【光本圭佑】ポスターは鬼滅の刃のパクリ?画像あり

政治家

こんにちは。坊主です。

今回は、尼崎市の市議を務める光本圭佑氏を取り上げます。

2021年2月4日、光本市議の政治ポスターが物議を醸してます。

そのポスターは”ある漫画”の作風と酷似しており、パクリや盗作疑惑が指摘されているのです。

一体、それはどんなポスターなのでしょうか?

尼崎市議:光本圭佑のポスターは「鬼滅の刃」のパクリ?

光本市議のポスター問題について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

週刊少年ジャンプ(集英社)は4日、
公式サイトで、一部政治家のポスターに漫画・アニメ「鬼滅の刃」の作品イメージが利用されていることを受けて、

「株式会社集英社および週刊少年ジャンプ編集部は、
これらについて一切の関与をしておりません」

とコメントを発表した。

尼崎市議会議員の光本圭佑氏(41、維新の会)が
同作品を想起させる黒と緑の市松模様や「心を燃やせ!」のフレーズ、
同作品のロゴと似た「日本維新の会」のロゴをポスターに掲載し、
インターネット上などで物議を醸していた。

(2021年2月4日配信)

上記の通り、パクリ疑惑が指摘されていたポスターは「鬼滅の刃」をモチーフにしていたのです。

世間の反応

「カネ、利権」に取り憑かれた鬼たち

鬼殺隊に成仏されますように。

ジャンプにうったえられそうですねー。

公認なわけないだろうし。

著作権…………

此処にカネ利権の鬼たちがいます。

鬼殺隊の皆さん、出動願います。

ポスターの画像あり↓著作権侵害の可能性は?

光本市議の政治ポスターがこちらです。

確かに、「鬼滅の刃」を知る人間であれば、このポスターが意図的に”似せて”作られたと判断するでしょう。

もし著作権者に無断でポスターを制作していたとすれば、著作権侵害に当たる可能性があります。

この点について光本市議は「集英社に確認を取った」と主張しています。

「集英社様の知的財産課の方とも『市松模様』・『心を燃やせのせりふ』・『政党ロゴのデザイン』について、
権利を侵害しないかの確認を取った上で作製しましたが、
最終的に今回のポスターを作ろうと決めたのは私自身であり、
個人のポスターであることから、
このポスターの責任は私にあります」

と続けた。

※冒頭の「スポニチアネックス」より引用

権利者の許可が取れているのであれば、「鬼滅の刃」風のポスターを作成したとしても著作権侵害(パクリ)には当たりません。

ところが、集英社は本件について「一切関知していない」と発表しているのです。

双方の見解が真っ向から対立していますが、もし光本市議が集英社に許可を受けていなければ、ポスターを撤去するだけでは済まされない問題です。

スポンサーリンク