【ボルタどうなる】手首切断の飼育員は誰?那須サファリパーク事故

こんにちは。坊主です。

今回は、「那須サファリパーク」を取り上げます。

2022年1月5日、那須サファリパークにて、ベンガルトラの「ボルタ」が飼育員3人を襲う事故が発生しました。

この事故により、女性飼育員(22歳)が右手首を切断する重傷を負っているのです。

3人とも命に別状はありませんが、この女性飼育員に限っては、一生を左右する程の怪我を負ってしまっています。

一体、右手首を切断した女性飼育員とは誰なのでしょうか?

また、ボルタの処分はどうなるのでしょうか?

ボルタの今後はどうなる?殺処分の可能性は?

3人に飼育員を襲ったボルタの今後について、「週刊女性PRIME」は次のように報じています。

記事のタイトルでは「殺処分の可能性」と題されているものの、記事を読み進めると、「ボルタが殺処分されることはありません」という葛原直人支配人の証言が掲載されていました。

園の責任者が係る発言をしたことから、ボルタは今後も同園で展示され続けると思われます。

事実、那須サファリパークは公式Twitterでボルタの責任を明確に否定しています。

さらに、今回の事故が報じられて以降、同店には「ボルタを殺処分しないで」という声が殺到しており、こうした事情も考慮されたのでしょう。

世間の反応

事故の記者会見で「虎は何も悪くない」と言ってくれて安心したけれど、
こういう事故が起こると
動物が悪くなくても殺処分される可能性があるから、
事故が起こらないよう施設管理や飼育管理方法を徹底して再発防止に努めてほしい。

ボルタくんは何も悪くないんだよ。

早く麻酔から覚めて元気になってね

那須サファリパーク、
22歳の飼育員右手首から先を失うって最悪すぎる

那須サファリパークの事故の反応を見て色々思うけど。

無責任にトラを処分しないでーとか言うのは違うんじゃないかなぁ。

トラに罪はないし、ぶっちゃけ人間の不備だけど。

3人怪我して、1人は右手首切断。

一応重傷負わせたトラにはなるし、
処分しないでって言ってる人、
怖がらず飼育できる?

手首切断の女性飼育員(22歳)は誰?名前は?

手首切断という重傷を負った女性飼育員(22歳)は、ボルタに最初に襲われていた別の飼育員を助けるために行動していました。

その際に受傷事故に遭ったというわけです。

一体、手首を切断した女性飼育員とは誰なのでしょうか?

そこで、当該飼育員について調べてみましたが、詳しい素性は年齢以外明らかにされていないことが分かったのです。

そのため、名前や顔写真は全て不明です。

事故が起きたのは開園前の午前8:20だったこともあり、一般客が現場の写真を撮影するということもありませんでした。

5ch(2ch)や爆サイにも女性飼育員の名前が寄せられていないことから、被害者の素性は園の関係者しか知り得ない事実なのでしょう。

ただ、同園に足繁く通っていた一部の一般客は被害者の飼育員を把握しているようです。

しかし、個人情報の観点から名前などは公にされていませんでした。

スポンサーリンク