【写真+画像】木下富美子(ふみこ)が橋本祐幸の為書きポスターを利用

政治家

こんにちは。坊主です。

今回は、政治家の木下 富美子(ふみこ)都議を取り上げます。

2021年7月24日の都議選において再当選を果たした木下都議ですが、選挙期間中に無免許運転および事故をしていたことが発覚し、「都民ファーストの会」から除名処分を受けました。

しかし、ここに来て”新たな疑惑”が発覚したのです。

それが、故人の政治利用でした。

実は、木下都議は”ある人物”との関係を誇示し、自身の選挙活動に利用していたのです。

一体、”ある人物”とは誰なのでしょうか?

また、彼女は何をしたのでしょうか?

木下 富美子(ふみこ)が橋本祐幸を政治利用

木下都議の新たな疑惑について「東スポWeb」は次のように報じています。

都議選で、
既に他界した地元実力者の為書きを事務所内で掲示し、
SNSで誇示していたのだ。

「木下さん本人が私の父の為書きは『天国から』と言っている。
いくらなんでもフザケすぎでしょうよ」

そうツイッターに投稿したのは、
都議選で木下氏と同じ板橋区選挙区から立候補していた元豊島区議の橋本久美(51)氏だ。

為書きとは選挙で、
有力者の必勝祈願を記したポスターで、
主に事務所内に張られる。

木下氏が先月、事務所開きをした際、
小池百合子都知事(68)の為書きとともにあったのが橋本祐幸元板橋区議の為書きだ。

橋本氏は12期48年務めた地元の名士だが、
昨年(2020年)死去している。

為書きを寄せることは、あり得ないワケだが、

「ずっと見ていましたよ。
さあ私の分まで、まだまだ、頑張って!」

との文面が添えられ、
木下氏の必勝を祈願しているのだ。

(2021年7月7日配信)

上記の通り、木下都議は故・橋本祐幸氏を”為書き”に利用していたのです。

この事実を知った橋本氏の娘・久美氏が、自身のTwitterで木下都議の無礼を告発するに至ったというわけです。

実は、橋本氏の為書きを作成するあたって、木下都議は娘の久美氏に許可を得ていませんでした。

つまり、橋本氏の為書きは無許可で作成されていたのです。

免停期間中に無免許運転を繰り返していたことに加え、今回の為書き問題が発覚したことで、ネット上では「厚顔無恥」や「面の皮が厚い」という批判が続出しています。

世間の反応

コイツも叩けば、色々出てきそうだな。

どんどん調べてやってください。

悪いことでのし上がった奴は、
どこかで粛清される厳しさを知らしめなければならない。

超面の皮が厚い方なのですね?

無免許で運転して、
事故を起こし選挙終了まで隠し通す…

でっ、
除名され会派を立ち上げ議員を辞めない。

雲隠れしているがネットは更新する

多分、
体調不良で入院するんじゃないですか?

でっ、都民に尽力を尽くし、
汚名返上しますって文章でコメントで終わり…

議員ってそんなに偉いの?

逮捕もされず。

小池さん国民の声聞こえてますか?

私文書偽造ですね。

当選する目的で偽造し
衆人に公開するとは明白な悪意が感じられる。

無免許運転で事故だけでなく、
無免許で原付バイク運転の目撃もある。

法律を遵守する精神はなく、全てが自分中心。

正に自分ファースト。

是非、都民の良心を示すためリコール運動を起こして欲しい。

イタコ芸?為書きのポスター写真(画像)あり

故人からの為書きを事務所内に掲示していた木下都議ですが、この問題を告発されたことで橋本氏のポスター写真をFacebookから削除しています。

しかし、橋本氏のポスターは第三者によって転載(拡散)されていたのです。

問題となっている為書きのポスターがこちらです。

橋本氏の娘・久美氏には無断で作成された為書きであることから、これを作成したのは木下陣営の人間でしょう。

故人から為書きを送られた木下都議について、ネット上では「イタコ芸」と揶揄する声も上がっています。

スポンサーリンク