【ネット流出?】マイナンバー:委託+漏洩の中国会社どこ?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年2月17日、マイナンバーが中国に流出した可能性が報じられ世間の注目を集めています。

報道によると、流出の発端は都内の情報処理会社のようです。

一体、マイナンバーを流出させた情報処理会社とはどこなのでしょうか?

マイナンバーが中国のネット上に流出?

マイナンバーが中国に流出したとされる問題について、「JIJI.COM」は次のように報じています。

立憲民主党の長妻昭副代表は17日の衆院予算委員会で、
マイナンバーが業者を通じて中国で流出した可能性を指摘した。

長妻氏は証拠となる通報メールの存在を明らかにした上で徹底調査を求めたが、
日本年金機構の水島藤一郎理事長は

「流出はしていない」

と否定した。

発端は、
日本年金機構から個人データ入力の委託を受けた東京都内の情報処理会社が中国業者に再委託した問題。

2018年に発覚し、
当時の機構の特別監査では、
中国業者に再委託されたのは500万人分の氏名部分の入力で、
個人情報の外部流出はないとされていた。

(2021年2月18日配信)

上記の通り、中国流出の原因は、問題の情報処理会社が中国の企業にデータ入力を”再委託”したことでした。

この再委託は2018年に発覚しましたが、当時から「マイナンバー関連の情報は流出していない」と説明されていました。

ところが、今回の通報メールを送った人物によると、中国のWeb上にはマイナンバーなどの個人情報が流出しているとのこと。

これが事実であれば、マイナンバーの情報が悪用される危険性があります。

一体、中国の企業にデータ入力を再委託した情報処理会社とはどこなのでしょうか?

世間の反応

政府がこれから拡大利用しようとしているマイナンバーが、
もう既に漏洩しているのなら、
当初から心配されていた通りだ。

しかも二年も経っているのに
記事によると確かな調査に基づく明確な回答が出来ないようで、
まったくもって論外だ。

海外での漏洩や防止対策を勉強しても
再委託先から漏れるようでは話にならない。

今の日本のレベルでは
まだ利便性よりリスクの方が高くて怖すぎるという事だろう。

国民の知らない間に個人情報が中国業者に取り扱いをされていた。

こんな事をしているから、
マイナンバーの普及が進まないのだと思うけど。

この問題に関して安倍政権は何も追求せずにいましたよね。

中国の業者に委託すること自体おかしな話。

やはり超親中派議員達による圧力何ですか。

一体何処まで日本売りをすれば気が済むのでしょうね。

マイナンバー漏洩の情報処理会社は「SAY企画」と特定

中国の企業にデータ入力を再委託した情報処理会社について調べたところ、「SAY企画」であることが分かりました。

機構によると、
問題の会社は東京都豊島区の情報処理会社「SAY企画」。

※「https://www.sankei.com/affairs/news/180321/afr1803210003-n1.html」より引用

SAY企画はデータ入力の業務を約1億8,200万円で受注。

当初は800人でデータ入力を行う契約でしたが、作業の遅れが目立ったことから調査が入ると、その人数は200人未満だったことが発覚したのです。

SAY企画は受注した業務の一部を中国の企業に再委託し、この行為が原因で今回のマイナンバー流出疑惑が生じたというわけです。

再委託された中国(大連)の会社はどこ?

SAY企画がデータ入力を再委託した中国の会社とはどこなのでしょうか?

そこで、中国の会社について調べたものの、具体的な社名は公開されていないことが分かったのです。

ただ、この会社は「大連」に所在地があるようです。

また、所在地に加えて、問題の中国企業はSAY企画の社長が立ち上げた関連会社だったのです。

SAY企画は既に解散していますが、当時の社長である切田精一氏によると、中国の企業は関連会社であることを理由に「再委託には当たらないと思っていた」と釈明しています。

スポンサーリンク