【厚労省】待機違反者は誰?名前(氏名)を特定

時事

こんにちは。坊主です。

2021年8月2日、厚労省が待機違反者3人の氏名公表に踏み切り世間の注目を集めています。

一体、この違反者3人は誰なのでしょうか?

厚労省が待機違反者3人の氏名を公表

厚労省が氏名を公表した待機違反者について「読売新聞」は次のように報じています。

発表によると、
3人はいずれも先月21日に韓国や米国から入国し、
空港検疫では陰性だった。

3人は熊本、埼玉、東京の3都県を待機場所として申請している。

待機期間中はスマートフォンのアプリで健康状態や位置情報の確認、
ビデオ通話での連絡に応じるという誓約書の提出を求めている。

この誓約書に違反すれば、
氏名公表に踏み切ることや、
外国人であれば強制送還される場合もあるとしてきた。

(2021年8月2日配信)

上記の通り、名前を公表された違反者は「熊本」「埼玉」「東京」を待機場所としていました。

一体、この違反者3人は誰なのでしょうか?

世間の反応

最初から最低でもこれくらいやってほしかったね、

今さら3人にこんな措置とっても焼け石に水みたいやね、

人それぞれ、入国理由は有ると思うが、
このルールを守っていない人は、多いのではないかと思う。

しかし、
その数より圧倒的に多い人が、
このルールを守っているはずです。

きちんとルールを守っている人のために、
厳しく対応してもらってよいと思います。

この3人は、氷山の一角でしょうから、
もっとたくさんの違反者を公表してください。

一方で、
この確認に応じないというのは、
トイレ、入浴中で出られなかった人も、
連絡が付かないとなっているようです。

この辺りの改善も併せてお願いしたいと思います。

プライバシーがどうのこうの言う人が出てくると思うけど、違反は違反!!

プライバシーなど関係ないでしょう。

ルールを破った者にはそれ相応の罰を以て然るべし!!

公表されたくなければ、
ルールを守ればいいだけのこと。

こんな簡単なことがなぜ出来ない?

理解に苦しむ。

もっと早くに、こういう対処をすべきだったね。

違反者3人は誰?名前は?

厚労省が名前を公表した待機違反者とは誰なのでしょうか?

そこで、この3人について調べたところ、以下の名前が確認されたのです。

待機違反者の名前

〈1〉KOBAYASHI YUMA
コバヤシ ユウマ男性:20代:熊本)

〈2〉YAMAUCHI HARUTO
ヤマウチ ハルト男性:20代:埼玉)

〈3〉ODAGAWA SARI
オダガワ サリ女性:30代:東京)

名前は漢字表記ではありませんが、居住地から個人のSNSを特定することは可能かもしれません。

【追記】ODAGAWA SARIはバイナリー投資家の小田川さり?

待機違反者として氏名を公表された3人ですが、この内、ODAGAWA SARIと疑われている人物が浮上しました。

その人物というのが、YouTuberおよびバイナリー投資家として活動している「小田川さり」さんです。

ODAGAWA SARIは7月21日にハワイから帰国していますが、小田川さんも7月20日の時点でハワイに居たことが確認されているのです。

小田川さんについては以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク