【初代+2代目】免許証:日本花子のモデルは誰?正体は何者?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年3月30日、「くるまのニュース」が「日本花子」さんを取り上げ世間の注目を集めています。

日本花子さんとは、免許証(見本)のモデルを務めている女性です。

現在までにモデルは2人(初代・2代目)おり、それぞれが別人です。

一体、免許証のモデルを務めている日本花子さんとは何者なのでしょうか?

免許証のモデル:日本花子とは何者?

免許証モデルの日本花子さんについて「くるまのニュース」は次のように報じています。

初代日本花子さんは、
昭和60年6月1日生まれで当時の全資格となる14種類を保持していました。

2代目日本花子さんは、
昭和61年5月1日に変更。

2021年3月時点で35歳ということが分かります。

住所は、初代、2代目ともに東京都千代田区霞ヶ関2-1-2になっていますが、
この住所に住居はなく、警察庁の所在地です。

なお、
2代目日本花子さんの交付日は令和1年5月7日となっており、
免許証の種類はゴールドと、
5年間無事故・無違反ということが分かります。

(2021年3月30日配信)

世間の反応

おそらく免許証業務の部署内か、
同じフロアに勤務するきれいな女性に白羽の矢が立ったんじゃないかと思うんですが、
本気で本人特定しようとするヤバい人が出ないといいですね。

是非とも次の更新の時にゃ両津勘吉をモデルにして、
全部の免許取得済みの見本を作成して欲しいです。

お姉さんは、女優かモデルなのでしょう。

取得免許の多いのは、
自衛隊に入隊して車両系の免許を一揃えして退役したら、
観光バスの運転手でもやれば揃えやすい。

老人福祉施設の送迎の運転手が元々自衛隊でね。

予備隊には残っていると言っていた。

日本花子(初代+2代目)は正体は誰?

2人の日本花子さんがこちらです。

■初代

■2代目

この2人の正体については様々な憶測が飛び交っており、一部では「警察が実在するOLにオファーをかけた」とも言われています。

また、別の説では、「日本花子=警察の人間」や「日本花子=モデル」という可能性も指摘されていました。

しかし、いずれも憶測の域を出ない話となっており、日本花子さんの正体は不明なのです。

ただ、後者の「日本花子=モデル」説であれば、既に身元が特定されていると思われます。

そのため、日本花子さんは”本当のモデル”ではない可能性が高いと言えます。

ちなみに、2代目については「モンタージュ」(合成)という可能性も浮上していました。

…今の御時世
【モンタージュ】という考えが出てきませんかね…

個人情報云々が厳しい時代ですし?

※「Yahoo!コメント」より引用

【6月13日追記】2代目のモデルは平井佳織アナ

2代目の日本花子さんのモデルとなった人物は、フリーアナウンサーの平井佳織さんであることが分かりました。

https://twitter.com/kaori_hirai/status/1404005362164854784

スタッフの取材に応じたのはフリーアナウンサー・平井佳織さん(34)で、
モデルになったのは自身と説明。

※「スポニチアネックス」より引用
(2021年6月13日配信)

ただ、彼女が2代目に起用された理由は説明されておらず、平井アナ本人も「分からない」と語っていました。

平井アナについては以下の記事をご覧ください。

初代はフルビット免許だった

”初代”の日本花子さんは「フルビット免許」の保有者として話題になりました。

フルビット免許とは、「全ての車両を運転できる免許」という意味です。

初代の免許をもう一度確認すると、「種類欄」が全て埋まっていることが分かります。

このフルビット免許は、戦車すらも運転することが出来る最強の免許証なのです。

ちなみに、2代目はフルビット免許ではなくなっています。

恐らく、道路交通法が改正されたことが影響していると思われます。

スポンサーリンク