【医療事故?】岡山市立市民病院の医師は誰?名前は?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年12月29日、「岡山市立市民病院」に勤務する医師が、患者の遺族から刑事告訴されていたことが報じられました。

一体、刑事告訴された医師は誰なのでしょうか?

また、この医師は何をしたのでしょうか?

岡山市立市民病院の医師が医療事故で刑事告訴される

刑事告訴された医師について「山陽新聞DIGITAL」は次のように報じています。

岡山市立市民病院(同市北区北長瀬表町)で
食道がんの手術を受けた倉敷市の60代男性が術後に死亡したのは、
執刀した医師が術式を誤ったためとして、
遺族がこの医師を業務上過失致死容疑で岡山西署に刑事告訴し、
同署が28日に受理した。

告訴状などによると、
2017年3月、
男性のがんを切除した上で胃管を用いて食道を再建する胸腔鏡(きょうくうきょう)手術を行った。

2日後、
合併症のため出血性ショックに陥っていた男性に緊急手術を実施した際、
救命を最優先して可能な限り短時間での止血処置などを施す義務があったのに、
別の臓器を用いた食道再建手術を9時間以上にわたって実施。

容体の悪化を招き、
多臓器不全で死亡させた疑いがあるとしている。

遺族側は術後、
岡山地裁に証拠保全を申し立て、
カルテなどの関係資料を入手。

それらを複数の専門医に照会して見解を求め、

「緊急手術の際、
食道再建手術を選択しなければ手術時間が短縮され、
命を落とさなかった可能性は高い」

などとする意見書を告訴状とともに提出した。

(2020年12月29日配信)

上記の通り、この手術に執刀した医師は最優先で止血処置を施す義務を怠り、優先度の低い手術を行っていたのです。

その後、患者は多臓器不全で死亡。

岡山市立市民病院は民事でも裁判を起こされていますが、医療事故の事実を真っ向から否定しています。

しかし、患者の遺族が第三者の医師に見解を求めたところ、「医療事故」の可能性を指摘しています。

手術を執刀した医師に対する刑事告訴は既に”受理”されているため、この医師への処罰については検察が判断することになります。

一体、この医師は誰なのでしょうか?

世間の反応

医療分野は本当に複雑で素人が口を挟める問題じゃない。

裁判ではぜひ真実を明らかにして欲しい。

医療事故を主張する被告と、
それを否定する被告。

現在の時点ではどっちが真実なのか分からないけど、
医療ミスが事実であれば、
病院の管理体制も問われるよな。

医療ミスの医師は誰?名前は?

医療ミスが指摘されている担当医師は現在でも岡山市立市民病院に勤務し続けており、同じ診療科に在籍しています。

この医師については素性(性別・年齢・所属)は一切公表されていません。

しかし、医療ミスが指摘されている3件の患者は、全て「消化器系がん」を患っていました。

山陽新聞社が入手した関連資料などによると、
3件の患者はいずれも消化器系がんの男性。

※「https://www.sanyonews.jp/article/988012」より引用

この事実から、問題の医師は「消化器系」を専門としていると思われます。

そこで、岡山市立市民病院の「消化器系」に該当する診療科を調べたところ、「消化器内科」の存在が判明しました。

消火器内科は「肝疾患センター」および「消化器疾患センター」から構成されています。

医療過誤が指摘されている患者は「食道がん」や「大腸がん」を患っていたため、問題の医師は「消化器疾患センター」に所属していると思われます。

ただ、消化器内科には複数の医師が在籍しているため、現在の情報だけでは問題の医師を特定することが出来ません。

消化器内科の医師

https://okayama-gmc.or.jp/shimin/department/digestive

スポンサーリンク