【伊東園ホテル】マスク拒否男のブログ↓マスパセ=おくのじゅんや

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、「マスク拒否男」として話題になった「おくの じゅんや」氏を取り上げます。

健康上の理由でマスクの着用を拒否したことで、航空会社とトラブルになった「おくの」氏ですが、ここに来てホテルともトラブルになっていたことが発覚しました。

一体、ホテルとはどんなトラブルになったのでしょうか?

マスク拒否男が伊東園ホテルでトラブル⇒警察沙汰に

「おくの」氏とホテルのトラブルについて「J-CASTニュース」は次のように報じています。

ピーチ機内で3か月前(2020年9月)にマスクを拒否して降機させられた男性が、
今度は長野県内のホテルでもトラブルとなり、
その経緯をブログなどで暴露した。

この男性は、
食事時のマスクは合理性がないなどと主張している。

今回のホテルとは、
11月18日に宿泊して夕食時にマスクを拒否し、
警察の出動を伴うトラブルになったといい、
翌19日のツイッターで示唆していた。

そして、30日になって、

「伊東園ホテルズのマスク未着用宿泊拒否をめぐる案件について」

と題してブログで詳細を報告し、
ここでも独自の主張を繰り広げている。

事実関係はどうなっているのか、
J-CASTニュースでは12月1日、
伊東園ホテルズの総務グループに取材して話を聞いた。

それによると、
男性は18日夕、
バイキング形式の夕食会場にマスクを着けずに入り、
スタッフが着用を要請しても拒否した。

その理由としては、
体調や健康の問題を挙げたが、
具体的な内容は言わなかったという。

男性は、

「法律上の規制はなく、マスクを強制できない」

といった内容の主張もして、食事を続けた。

ホテル側は、他の客に心配をかけるとして、
会場の端にある席に移動するよう強く求めた。

しかし、男性が応じないため、
支配人が食事中に来て、
客との約束を定めた宿泊約款に基づき、
夕食代は返金するので退場してほしいと告げた。

(2020年12月1日配信)

上記の通り、「おくの」氏はマスクを着用せずに食事をしていたのです。

トラブルになった「伊藤園ホテル」としては他の宿泊客を不安にさせないために、彼に席の移動を求めました。

しかし、この提案に「おくの」氏が同意しなかったことから、退場をお願いされたというわけです。

現場には支配人だけではなく板前も臨場していたといい、最終的には警察沙汰になりました。

確かに、マスク着用を義務づける法律は存在しないため、マスクを拒否したからといって犯罪になるわけではありません。

ただ、ホテル側にも宿泊客や従業員を守る義務があります。

そのためにホテル側が独自に定めた”約款”(ルール)が存在しているわけです。

いくら法律に違反していないからといって、ホテルが定めた約款に違反すれば、退場を言い渡されても仕方ないでしょう。

ただ、この記事は全てホテル側の主張であり、「おくの」氏はこれに真っ向から反論しています。

世間の反応

サービスを提供する側にも拒否する権利はあるかと思います。

それをわざわざブログに書いてなんの意味があるのでしょうか。

これだけコロナが蔓延して、誰が感染しているか分からないし、
ましてや自分さえも感染してるかわからない事もあると言われているのに非常識な客すぎる。

人間であり大人なのだから、
周りへの気遣い、
お互いに他人との安心の為に
なぜ素直にマスクくらい出来ないのか。

ホテル側は悪くない。

周りが嫌な思いをするという考えが、致命的に欠落している。

ただ迷惑をかけたいだけの人種なのだろう。

損害賠償請求をして良いと思う。

是非、実名報道していただき、
全てのサービス業の方で情報共有できたら良いですね。

「マスパセ=おくのじゅんや」のブログを特定

「おくの」氏は「マスパセ」という名前でTwitterを利用しています。

マスパセとは、「マスクパッセンジャー」という意味のようです。

「おくの」氏はマスク拒否を巡るトラブルの詳細をTwitter上で報告していますが、それとは別にブログも利用しています。

彼のブログのURLがこちらです。

参照先

http://blog.livedoor.jp/mask_passenger/

このブログは「マスク未着用途中降機乗客の記録」と題されており、トラブルの経緯に加えて、自身の正当性が綴られています。

【2021年1月19日追記】マスク拒否おじさんが逮捕される

マスク拒否を拒否したことで旅客機を緊急着陸させた問題で、「マスク拒否おじさん」が逮捕されました。

逮捕されたのは、茨城県 取手市に住む「奥野淳也」容疑者(34)です。

北海道から大阪に向かうピーチ・アビエーションの飛行機内で2020年9月、
マスク着用を拒んで客室乗務員らとトラブルになり臨時着陸させたとして、
大阪府警は19日、
乗客だった私立大学非常勤職員の男性(34)=茨城県取手市=を威力業務妨害傷害などの疑いで逮捕した。

※「毎日新聞」より引用
(2021年1月19日配信)

この記事では容疑者の名前は出ていませんが、NHKの報道より「奥野淳也」の実名が確認されています。

奥野は逮捕の直前までTwitterを更新していたため、自分の逮捕を全く予見していなかったと思われます。

ちなみに、逮捕された奥野は私立大学で非常勤講師として勤務していますが、一部では「明治学院大学」の名前が挙げられていました。

勤務先については以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク