【一斉退職】伊勢崎市連取町:有料老人ホームどこ?特定は?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年1月30日、群馬県 伊勢崎市にある”有料老人ホーム”にて全従業員の一斉退職が報じられました。

一体、この有料老人ホームに何があったのでしょうか?

また、この有料老人ホームはどこなのでしょうか?

群馬県 伊勢崎市 連取町の有料老人ホームで職員が一斉退職

全従業員が一斉退職した有料老人ホームについて、「上毛新聞社」は次のように報じています。

前橋市の障害者施設運営会社が運営する伊勢崎市連取町の有料老人ホームで、
全従業員が一斉に退職届を出し、
入居者24人全員が近隣施設への移転を余儀なくされたことが29日までに、関係者への取材で分かった。

従業員側は

「会社側の不適切な人員配置が続き、
サービス維持が困難になったため」

とし、
賃金の未払いもあったとして民事提訴を検討すると説明。

一方、同社は

「突然利用者を移され、
損害賠償請求も含め検討している」

と対立している。

(2021年1月30日配信)

上記の通り、従業員側は運営会社による”管理体制の不備”や”給料の未払い”を指摘していました。

これに対して、運営会社は、全従業員が一斉に退職したことで発生した損害を裁判で請求する構えを見せています。

両者の主張が真っ向から対立しているため、第三者の立場では、どちらが真実を述べているのか分かりません。

だからこそ裁判で真実を明らかにするつもりなのでしょう。

世間の反応

現場で戦う施設長と職員。

現場を理解していない経営者。

お金を生み出してくれる現場の人を大切にしない経営者はいずれ捨てられる。

ほんまに介護業界の給料見直さな質がやばいぞ。

安い給料で質なんか求める方が間違えてんねん。

ここに書かれていることが事実だと仮定すると、
未払いがあった、従業員に訴訟を検討ということだが、
従業員には2週間前に退職届を出せば、
よほど特殊な仕事でない限り無条件で辞められるという法律の基本すら無視するような施設。

逃げられて当然ですね。

介護の業界で働く人はこの事例を学んで辞める方が業界全体の風通しをよくし、
現場の改善につながるという認識を共有してほしい。

一斉退職の老人ホームはどこ?特定は?

全従業員が一斉退職した有料老人ホームとはどこなのでしょうか?

上毛新聞社が掲載した老人ホームの外観は施設名がモザイクでボカされていました。

そこで、掲載された写真を手がかりにストリートビューで調べたところ、全く同じ外観の老人ホームがヒットしたのです。

問題の老人ホームがこちらです。

上記の通り、この老人ホームは「ライフホーム」という施設でした。

これに対して、職員が一斉退職した老人ホームの外観がこちらです。

「看板」や「室外機の数」「手すり」に着目すると、両者が完全に一致していることが分かります。

このことら、職員が一斉退職した有料老人ホームはライフホームで間違いないと思われます。

スポンサーリンク