【中の人は誰】Twitter:Dappiの正体↓小西洋之への名誉毀損は何て言った?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年9月3日、東京地裁にて”ある判決”が下されました。

その判決では、Twitterアカウント「Dappi」の個人情報開示が認められたのです。

一体、Dappiの正体(中の人)とはどんな人物なのでしょうか?

Twitter:Dappiの発信者情報の開示が認められる

Dappiの発信者情報の開示を認めた裁判について、立憲民主党の小西洋之議員は次のようにツイートしています。

上記の通り、Dappiの発信者情報の開示が認められた理由は、小西議員への名誉毀損(誹謗中傷)でした。

一体、Dappiは小西議員に対して何と言ったのでしょうか?

世間の反応

それは良い【お知らせ】です。

匿名をよいことに手当たり次第罵倒し、
目に余る侮辱や誹謗中傷の数々。

これまで思い当たりのある人、
これからも含んで人権を侵害するようなツイートは厳に慎むべきと肝に銘じて頂きましょう!

(勿論今後の自身を含めての事です)

まずは一歩前進ですね

吉報をお待ちしております

名誉毀損に該当したツイートを見てみたい。

無理だろうけど。

ここ最近のツイートを見てみたけど、
そのような印象は持たなかったので。

与党よりなだけで。

小西洋之への名誉毀損(誹謗中傷)とは何て言った?

小西議員はDappiによる名誉毀損について詳細を明らかにしていません。

一体、誹謗中傷とは何と言ったのでしょうか?

そこで、Dappiによる誹謗中傷について調べたところ、小西議員が以下のようにツイートしていたことが分かったのです。

上記の通り、小西議員はDappiに対して法的措置を警告していたのです。

ただ、このツイートを根拠にDappiを提訴したのかまでは不明です。

Dappiの正体は誰?中の人の特定は?

Dappiは匿名でSNSを運用しているため、その正体(中の人)は特定されていません。

ただ、過去の投稿から以下の可能性が指摘されていました。

〈正体①:電通マン説〉

〈正体②:国会関係者説〉

ただし、これらは過去の投稿や行動から推測されたものに過ぎず、信憑性ついては保証できません。

スポンサーリンク