【フィリピン事件】死亡:野崎浩の画像+生い立ち↓

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、野崎 浩死刑囚を取り上げます。

2020年12月13日、野崎死刑囚の死亡が報じられ世間の注目を集めています。

一体、野崎 浩死刑囚とはどんな人物なのでしょうか?

フィリピン事件:野崎 浩死刑囚が病気で死亡※画像あり

死亡した野崎死刑囚について「JIJI.COM」は次のように報じています。

13年に死刑が確定した野崎浩死刑囚(61)が13日、
慢性腎不全のため東京拘置所で死亡した。

同省矯正局によると、
野崎死刑囚は18年末から腎臓機能が悪化し、人工透析を受けていた。

今年(2020年)11月下旬に発熱で抗生剤の点滴を受けたが、
12月に入ると点滴や人工透析を拒否。

12日夜、
収容されていた拘置所内の病室で意識がない状態で発見され、
13日午前0時42分に死亡が確認された。 

(2020年12月13日配信)

上記の通り、死亡した野崎死刑囚は慢性腎不全のため人工透析を受けていました。

死亡した野崎死刑囚がこちらです。

野崎死刑囚は2020年12月から治療を拒否するようになり、そのまま状態が悪化し死亡したようです。

世間の反応

執行が何年間もされなかったのがおかしい

現法相の上川さんもサインする気はなさそうだし
仕事しろよな

何故10年以上も収監されてたのがわからない!!

死刑判決から半年以内に執行のはずでは?

全くもって税金の無駄!!

その分返して欲しい。

生い立ちは?

野崎死刑囚は2人のフィリピン人の事件に関与したとして2013年に死刑が確定しています。

一体、どんな生い立ちだったのでしょうか?

そこで、野崎死刑囚の生い立ちについて調べてみたものの、家庭環境などは公にされていないことが分かったのです。

ただ、彼は被害者のフィリピン人に入れあげており、職場への送迎や家事、さらには女性の子供たちの面倒まで見ていたことが分かりました。

一方的に恋愛感情を抱いていた野崎死刑囚でしたが、被害者のフィリピン人女性は彼を”異性”として認識していませんでした。

そのため、フィリピン人女性から冷たくされたことで感情が爆発し、事件を起こしたようです。

どちらの事件も経緯は似ている。

フィリピン人ホステスに恋愛感情を抱いた野崎が、
仕事への送迎や家事、
そして彼女たちの子供の面倒を見ていたが、
冷たくされたと感じたことから犯行に及んだのだという。

※「https://wezz-y.com/archives/71815」より引用

このことから、野崎死刑囚はストーカー気質だったことが分かります。

また、彼は第一審で「無期懲役」を言い渡れた後、これを不服として控訴しています。

しかし、控訴の理由は「死刑になるため」だったのです。

つまり、野崎死刑囚は「無期懲役」という量刑を「軽い」と判断し、自ら「死刑」を勝ち取るべく控訴したというわけです。

彼の生い立ちこそ不明ですが、その言動には狂気すら感じます。

ただ、野崎死刑囚とフィリピン人女性2人の関係については「交際していた」とする情報も確認されています。

参照先

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/punish2012.html

スポンサーリンク