【参加者は誰】バッハ歓迎パーティー出席の名前一覧は?

政治家

こんにちは。坊主です。

2021年7月18日、バッハ会長を歓迎するパーティーが赤坂迎賓館で開催されます。

この歓迎パーティーには約40人の政治家が参加するため、日本国内では反発の声が続出しています。

一体、”バッハ歓迎パーティー”の参加者は誰なのでしょうか?

バッハ歓迎パーティーに40人の政治家が参加

バッハ歓迎パーティーの開催について「東スポWeb」は次のように報じています。

東京五輪のため来日している国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)の歓迎会が18日に開催されることが決まった。

緊急事態宣言下の東京で大人数が参加するパーティーが大々的に開催されることになり、
いよいよ国民の怒りは限界を超えようとしている。

「何なの。何が安心安全だ。上級国民は何でもしてよいのか」

「参加者みな頭おかしいぞ。3人以下でやれ。
マスク着けて飲み食いしろ。
屋外またはウェブでやれ」

と激怒の声や、
一般国民と同様のルールでの開催を求める声が上がった。

(2021年7月17日配信)

バッハ会長は緊急事態宣言下にも拘わらず広島訪問を強行しており、被爆者からも批判の声が上がっていました。

そんな中で今回の歓迎パーティーの開催が発覚したことで、更なる批判が向けられているのです。

一体、パーティーの参加者は誰なのでしょうか?

世間の反応

緊急事態宣言下にオリンピック強行開催そのものが国による史上最大の自粛破りだが、
その上さらに矛盾の上塗りをするとは。

誰かおかしいとかリモートでしようとか言わなかったのか。

今後もオリンピックに国民の理解が得られることはないだろう。

このパーティーに出席した「政治家」は全員キチンと記録しておいて「次の選挙で確実に落選」させれば良いのでは。

「人命よりも利権を優先」する人間と自他共に認めている行為にほかなりませんからね。

(自分は特権階級だから特別、と思っているのも認める行為ですね)

飲食を伴う伴わないに問わず、
国民感情を考えれば今大勢が集まる催しは控えなければいけないと、
おそらく小学生でも分かること。

それを率先して国や都のトップが集まるとは、本当に情けないし、
国民はどれだけなめられてるのだろうか。

これが日本の現状ですね。

参加者は誰?名前一覧は?

現在のところ、バッハ歓迎パーティーに参加する人物として名前が明らかになっているのは以下の4人です。

パーティーの参加者

〈1〉菅 義偉

〈2〉小池 百合子

〈3〉橋本聖子

〈4〉森 喜朗

ただ、上記以外の名前は報道されていないのです。

また、参加者の名簿は公表されていないため、残りの約36人は不明となっています。

ちなみに、東スポWebは今回の会合を”パーティー”と表現していますが、酒などは提供されず飲食は伴いません。

だからといって、今回の歓迎パーティー開催に国民が納得するとは思えません。

スポンサーリンク