【何が入った】モデルナワクチンに異物混入↓接種した場合の健康被害は?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年8月26日、モデルナ社製のワクチンに”異物”の混入が報告されました。

一体、混入した異物とは何だったのでしょうか?

また、健康被害はあるのでしょうか?

モデルナワクチンに異物が混入し使用を見合わせ

異物が混入したモデル社製のワクチンについて、「JIJI.COM」は次のように報じています。

厚生労働省は26日未明、
米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの一部について使用を見合わせると発表した。

複数の接種施設から、
未使用の製剤で異物が混入していると報告が寄せられたという。

同省によると、
使用を見合わせるのは計約160万回分。

これまで安全性の懸念に関する報告はないとしている。 

(2021年8月26日配信)

上記の通り、異物の混入が報告されたのは”未使用”のワクチンでした。

そのワクチンの数は約160万本にも及び、全て廃棄されると思われます。

世間の反応

いやあ…怖いね

こうやってちゃんと発表されるだけマシだが
隠蔽されてずっと後になってから言われるよりは
もっと詳しい事が後の報道で明らかになるんだろうけど、
異物が何なのか知りたい

当然、モデルナだけでなくワクチン全体への疑惑、忌避は広がるだろう。

しかも日本だけでなく世界的な問題になる可能性がある。

非常にまずい展開だ。

こういうのがあると、
子供には打てないと考えてしまう。

原因、異物はなんだったのか、公にすべきだ!

異物とは何が入った?

異物が混入したモデルナ社製のワクチンですが、一体、何が入っていたのでしょうか?

そこで、異物の内容について調べてみたものの、「粒子状物質」という情報が確認されたのです。

しかし、粒子状物質の詳細は一切公にされていなかったのです。

そのため、異物である粒子状物質の正体は不明のままです。

ちなみに、海外の事例では「ゴム片」の混入が報告されていました。

海外でもゴム片の混入の報告があるという。

※「https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA25EKV0V20C21A8000000/」より引用

今回の異物混入について、厚生労働省は「安全性の懸念に関する報告はない」と回答しています。

しかし、混入した異物(粒子状物質)の内容が公表されていないことから、ネット上では同省の説明を疑う声が続出しています。

厚生労働省は安全性を強調していますが、その声は国民に全く届いていないようです。

接種した場合の健康被害はどうなる?

異物が混入したワクチンの製造番号(ロット番号)は以下のツイートから確認できます。

実は、このロット番号に合致するワクチンを接種した人間が存在していたのです。

異物混入のワクチンを接種した人物のツイートがこちらです。

このワクチンを接種した場合、健康被害はどうなるのでしょうか?

そこで、健康被害について調べてみましたが、以下のツイートが確認されました。

ただし、このケースではワクチンのロット番号が不明なため、”正常な副反応”という可能性も考えられます。

スポンサーリンク