃないからまだいいけど、、、

発生源が日本の犬だったら
コロナよりやばい事になりそう。

飼ってる人は絶対ワクチン打って欲しいけど
やってない人結構いるんだよね

外国籍の男性は誰?住所は?

狂犬病を発症した外国籍の男性は誰なのでしょうか?

そこで、この男性について調査したものの、愛知県や厚労省のHPには情報が一切掲載されていなかったのです。

また、マスコミの報道でも感染者の詳しい素性(国籍・年齢・住所)などは報じられていませんでした。

恐らく、感染者の素性は市長の記者会見にて明らかにされると思われます。

狂犬病のニュースはデマor誤報?

致死率がほぼ100%の狂犬病が日本で確認されたことから、ネット上ではこの話題が大きな関心を集めています。

ただ、不可解なことに、この一件を報じた記事が軒並み削除されているのです。

愛知県豊橋市の狂犬病の発症案件より
いろんな新聞社が記事を次々と削除していった方が気になる

豊橋市で狂犬病!のニュース

地方紙はソース残ってるけど
共同通信とか削除しまくりなのなんでなんだろう。

新聞社が狂犬病の記事を次々と削除している理由は不明ですが、一部からは「デマ」「誤報」を指摘する声も上がっています。

スポンサーリンク