【名簿一覧】ワクチン接種中止の医師は誰?嘆願書を提出

時事

こんにちは。坊主です。

2021年6月24日、新型コロナウイルスのワクチン接種中止を求める嘆願書が提出され世間の注目を集めています。

この嘆願書には国内の医師390人が含まれており、ワクチンの危険性を訴えた内容となっています。

一体、ワクチン接種の中止を訴えた医師は誰なのでしょうか?

医師を含む450人がワクチン接種中止を求める嘆願書を提出

ワクチン接種の中止を求める嘆願書について「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

新型コロナウイルスワクチンの安全性に懸念を訴える全国の医師ら計450人が24日、
連名で接種中止を求める嘆願書を厚生労働省に提出した。

嘆願書に同意したのは国内の医師390人と地方議員60人で、
発起人の高橋徳・米ウィスコンシン医科大名誉教授(クリニック徳院長)は同日午後に国会内で会見。

「死亡率が非常に低く、
感染者の80%が軽症にもかかわらず、
安全性もまだ分かっていない遺伝子ワクチンを国民全員に接種させる必要があるのか疑問だ」

と説明。

出席した他の医師からも

「治験が終わっていない」

「接種後に少なくとも356人の方が亡くなっている」

などの発言が相次いだ。

※「https://www.sanspo.com/article/20210624-IOQJULJCVRMBXMZXIDJG6SDUHA/」より引用

上記の通り、ワクチン接種の中止を求める最大の理由は「ワクチンの安全性」でした。

確かに、新型コロナウイルスのワクチンはmRNAワクチンという新しい技術が採用されており、十分な治験が行われているとは言い難いのが現状です。

また、マスコミがワクチンの副反応を大々的に取り上げていることも国民のワクチン不安を加速されている要因と言えます。

一体、ワクチン接種に反対している医師390人とは誰なのでしょうか?

世間の反応

専門家も意見が分かれるワクチンであることだけは事実です。

国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出も、
これを報道しないワイドショー等。

国民全員に接種を求める同調圧力を強める番組が目立ちます。

450人がワクチン接種中止を嘆願ねぇ・・・

医師全体からすれば

450/330000=0.13%

ってことじゃん

医師は誰?嘆願書名簿の一覧は?

ワクチン接種の中止を求める嘆願書には450人が署名しています。

この内の390人が医師というわけですが、一体、これらの医師は誰なのでしょうか?

そこで、嘆願書の名簿一覧を調べてみたところ、このリストは公表されていないことが分かったのです。

そのため、嘆願書に署名した450人全員は分からないのが現状です。

ただ、今回のワクチン接種中止に賛同した医師の中には、その事実を自身のHPで公表しているケースもありました。

その1人が「かねしろクリニック」の院長を務める金城信雄医師です。

参照先

https://www.kaneshiro-honest-clinic.com/2021/06/21/624は『新型コロナワクチン接種中止』の嘆願書提/

また、同クリニックのHPより、「ナカムラクリニック」の院長を務める中村篤史医師も本件に賛同していることが確認されました。

参照先

https://www.kaneshiro-honest-clinic.com/2021/06/23/明日の『新型コロナワクチン接種中止』嘆願書の/

スポンサーリンク