【何した】慶大アメフト部が不祥事!活動自粛の理由:不適切な行為とは

スポーツ

こんにちは。坊主です。

2019年10月15日、「慶大アメフト部」(UNICORNS)が無期限の活動自粛を発表し世間の注目を集めています。

一体、活動自粛の原因は何だったのでしょうか?

今回は、活動自粛を発表した慶大アメフト部について調べてみました。

慶大アメフトが不祥事!活動自粛の理由とは?

慶大アメフト部が起こした不祥事について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

慶大アメリカンフットボール部が15日、
公式サイトで活動自粛を発表した。

「部内において複数部員の不適切な行為があったため」

としている。

サイトでは同大学体育会理事と部長の連名で

「このたび、
部内において複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められたため、
無期限で活動を自粛いたします。

関係する方々に多大なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げます」

と謝罪。

「今回の件を厳粛に受け止め、
再発防止と部の再生に全力で努めてまいります。

また本件につきましては、
教育的観点およびプライバシー保護の観点から、
詳細は公表いたしかねます

何卒ご理解いただければ幸いです」

と不適切行為の詳細については公表しないとした。

上記の通り、活動自粛の理由は「複数の部員」による「不適切な行為」でした。

しかし、その行為の詳細については「教育的観念」および「プライバシー保護」を理由に公表しないとのこと。

不適切な行為とは何した?

不適切な行為の内容が公表されていないため、ネット上では様々な憶測が飛び交う事態となっています。

その中でも特に指摘されているのが「異性関係」の問題です。

内容を発表できない不適切な行為とは、
相手がいる行為だろうと思う。

同意がない相手との行為が、
許されるとでも思っているのだろうか。

慶大と言ったらまた女性絡みだろうな。

何やったのか具体的に言えよ。

まわしたの?

確かに、今回の一件に「被害者」が存在し、なおかつそれが「女性」であれば、不適切な行為の内容を明かさないことにも合点がいきます。

不適切な行為は「盗撮」だった

追記

不適切な行為が「盗撮」であることが判明

2019年10月16日に配信された「スポニチアネックス」によると、複数の部員が女子風呂を「盗撮」していていたようです。

一部の部員が女子風呂を盗撮し、
被害者の人数は2桁に上るほど悪質だったという。

すでに関わった部員2人が退部しているとの情報もある。

上記の通り、関与した部員2人は「退部」しているようですが、「退学」処分になっていないようです。

世間の反応

大学生とはいえ成人が起こした事件であるなら、
社会的制裁を受けるのが当然。

甘やかしの隠ぺいは今後によくないと思います。

>複数の部員による著しく不適切な行為

とは?

中途半端な発表してると、
かえって隠蔽体質を非難されるよ。

慶応もピンキリ、
真面目な学生もいれば頭の中が薄い学生もいる、
ということ。

社会人として使えない奴も多数いて迷惑。

2018年には「ミスター慶應」が逮捕

毎年のように不祥事が続いている慶應大学ですが、2018年には「ミスター慶應」にエントリーした男が逮捕されていました。

逮捕されたのは渡辺陽太

この男は5回の逮捕歴があり、罪状は「強制〇交」および「窃盗」でした。

しかし、いずれも不起訴になっており、ネット上では「上級国民」などと揶揄されています。

早稲田実業高校 野球部でも不祥事

慶應と双璧を成す「早稲田」でも今回と似た不祥事が起きていました。

不祥事が起きたのは早稲田実業高校「野球部」でした。

2019年9月、同校の野球部が秋季東京都大会への参加を辞退

その理由が「複数の部員」による「問題行動」でした。

当初、高校側は不祥事の発生だけを公表し、その詳細については「教育上の観点」を理由に秘匿していました。

しかし、「週刊文春」の取材により、「ハレンチ動画の拡散」であることが判明したのです。

文春によると、ある野球部員のスマホを他の部員2人が勝手に解除してしまい、携帯の中身を盗み見てしまったとのこと。

そのスマホには彼女とのプライベート動画が収められていたようです。

他人のスマホを盗み見た部員2人は、これを「AirDrop」で他の部員と”共有”してしまったのです。

AirDorpとは?

同じデバイス上で画像や動画などを共有できるアップルのサービス

これに加え、ある部員が野球部以外にも動画を送信したため、学校中に動画が拡散される事態となりました。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!