【伊藤忠】中国でスパイとは何した?なぜ逮捕?理由+実名は?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年2月22日、中国で実刑判決を受けた日本人男性が刑期を終えて、日本に帰国する準備をしていることが報じられました。

報道によると、帰国準備している日本人男性は「伊藤忠商事」の社員(40代)とのこと。

一体、この人物は誰なのでしょうか?

また、彼は何をしたのでしょうか?

伊藤忠商事の男性社員がスパイで逮捕⇒帰国へ

中国で逮捕された伊藤忠商事の社員について、「KYODO」は次のように報じています。

関係者によると、
日本国内で勤務していた男性は広州市を訪問し、
18年2月、
同市国家安全局にスパイ容疑で拘束された。

19年10月15日に、
広州市の中級人民法院(地裁)が、
国家の安全に危害を与えた罪で、
男性に対し懲役3年の実刑判決を言い渡し、
服役していた。

(2021年2月22日配信)

上記の通り、逮捕されていた男性社員は中国本土でのスパイ容疑で起訴されていたのです。

「国家の安全に危害を与えた罪」とは何をしたのでしょうか?

世間の反応

この人はスパイ容疑で拘束されたのだから、
日本にもスパイ防止法が必要だろう。

日本など、中国の公安まで堂々とスパイ活動をしていると言われている。

通常、スパイ交換をする事も多いから、
早急にスパイ防止法と情報機関を日本にも作って欲しいと思う。

この人が本当にスパイ活動をしていたかどうか知らないけど、
逮捕有罪はだとうだったのか、
大使館員は確かめたり補助したのか

日本の出先機関は本当に役に立たない、

日本人を守らないという
何のための機関なんだろう

大使夫妻の外国居留のため?

なんでマスコミは大きく取り上げないの?

法人が無法国家に拘束されたのに。

なぜ逮捕された?理由は何した?

「国家の安全に危害を与えた罪」(=スパイ容疑)で逮捕された男性社員ですが、彼は何をしたのでしょうか?

そこで、今回の事件について調べてみたものの、この人物の裁判は全て非公開で行われたため、何をしたのかは外部に公表されていないことが分かったのです。

拘束から判決まで男性の裁判は非公開で行われ、
どの行為が中国の法律に抵触したのかなど一切明かされていない。

※「https://news.1242.com/article/190449」より引用

ただ、この社員は中国企業と合同でリニア地下鉄の事業に携わっていたことが分かっています。

この男性は中国広州市で中国企業と合同で行っているリニア地下鉄の事業に携わっていたということです。

※「https://news.1242.com/article/168087」より引用

中国では政治だけではなく経済に関する情報も「国家機密」として扱われています。

そのため、中国企業側が用意したプレゼン資料なども無断で撮影したり、持ち出したりした場合もスパイ行為と認定される可能性があるのです。

伊藤忠商事の男性社員は誰?実名は?

スパイ容疑で逮捕・起訴された男性社員ですが、この人物の名前(実名)は一切公表されていませんでした。

この社員に関する裁判は秘密裡で行われているため、逮捕・起訴に妥当性があるのか甚だ疑問です。

スポンサーリンク