【ハラスメント】弘前大学:教育学部の男性講師(40代)は誰?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年1月12日、弘前大学で学生に対するハラスメントが発覚し世間の注目を集めています。

一体、ハラスメントをした人物は誰なのでしょうか?

また、学生は何をされたのでしょうか?

弘前大学:教育学部でハラスメントが発覚

弘前大学で発覚したハラスメントについて「読売新聞」は次のように報じています。

弘前大学(青森県)は10日、
学生に対するハラスメント(嫌がらせ)などがあったとして、
教育学部の40歳代の男性講師を9日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。

発表によると、
男性講師は2018年11月、
自ら顧問を務める部活動の懇親会に同席した際、
深夜に女子学生に連絡し、
断る女子学生に

「タクシーに乗ってこい」

と言って強制的に呼び出した。

同時期の別の懇親会でも、
男性講師は飲酒して眠った男子学生に悪ふざけする目的で、
アイスピックを手に驚かせようとした。

学生からの相談で、
同大が内部調査していた。

(2020年1月12日配信)

上記の通り、ハラスメントで処分されたのは「教育学部」の男性講師(40代)でした。

報道を見る限り、この男性講師のハラスメントは日常的に行われていたことが疑われます。

一体、この人物は誰なのでしょうか?

世間の反応

職権乱用です。

この講師を刑事告訴するべきです。

これが初めてではあるまい

懲戒免職に値する行為だ

本当に卑劣。姑息。

上下関係がある中、
こういったことをするのは、人間性を疑う。

相手との関係性は関係無い。

大学側のこの判断は、正しい。

この講師には、
自分に厳しく反省して欲しい。

教育学部:40代の男性講師は誰?

学生に対してハラスメントを行っていた講師は誰なのでしょうか?

そこで、弘前大学のHPを調べたところ、教育学部には以下のコースが設置されていることが分かったのです。

教育学部のコース

(1)国語専修

(2)社会専修

(3)算数・数学専修

(4)理科専修

(5)音楽専修

(6)美術専修

(7)保健体育専修

(8)技術専修

(9)家庭科専修

(10)英語専修

(11)幼児教育

(12)特別支援教育専攻

(13)養護教諭養成課程

(14)教育科学

(15)発達心理

(16)附属教員養成学研究開発センター

ハラスメントで処分された講師は40代の男性ですが、これだけで人物を特定することは困難です。

スポンサーリンク