【僕サーズ】担当刑事は誰で名前は?京都府警が冤罪で誤認逮捕

時事

こんにちは。坊主です。

2020年6月17日、京都府警の”誤認逮捕”が発覚し、世間から批判の声が上がっています。

一体、どんな冤罪事件が発生したのでしょうか?

「僕サーズ」と聞き間違いで京都府警が冤罪の誤認逮捕

京都府警による誤認逮捕について「産経新聞」は次のように報じています。

今年(2020年)3月、
京都府城陽市のコンビニエンスストアで重症急性呼吸器症候群(SARS)に感染しているように装い営業を妨害したとして、
偽計業務妨害の疑いで逮捕された60代男性が不起訴処分になり、
17日までに産経新聞の取材に応じた。

男性は逮捕時から

「『サーズ』とは言っていない」

と主張。

店内の防犯カメラに記録された音声が冤罪(えんざい)を晴らす証拠となった。

新型コロナウイルスによって社会全体に不安感が増す中、
何げない発言が思わぬ聞き間違いを招いたとみられる。

男性は3月31日午後1時半ごろ、
城陽市内のコンビニでチケットを発券し、
支払いをする際に、
パートの女性従業員に

「僕はサーズですので消毒してください」

などと言い、
店の業務を妨害したとして、
偽計業務妨害の容疑で京都府警に逮捕された。

だが、
男性や男性の弁護士によると、
状況は異なる。

当時、
眼科医院で検査技師として働いていた男性。

「事件」前、
感染力が強い流行性角結膜炎にかかり、
勤務先からは仕事を休むように言われた。

(2020年6月17日配信)

上記の通り、誤認逮捕された男性は「流行性角結膜炎」に罹っていました。

これは感染力が強い病気であるため、男性は女性店員を気遣って「僕、さわるとうつるので」と発言していました。

しかし、これを女性店員が「僕サーズ」と聞き間違えたことで警察に通報。

その後、男性は京都府警に逮捕されることになったというわけです。

誤認逮捕はあってはならないことですが、聞き間違いは誰にでも起こり得ることです。

最も問題なのは、確固たる証拠がないにも拘わらず、この男性を逮捕した京都府警の”在り方”です。

特に取り調べを行った担当刑事は、男性が容疑を否認していながら、その供述の裏を取ることもせず自白を強要していました。

一体、この冤罪事件の”真犯人”とも言える担当刑事は誰なのでしょうか?

世間の反応

明確な証拠である防犯カメラの音声さえ調べず、
圧力掛けて犯罪者に仕立て上げたなら悪質極まりない

時勢が悪かったで済ませて良い問題とは思えないのですが

聞き間違いは誰でもあるのでやむえないかもだが、
問題は警察の対応。

頭から『やった』と決めつけてから捜査に入るから冤罪がうまれる。

しっかりと双方の言い分を聞き、
フラットな状態から捜査に入るべき。

その辺をしっかりやらない警察側にも罰則を設けるべき。

以上、昔に窃盗冤罪でパクられそうになった私でした。

店員に移らないよう親切心でいった言葉が仇になったってこと?

それにしてもコロナ禍の時になんでSARSと聞き間違えるかな。

威力業務妨害のつもりで言うんなら普通コロナでしょ。

店員、店、警察には少なくともこの男性に謝罪して欲しいね。

自白を強要した担当刑事は誰?名前(実名)は?

自白を強要した担当刑事は誰なのでしょうか?

この刑事さえ公平中立を保って捜査に当たっていれば、今回の冤罪(誤認逮捕)は防げたはずです。

そこで、担当刑事について調べてみましたが、この人物の名前実名)は一切公にされていなかったのです。

冤罪被害に遭った男性は誤認逮捕によって失職しており、さらには全国区のニュースで事件の詳細が報じられています。

冤罪の”被害者”である男性のプライバシーだけが侵害され、”加害者”の担当刑事が秘匿されるのは到底納得できるものではありません。

スポンサーリンク