【偽名一覧】深谷迦南の素顔+出会い系アプリとは何?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年8月18日、岐阜市に住む無職の男が逮捕されました。

逮捕されたのは深谷迦南(かなん)容疑者です。

深谷容疑者は今回での逮捕で8回目とのこと。

最早、この男に更生の余地は期待できないでしょう。

一体、深谷は何をしたのでしょうか?

深谷迦南(かなん)が詐欺で逮捕

逮捕された深谷について「東海テレビ」は次のように報じています。

出会い系アプリで知り合った26歳の女性から現金100万円をを騙し取ったとして、
28歳の男が逮捕されました。

男は同様の手口で犯行を繰り返していて、
これで8回目の逮捕です。

再逮捕されたのは岐阜市の無職、深谷か南容疑者(28)です。

深谷容疑者は去年(2019年)12月、
出会い系アプリで知り合った守山区の26歳の女性に

「投資する額が多ければ、増える分も大きいよ」

「増えたお金で旅行に行こうよ」

などと嘘を言い、
あわせて現金100万円を騙し取った疑いが持たれています。

愛知県警熱田署によりますと、
女性は深谷容疑者がこれまでに逮捕された同様の詐欺事件のニュース記事をインターネットで見て被害に気づき、
今回の犯行が発覚したということです。

(2020年8月18日配信)

上記の通り、深谷は出会い系アプリを通じて出会った女性に対して詐欺行為に及んでいたのです。

この男は同様の手口で犯行を繰り返しており、既に6度も起訴されています。

裁判では「更生の余地なし」と判断されると予想されるため、実刑は免れないでしょう。

世間の反応

刑が軽すぎるんだよ。

回数重ねる毎に重くしていかないと。

毎回出所する度にやってるんだったら、
反省なんかしてないわけだし、
簡単に外に出しちゃダメ。

28歳にして8回逮捕。6回起訴。

詐欺罪は10年以下の懲役と決して軽い犯罪ではない。

仮に初回は執行猶予がついたとしても、
これまでの量刑が軽すぎた証拠。

今回は同時複数の犯行ということなので、
併合罪を適用し厳罰に処すべき。

これだけやってるなら、
また再犯の可能性大

複数回同一の犯罪で実刑を喰らった人はGPSを埋め込んで行動監視するしかないのでは?

憲法で保障されているのに人権侵害だ!と言う人はいるが、
犯罪被害者になる人を誰がどうやって守ってくれるんだ。

素顔の画像は?出会い系アプリとは何?

再逮捕された深谷の画像がこちらです。

この画像でがマスクを着用しているため、素顔は判然としません。

そこで、深谷の素顔を調べてみたものの、マスクを着用していない写真は公開されていなかったのです。

そのため、素顔は分かっていません。

深谷は詐欺の”常習犯”であるため、出所後も同様の犯罪に手を染めることが容易に予想されます。

次の犯行を未然に防ぐ意味でも、深谷の素顔を公開することは急務と言えます。

ちなみに、深谷が利用していた出会い系アプリですが、こちらについても情報はリークされていませんでした。

ただ、マスコミでは「マッチングアプリ」ではなく「出会い系アプリ」と呼称しているため、PairsやOmiaiなどのアプリではないと思われます。

深谷に関して情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

偽名一覧は?

出会い系アプリを利用する際、深谷は偽名を名乗っていました。

現在までに確認されている偽名は以下の通りです。

深谷迦南の偽名

(1)加藤一希(かずき)

(2)加藤海斗(かいと)

上記の偽名から推測すると、深谷は「加藤〇〇」という偽名を名乗る傾向にあるようです。

さらに、この男が偽っていたのは名前だけではありませんでした。

実はプロフィール写真も別人だったのです。

警察によりますと深谷容疑者は、
別の男性の写真と「海斗」など複数の偽名を使い、
結婚を前提に女性と交際したうえで金を騙し取っていたとみられています。

※「東海テレビ」より引用
(2020年7月9日配信)

「名前」「顔写真」「プロフィール」が全て偽物であるため、アプリ内で深谷を探し出すことは非常に困難でしょう。

スポンサーリンク